カテゴリ:photo diary( 102 )

photo diary 2011年4月30日 変わる景色、変わらない景色

映画・阪急電車の舞台、阪急今津線をさらりと周り、まだ日が高いなあ、と言うことで御前浜まで足を延ばすことにしました。
御前浜はいつもこれくらいの時期に訪れるスポット。近いのは阪神線の香枦園駅か阪急神戸線の夙川駅からですが今津駅から酒蔵通りを歩いて行くこともできます。
d0090874_22455818.jpg


夙川の河口には去年と変わらず大量のこいのぼりが泳いでいました。
d0090874_22464530.jpg


公園と防潮堤。平安な場所たる公園が守るべくして作られた壁の外にある違和感。今年は津波の影響でこんな光景が妙に心に引っかかります。

こちらは変わらずSFチックな芦屋浜の団地群。造られたときから近未来的なイメージでデザインされたようですがそれから4半世紀以上たった今でも十分近未来的です。
d0090874_2247282.jpg


手前の砂洲は浜を訪れた人が行ったり来たり。
d0090874_22484245.jpg


タイタニック父ちゃん。定番の反応ですな。まあしかし先端に行くと大抵の人がやってしまうのでは;

しかしこんな砂洲、以前はあったっけ!?
夙川の河口から細長く沖へ伸びているので、上流から流れてきた土砂がたまってきているのかもしれません。
浜も少しずつ変わってきているようです。

変わったといえば、この浜でもう一つ大きな変化が。
去年の記事でも紹介した、なんか元気がなくなったなあ、、、と心配していた巨大アロエ。
なんと、こんなことになっていました。
d0090874_22502986.jpg


ちなみに、二年前はこんな姿でした(ローライミニデジで撮った写真なのでフォーマットが真四角&なんか色かぶりしてます)。
d0090874_10224431.jpg



巷の情報によると、去年の7月頃に花が咲いたのだとか。
ちなみに、今までずっと巨大なアロエだと思っていたのですが実はテキーラの材料で有名なリュウゼツランと言う植物なのだそうです。100年にいっぺんしか花をつけず、花を咲かせた後は子株を残して枯れてしまうのだとか。

道理で去年元気がなかったんだ。
世代交代の時期だったんですね。

このアロエ、もといリュウゼツランはYuuの写真人生そのものといってもいい存在でした。
写真を本格的に始め、写真教室に通い始めた1年目、雑誌に載っていた御前浜の写真に写ったこのアロエ(だからリュウゼツランだって;)を見たくてわざわざ友人たちと見に行ってからはほぼ毎年一回はこの浜を訪れていました。
アロエ(だからリュウゼツランだってば)が枯れてしまって、なんか一区切りついてしまった気がします。
だからと言って写真辞めたいというわけでもないんですが。
なんとなく、世界が変わっていくんだから、自分も変わっていかねば、と思った次第。

変わる世界と変わらない世界を同時に見て、なんか不思議な気分になった一日だったのでした。

いやしかし、花が咲く前にそれをなんとなく見抜いたなんて結構すごいじゃん私!?伊達に学生時代植物学専攻してたわけではなかったようです(しかし人生においてはあまり役に立ってませんが)。
子株がしっかり残っているので100年後にはまた花が咲くかもしれません。見れないですけどね(苦笑)。
[PR]
by weekend_u | 2011-06-09 22:52 | photo diary

photo diary 2011年4月30日 今津線は思い出線

今年のゴールデンウィークの帰省ついでに散歩撮影に行ってきたのは話題の小説&映画・阪急電車の舞台、阪急今津線。
この今津線、Yuuの中高6年間の通学路線でもありました。
ただし、関学や宝塚ホテルのような有名スポットにはとんと縁のない人生を送ってきましたが、、、
d0090874_22123593.jpg


というわけで、この辺りはスルーっと通り過ぎて訪れたのは小林~逆瀬川間。
d0090874_22112744.jpg


しかもこの小林は映画最大のキースポットです。
翔子さんが討ち入りドレスを捨てたこの駅は中学時代の寄り道スポットでもありました。
学校帰りの寄り道が禁止だったのでどきどきしながら途中下車し、今はない駅前の本屋さんで「弟に頼まれて!!」とか言い訳しながら少年漫画を買ったり、映画にも出てきたイズミヤの化粧品売り場で夏休み前には日焼け止めを買うか、サンオイルを買うか悩んだりしたのも懐かしい思い出です、、、。
そんな駅前を離れるとこれまた個性的な町並みが。
d0090874_2217098.jpg


