カテゴリ:大阪lover( 3 )

大阪lover 11年ぶり(タイガース優勝にあらず)

最近雪の多い近畿地方です。
今日も京都は雪になってますが先週土曜日の雪では大阪では十一年ぶりの積雪を記録したとのことでした。
リアルに体験してきましたのでそのときの写真を載せたいと思います(注:但し大阪は大阪でも東大阪市ですが;)。

降り始めたのは夜が明けてからだったのに、午前中であっという間に真っ白になりました。
d0090874_11956.jpg

ホワイトバランスを白熱灯モード(これを使うと全体が青みがかります)に変えて寒そうなイメージを出してみました。
ちなみにノーマルなホワイトバランスではこうなります。
d0090874_11946100.jpg

この画像は屋根の形を強調したいので色身はノーマルに抑えました。こうしてみると日本の家屋って案外三角屋根が多いな、と思います。Yuuは子供時代、実家が平屋根だったので三角屋根の家がひそかに憧れでした。
d0090874_120207.jpg

雪の第2寝屋川。地元の人曰く「普段はただのドブ川」なのだそうですが雪の日は何とはなしにロマンチックですね。今度はホワイトバランスを暖色系蛍光灯モードにしています。これも全体が青みがかりますが白熱灯モードに比べて弱め。ちなみにホワイトバランスの蛍光灯モードというのは大抵何種類か搭載されているようですがYuuのコンパクトデジカメは3種類あり、このほかにピンクがかるものと緑っぽくなるもののがありました。ピンクがかるものは夕焼け撮影に重宝してます。

これは偶然の産物。フラッシュをたくと窓に付いた雪や水滴が反射して写りましたv
d0090874_1213170.jpg

光がひし形をしていますが、これはカメラの絞りの形が反映されるようです。大抵のカメラは絞りは絞り羽根が円形を形作ろうとして出来た多角形なのですが、コンパクト化を図るために薄型のコンパクトデジカメや昔のレンジファインダー機、ポラロイドなんかは絞りばねの枚数を減らしているため、変わった形で写ります。

何故西友なのかというツッコミは却下です。

ちなみに、今回のびっくりショット。
d0090874_122712.jpg

この寒い中猫の足跡があるな~と思って撮影した後で足跡の主が写ってたのに気付きました。撮影時全く気付いてなかったものでびっくりしました;
心霊写真を撮ってしまったときの気持ちってこんな感じなんですかね;
それにしてもこんな日に屋根の上を歩き回っているなんて、根性がある猫です。
[PR]
by weekend_u | 2008-02-13 01:23 | 大阪lover

大阪LOVER リゾート地YODOGAWA

夏本番、どこにもいけなかった方々にプレゼンツ。
これを見て、バーチャルにリゾート気分をお楽しみください。
d0090874_2244917.jpg

淀川ですが(爆)
そこまでしたいか、水上スキー!?

そしてそんなこんなしているうちにこのブログも一周年を迎えてました;特別な記事も出さずしかもすでに過去形なところがアレですが、とにかくおめでとう!そしてありがとう!!
こんなブログですが、いつもご訪問いただいてうれしいです。
今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by weekend_u | 2007-09-12 23:07 | 大阪lover

大阪lover  スカイビル四景  冬・春編

京都のディープな日常を撮るマニアックスKYOTO,奈良のふしぎな風景に迫る奈良ふしぎ発見に続いて有名だけどわざわざ見に行かないだろう大阪の光景を切り取っていく新シリーズです。タイトルはドリカムの歌から。しかしドリカム、関西弁下手だよう(T△T;)まあ、帯広人だからしょうがないんですけどね。と帯広居住歴あり関西人からの意見でした。

第一弾は、そう、以前にも撮らせていただきました大阪を代表するビル建築、梅田スカイビルです。最近ビルの上にビジネスマンが座っている合成をした、ビルの構造を知ってる人なら「尻、はまってるよ!(屋上は吹き抜けで円形に穴が開いているので模型を作って座った場合はまること必至;)」と突っ込みたくなる広告写真が出ている、あのビルですね(ちなみに関東版では東京タワーにすわっているそうな。突っ込むとしたら「尻、刺さってるよ!」でしょうか。それより関西版は何故スカイビルなんでしょうか。通天閣じゃ東京タワーには勝てないから?りんくうタウンやコスモタワーは高さは歩けど第3セクターで崩壊寸前だから??大阪城は古すぎるから!?ああ、ツッコミどころ満載、、、)。

そ、それはともかく、以前載せた梅田スカイビルの写り込みを遠景で撮ったアレをさわやかな夏として今回は冬→春編。
d0090874_1502743.jpg

まずは冬のスカイビル。曇り空の日にビルの真上の雲が割れて光がさしたときを狙って撮影。どんよりした冬空と冬の終わりの予感を表現。そのままでは光はきれいだがビルがつぶれるため、明るさを上げ、コントラストを下げている。光を強調して天使の梯子(雲の割れ目からさした光がスポットライトの様に差し込む現象)を主役とするならノーレタッチでよいかもしれない。
d0090874_1513192.jpg

そして春のスカイビル。春の象徴として菜の花をメインに入れスカイビルはかすんでいるようにぼかす。レタッチでは明るさを上げ、またイエロー味を加えることでまったりとした懐かしさを漂わせてみる。

今月のカメラ日和に触発されてレタッチプリントを勉強中です。カメラ日和はいささかアナログに傾倒しがちでデジタル使いには肩身の狭い雑誌ですが今回はそれなりに盗める情報も入っていますよ。
ただYuu使用のレタッチソフトがマイナーなソフトなので機能を探し出すのは一苦労ですがお金かけてないんでしょうがありません;文句があるならベルサイユへいらっしゃいフォトショップを買いなさい、って感じですよね。世の中。

最後に。
冬だ春だといって別の日にとっているように言ってますが実は同じ日に同じ場所(十三・淀川)で撮っています。前の夏バージョンも確か真冬に撮ったもの;うそついてすみません。しかし写真って光の具合や写しこむ周りの状況を利用することでどうにでもなるもんなんですね。同じ日なのに違う日に見えたり、同じ場所なのに違う場所に見えたりといった最近はそんな「ウソ写真」にはまってたりもして。

次に秋を撮ればコンプリートだ!
やはり夕景ですかね。
[PR]
by weekend_u | 2007-03-30 23:47 | 大阪lover