寺社を愛でる会 神戸市兵庫区のマイナー寺社

和田岬のある兵庫区はいかつい神戸の湾岸地域のイメージがありますが意外とマイナーでディープな寺社の宝庫だったりします。そのうちの何箇所かを回ってみました。
d0090874_23401374.jpg

まずは和田岬駅前にある神社、和田宮(和田神社)。海の近くということでメインで祀られているのは弁天様。技芸と水商売の神様のためか奉納品はお酒が多いです。
d0090874_2341856.jpg

弁天様のお使いといえば白蛇ですが、白蛇がすんでいたとされる松の木の下には蛇の人形がたくさん置いてありました。
d0090874_23415410.jpg

同じく白蛇人形に願い事を書いて奉納する場所もあり。
d0090874_23425514.jpg

人々の願いが溜まってそうなちょっとおっかない雰囲気ですね、、、
d0090874_23434544.jpg

この和田宮のほか、兵庫区には七弁天めぐりなる寺社参拝ルートがあり、指定の各寺社で奉納すると七種類の弁天さん人形がもらえるというものもあります。なかなかかわいらしいセットだったので次の初詣のネタにでも使おうかなとか思ったりしてます。

次に訪れたのは国道2号線沿いにある松尾稲荷。
d0090874_2344499.jpg

元々お稲荷系の神社は普通の神社と違って一種特殊な怪しい雰囲気があるのですが、さらに実はここ、なんと通天閣と同じビリケンさんが祀られていたりして怪しさ大爆発;
あまりの神々しさに(?)撮影はパスさせていただきましたが。それにしても何故にビリケンさん!?
中に入ると提灯がこれまた怪しい雰囲気を醸し出しています。
d0090874_23461819.jpg

d0090874_23581217.jpg
この神社、規模的には小さいですが地元では一種のランドマーク的存在のようでなんと横には稲荷の名前を冠した商店街まであったりします。
d0090874_2347619.jpg

もっとも、他の各地の商店街と同様、不況の波に飲まれ、アーケード内は薄暗く、稼動している店舗は数軒という状態。
d0090874_23492374.jpg
d0090874_2350348.jpg
d0090874_23481578.jpg

国内だからこそ体験できるディープスポットという感じです。これが海外だったら近寄れません。怖くて。

国道2号線とJR線の間は寺町的な町だったようでお寺が密集しています。震災で被害をこうむったところも多かったようでお寺の割に現代的な様式のところが多いです。
d0090874_23513335.jpg

そんな中に兵庫区でもっとも有名な仏像があります。
d0090874_23505431.jpg

神戸大仏です。
日本三大大仏の一つだそうだが本当なのか!?と元兵庫県民のYuuでさえも疑うマイナーっぷりです。ちなみに元の大仏は戦災で失われており、現在のものは平成に入ってから再建されたものとのこと。
確かにでかいけど、、、このくらいの規模なら、他のところにもたくさんあるような気がするのですが、、、
京都の霊山観音の方が、まだ大きい気がするのですが、、、
まあとやかくは言いますまい、一応元兵庫県民だし。

でも、実はYuu的にはその横にひっそり立っていた石の仏像の方が好みでした。
d0090874_23523977.jpg

こののほほん顔がたまりません。子供のころ呼んだ孫悟空の絵本の中に出てくる三蔵法師みたいだ(夏目雅子ファンの方申し訳ありません。なにぶん子供の本だったので主人公をキャラ立ちさせるため、かっこいいのは主人公の孫悟空だけという絵本だったのでした)。

この兵庫区という所、古くは平清盛が栄華を極めた福原御所が置かれ、近世から近代においては柳原、新開地といった歓楽街で栄えたためか、このような一風変わった寺社の街になったようです。
d0090874_23533796.jpg

地味に清盛君人形でアピールしているあたり、地元の人たちも名所として盛り上げようとしているようです。
何気なく通り過ぎるとただの寂れた街なのですが、心のアンテナを立てると何かヒットするかもしれない。そんな街だと思います。
[PR]
by weekend_u | 2009-02-27 23:54 | 寺社を愛でる会
<< 猫P倶楽部 和田岬の猫 photo diary 2月1... >>