車が通れないような道のある街がいまだにあるんですね。
d0090874_22173217.jpg


次の駅、逆瀬川も中高時代の寄り道スポットでした。
駅ビルのアピアは当時は西武(しかも当時の関西としては珍しかった無印良品つき)があったおしゃれスポット。しかも専門店街に画材屋さんや手芸屋さんがあったので部活や家庭科の材料購入と言う建前で大手をふって寄り道させて貰っていたところでもあります。勿論その後にアピア2まで足を伸ばしてクレープ買い食いしていたことは学校には内緒です。
しかし今となってはすっかり寂れてしまった駅前を通り過ぎ、行ったのは映画のロケ地にもなっているお寺でした。
d0090874_22192016.jpg


周りはプチ寺町の様相。
d0090874_22194897.jpg

d0090874_22202898.jpg


さらに駅から離れ、武庫川を渡って巡礼街道・有馬街道の宿場町、小浜地区へ。
d0090874_2222275.jpg

d0090874_22223315.jpg



この地区の入り口にある宝塚市民病院は実家の近所の人のほとんどが利用している病院だったりとなじみのあるはずの地域なのですが、そこがこんな味のある町並みだったことは初めて知りました。
ここまで来ると、結構歩いた感もひとしおですが、まだ日は高いし、1200円もする一日乗車券を買ってしまったのでもとを取らねば!!
というわけで、今津線の旅は後半戦へと続きます。
[PR]
by weekend_u | 2011-06-08 22:24 | photo diary

photo diary ロングバケーション終了

ほんとは3月くらいには状況も落ち着いてきて、生きてます、とかいう記事をだそうとしたりもしていたのですがその矢先の地震と津波でへたなことを書くと洒落にならない状況になってしまった,というか。
その後情報のライフラインとなるだろうネットの混乱の片棒をかつぎたくなかったこともあった、というか。

まあ、何をいっても長期サボってたのは事実なんで言い訳なんですけどね。

1月から新しい環境でパート勤めを始め、その後正式な仕事も決まって4月からは、なんとOLをしています。
今は忙しいながらもアスぺルガー的な混乱もなく、順調な日々をおくっております。
私をアスペルガーだといって排除したみなさま、ざまあみろ。
いやいや。ありがとうございましたと言うべきでしょうか。前を向かせてくれたのだから。

時々順調すぎて不安になります。
いやいやそんなことを考えるのはやめておきましょう。
実はアスペルガー的要素も出ているのかもしれません。しかし今回の職場はそういうところは寛容な人も多くうまくフォローしてもらえてる気がします。
その環境に、感謝しましょう。
d0090874_21424253.jpg


初めてのオフィス勤務で、日本人って、実は桜を見る機会が意外と少ないことを知りました。
まあ、新人状態だったので周りを見ている余裕がなかったせいもありますし、今までは職場が花の名所に近かったのと花の時期は一週間ぶっ続けで花見をするような職場(福祉系の現場勤務)だったので、余計にそう思ったのだと思いますが。
と言うわけで、夏なのに桜です。

今年は、満開を撮れませんでした。
[PR]
by weekend_u | 2011-06-02 21:53 | photo diary

photo diary 2011年1月1日 謹賀新年

2011年 明けましておめでとうございます。
d0090874_1919649.jpg


先年は相方となったKさんの転職、引越し、結婚、Yuuのアスペルガー疑惑、そして退職、と本当にいろいろなことが起こった激動の年となりました。
特にアスペルガー疑惑勃発後、結局診断がつかず、でも普通とは思ってもらえず、しかし普通であることを要求された数ヶ月間は正直、本当につらかったでした。
おかげでこの1年で5年くらいは年をとったと思います。

つらかった分、今年は絶対幸せになってやる。

失礼、興奮しました。
そんな先年は、みなさまには大変お世話になり、本当にありがとうございました。
今年も、許容いただける範囲で結構ですので、どうぞよろしくお願いします。

まずは、再就職だな。
実はもうパートが決まってるんですけど、それにとどまっていられないだろうし。
[PR]
by weekend_u | 2011-01-01 19:20 | photo diary

