Go west2008 うさぎ島への道

こちらもそろそろ二年越しになりかねない2008年の夏休み旅行記・鉄のくじらとうさぎに出会う旅、いよいよ最終日にして旅行のハイライト・うさぎの島へ向かいます。
天気は晴れ。渡船の始発に間に合うよう朝七時にホテルを出発することに。
d0090874_0445680.jpg

新幹線も止まる三島駅。高架の大きな駅ですが乗るのは前の日も乗った(とはいえ夜だったため真っ暗だったし居眠りしてたのでほとんど様子は覚えておらず;)ローカル線・呉線です。
d0090874_0475328.jpg

クリーム色の地色にトリコロールカラーが味のある電車で出発です。
d0090874_050610.jpg

向かいのホームには一昨日来た道を行く電車が。
d0090874_0513338.jpg

たった2日前のことなのに妙に播州赤穂の文字が懐かしく感じます。

駅はちょうど通学時間と合致していたのか、学生さんが多かったでした。
d0090874_162343.jpg
d0090874_0593687.jpg

尾道でも思ったのですが広島、セーラー服率が高いですね。
中にはこんな変わったデザインの学校も。
d0090874_185284.jpg

かわいいのはいいけど、冠婚葬祭時はどうするんだろう、との発想に結びつく時点でもはや自分は大人の階段登りきってしまったのだなあと実感するYuuなのでした。
d0090874_1135412.jpg

大久野島への渡船最寄の忠海駅までは呉線で15分ほど。延々海の景色が続き、途中の駅も浜に直結する小さな駅ばかりなのですが。
そういえば乗り合わせたセーラー服の一人がえらくその風景に感動しまくって写メをとりまくっていました。一緒の集団はその子を暖かく見守っている感じ。
同じ制服が他にも多く乗り込んでいたので地元の高校のはずなのですがその感動のしっぷりにもしかして彼女は最近この辺りに転校してきたのではないだろうかとか、高校の転校は編入試験があったりして結構大変なはずだしきっと紆余曲折を経て彼女は広島の浜辺の町にやってきたのにちがいないとか、一緒にいるのは彼女のなかよしグループでそんな彼女をやさしく見守っているのだとかさわやか青春ストーリーをいろいろ妄想しているうちに忠海駅に到着。
d0090874_1155212.jpg

渡船の桟橋は駅の裏手にあります。なかなか立派な桟橋です。
d0090874_1165680.jpg

乗り込んだのはその日始発の便でした。
d0090874_1195127.jpg

d0090874_1223462.jpg

ちなみにインターネットでは三原からの便もあるとの情報も流れていた大久野島の渡船ですが実際は現在運行しているのはここ忠海のみのようです。しかもこれまたネット情報より減便されていてショックでした。廃止になる前にもう一度行っておきたいものです。

そして島に到着。島にある国民休暇村の無料送迎バスに乗って島の中心部である国民休暇村前まで行きます。
国民休暇村は島唯一の観光拠点のため、宿泊しない人でも送迎バスに乗せてもらえたり荷物を預かってもらえたり出来ます。またフロントにはうさぎの餌が売られていたり、うさぎにかまれたくない人用のミトンを貸し出ししたりしています。
うさぎの餌を2袋ゲットしていざ、島のうさぎにご対面。
早速第1うさぎを発見です!
d0090874_1241147.jpg

多分次回はうさぎまみれです。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-04 00:56 | go west 2008
<< Go west 2008 うさ... 魁!○T娘(オトコ)塾 はあ~... >>