Photo diary 2010年12月31日 ホワイトな大晦日

この冬初めて自分で視認した雪でハイテンションになり、年の瀬だというのに奈良まで行って写真を撮ってきました。
d0090874_18275989.jpg


せっかくの雪なので機材も奮発してαスウィートデジタルとシグマ24mmf1.8 の組み合わせを準備したのですが、後になってなんでこの組み合わせで持ってきてしまったのかとても謎(--;)多分F1.8だからボケがきれいだろうと思って持っていったようですが、、、
d0090874_18412178.jpg


まあ、広角でも吹雪の中ならこのくらいは撮れましたが。
なんていうか、中庸。
きっと雪がなければただの観光写真。みたいな。

降る雪を表現しようとしてフラッシュを結構使ったのですが、その時にいまいち今回重宝しない組み合わせだったことに気付きました。だってコニカミノルタのカメラ、内蔵フラッシュのシンクロって、だめだめなんですもん。
d0090874_18423760.jpg


いろいろいじり倒して何とか思った感じに降る雪を光らせましたがそれにすごく神経使って被写体はどうでもいい感じみたいな写真ですよね。
d0090874_18435336.jpg


だからこういう使い方でも何も考えずにいい感じで撮れるファインピクスF11が好きだったりもします。
これでボケがきれいだったら文句はないのですが、どうしても絞れてしまって雪がカクカクしまいます。

今回意外と活躍したのはパナソニックG1とMCロッコール58mmf1.4(ちなみにジャンクの1050円レンズ。最近使ってるのこんなのばっかです;)でした。雪だというのに欲張って一眼2台持って行っててよかったです。
d0090874_18464591.jpg


d0090874_18454796.jpg


こやつもフラッシュは全くダメダメなのですが(てゆーか、取説呼んでいないので表面のボタンで示されている以外の使い方が全くわかっていないのですが)。
勝因は、やはり大口径のボケと広角に比べ遠近の雪の粒が圧縮されて密度が増えて写ったからかと。
d0090874_18452279.jpg


背景は黒い方がいいと言うのは前に教えられて知っていましたがプラス補正にしたほうが雪が写ることを今回の体験で覚えました。
次回に活かそうと思います(と、いい子ちゃん風)。

それにしても、世間では忙しい年末だと言うのに、ましてや年が明けるとプータローになる身だと言うのに、なにやってんだか。
こんなヤツですが、2011年もよろしくお願いします。
[PR]
by weekend_u | 2011-01-01 18:49 | photo diary

photo diary 2010年6月12日 七条界隈

七条界隈を写真散歩。この辺りは山の手と平地とで街の雰囲気がガラッと変わる不思議なところです。
d0090874_1838162.jpg

d0090874_18381910.jpg

d0090874_18391687.jpg

d0090874_18393064.jpg

d0090874_18403980.jpg

d0090874_18405530.jpg

d0090874_18394762.jpg

d0090874_18411664.jpg


突っ込みどころその1、姫バス。
京都女子大と市内の各電車駅を結ぶ、一応路線バスなのですがほぼ女子大生専用のバス。正式名称プリンセスライン。デザインも姫仕様です。
d0090874_18413592.jpg

十二単の姫が乗ってそうですが、乗ってるのはいたって普通の女子大生です。

突っ込みどころその2、ある鶏肉専門店にて。
d0090874_18421439.jpg

なんか、高校デビューでいきがってリーゼントなんかやっちゃったりしてたくらいの世代、みたいな?(年がばれるぞ;)
ちなみに、何のことはなくこれは鶏肉の等級であって隣には”若鶏中等”といった札も出ていたのですが、ネタ的にそれをカットして撮るのが真のスナップ写真家というものです。

、、、さて。
この界隈を撮影したのは土曜日の仕事明けにKさんと待ち合わせてのことでした。
かまってくれるのはうれしいのだけど、買い物したり、ごろごろする時間も欲しいような、、、と思っていた夏の日から数ヶ月。

みなさま、お久しぶりです。

このたび、11月5日を持ちましてYuu、何とか退職にこぎつけました。
ええ、本当に長かったです。
これに至るまで、僕はもう疲れたよパトラッシュ、、、と何回つぶやいたことか、、、
表向き結婚退職ということになってますが、もしこれがガンか何かで余命半年思ったように暮らさせてください、なんて状況だったらどうするつもりだったのでしょうか。

状況が状況なので再就職先はまだ決めていません。とりあえず、しばらく〇Tはないかな、、、でも〇T資格を取ったらYuuの売りって、何もないのでいつ再就職できることか、、、
まあ、年内は有休消化で気楽な身分ですので、この間にHPとMPを回復させます。

ブログも徐々に更新していきますよ。
今後とも、よろしくお願いします。
[PR]
by weekend_u | 2010-11-08 18:53 | photo diary

photo diary 2010年7月10日 きのこ☆パラダイス

注:部屋にエアコンがないためパソコンしたくない症候群と夏バテとでかなり前に作成していた写真と記事で失礼します;

梅雨の晴れ間、土曜出勤あけの日曜でゆっくり過ごしたい。雨の心配も残るこんな日は近場撮影に限ります。というわけで深泥池にいってきました。
d0090874_19102782.jpg


深泥池は京都市民には心霊スポットで知られていますが、近畿の都市部にありながら希少生物の宝庫としても有名です。なにもないとこですがネイチャー好きのかたにはおすすめスポットです。
ただし、池ごと天然記念物指定なので捕獲は禁物。マナーはまもりましょう。そしてこういうときこそ写真の出番です。
d0090874_19295620.jpg


深泥池の生き物は特にトンボの種類が多く、こんなレモンイエローなやつもいますが専門家じゃないので名前はわかりません。残念。
しかしトンボはすばしこいので後半戦は目もくれず、キノコばかり撮ってたYuuなのでした。
d0090874_19313391.jpg
d0090874_19322766.jpg

d0090874_19329100.jpg
d0090874_1933972.jpg

d0090874_2014256.jpg

d0090874_20143914.jpg

d0090874_19311637.jpg


だってなんか形かわいいし、キノコ。
これなんか曲線がマトリョーシカぽくて女子心くすぐりませんか。萌え。
d0090874_2091914.jpg


こんな、だんごみたいなのもあります。
d0090874_2095975.jpg


色も綺麗なのが多いので被写体として興味深いですね。
d0090874_20105180.jpg


キノコのイメージ的代表ともいえるベニテングダケっぽいのもゲットです(毒キノコだけど写真なので例え毒があってもビジュアルさえよければオッケーです)。
d0090874_20114944.jpg


斑点が出てないのが残念ですが若いときの淡い色もいとおかし。
d0090874_20112267.jpg


こちらはベニじゃないけどテングダケの仲間。団体で生えてます。
d0090874_20121999.jpg


こちらも団体様。
d0090874_20125552.jpg

しかし撮っているときは夢中だったのですがであとで虫がたかってるのに気づいてさぶイボになったYuuなのでした。
[PR]
by weekend_u | 2010-09-11 19:07 | photo diary

photo diary 2010年7月14日・15日 雨の日の非日常

d0090874_737301.jpg

写真をやっていると雨の日は非日常を堪能できることがこの夏わかりましたが、今回は報道ドキュメント写真風にゲリラ豪雨の連続だった今年の梅雨、京都でみられた非日常な風景を激写してみました。
d0090874_7314413.jpg


ズボン裾まくり上げのサラリーマン。足首にミサンガがとかまいてるのでまだ若手の人っぽいです。上司に衣服の乱れは心も乱れ!!とか言われそうですがこの日はうちの職場も更衣室から各部署へ、ズボン裾あげに裸足シューズ、そして手には脱いだ靴下(^_^;)での出勤の人が多数でしたのであまりとやかくいわなくても(笑)。
d0090874_7322153.jpg


そしてさる7月14日、夜のうちの雨で鴨川の河原が水没。みそそぎ川にいるアヒルたちも避難してます。
カップル等間隔で有名なあの土手がなくなってるのがお分かりでしょうか。
ちなみに普段はこんな感じでスロープから川までの間に結構幅広い土手の遊歩道があるのですが。
d0090874_733368.jpg


京都にきて7年、何度か大雨や台風も経験しましたがここまで水位の上がった鴨川は初めてみました。いや、すごいものみせてもらったよ、とか思ってたら次の日の朝、なんと近所の宇治川派流が増水(@_@)。
d0090874_735146.jpg


普段は花壇や遊歩道になってる土手が完全に無くなって階段を下りると水面に直結状態です。
てか鴨川なら増水すると土手への入口が封鎖されるのですがローカルなせいか全く出入り自由な状況がまたびっくりです。
d0090874_7354582.jpg


観光シーズン中行き交う十石船の船着き場所のテントも水没。これじゃ当分運行中止です。
d0090874_7361054.jpg


手前の中洲のような茂みは土手の中腹あたりにに植えられてるアジサイです。地面からは人間の胸ぐらいの高さまで茂ってるはずと思うと水量にぎょっとします。
そしてこの水、三日ほどかかってなんとか引いたのでしたが、、、

いやほんとすごいもの見せてもらいました。
しかし、一歩間違えばこの状況、他人の不幸を作品化してしまうことになるわけですし(まあそれが報道写真というものなのですが。報道写真展とかいくと他人の不幸な写真オンパレードですもんね)ヒトとしては写真撮っている場合じゃないですよYuuさん!!
まあ、死人けが人が出てるとこを見てるだけだったと言うわけではないし、決壊した水をどうにかできると言うものでもない。結局この時点でYuuができたのはそのまま立ち去るか写真を撮るかしかなかったんですよね。
というわけで、非日常写真は少なくとも節度を保って撮っていかねばと思ったYuuなのでした。
[PR]
by weekend_u | 2010-08-21 07:49 | photo diary

photo diary 2010年7月11日 雨にはまる第2弾 鞍馬・岩倉

能勢妙見山ですっかり雨撮影にはまったYuuですが、同行したKさんや写真仲間のMintさんも同様に雨にはまったらしく、懲りずに雨の休日また撮影に出ることになりました。
今度は京都、鞍馬・岩倉・八瀬です。
しかし今回は雨量こそ多いものの霧はあまり出ず。それに、霧で撮ったら妙見山の二番煎じになってしまいます。それに雨の風景的な写真はもうKさんやMintさんがそれぞれのブログにはったしね、、、
と言うわけでいろいろ視点と技術に工夫してみました。

まずは視点的に。
雨の日は生き物、特に昆虫類は動きが鈍るため、撮影がなかなかしやすかったりします。と言うわけでネイチャー写真には絶好のチャンスです。
d0090874_18245160.jpg


じめっとした季節の生物代表・きのこ。リアルは腐ったものに生えるというイメージや毒のある生物として敬遠されがちですが写真にしてみるとそれほど害にもならないかな、と。
d0090874_1826437.jpg


このとき持ってた機材はモニターがファインダーにならない古いデジイチにジャンクのマニュアルレンズをアダプターでつけた、つまり壊れてもいい雨装備でした。なのでノーファインダーで目測で距離を合わせながら連続撮影(勿論撮るごとにどんなのか確認はしますが)、あとで一番アングルがよくてピントが合っているのを選択しました。それでもブレボケしてます;
雨の日のネイチャー撮影は、光量不足と低いアングルでブレ確実なため、かなりストレスフル。一眼レフだとローアングル過ぎて画面が確認できないためブレボケ覚悟のノーファインダーかコンパクトでのマクロ撮影になります。三脚を使わないにわかネイチャーカメラマンにはこれが精一杯です;
でも三脚持ち込んででっかいカメラで一日2,3枚しか写真を撮らないという撮影スタイルに比べると全然楽かと。まあ、撮影散歩は休日の楽しみなんだしわざわざストレスためることもないですよね、、、って、ネイチャー写真を知らない負け犬の遠吠えですかね、、、

さて、次は技術の話。
景色とか、動植物とか、あるものを撮るだけでは面白くない、と言うことで、今回雨を利用した撮り方を工夫してみました。
その名も『降ってるリアル雨粒を撮る大作戦』です。
フラッシュで落ちてくる雨粒を光らせて撮るわけです。雪の降る風景とかを撮るのに使う手法ですが、、、
雨のほうが空気抵抗が少ない分落ちてくるスピードが速くてシャッター速度を上げないと線で写ってしまうんですね。そしてよほどの大雨でないと雨粒がいい具合にたくさん写らないことが判明。
つまりかなりストレスフルな状況での撮影なんですが、何とかゲットできました。
しかしそのままだと、シャッタースピードを速めるため感度を上げてかなりノイジーに写ってしまったのでレタッチでソフトをかけてこんな感じになりました。
d0090874_18293493.jpg

d0090874_18295159.jpg


うんなかなかいい感じだ(自画自賛)。
今後も雨の日も楽しく撮っていければいいなあ。
精進します。
[PR]
by weekend_u | 2010-08-15 18:30 | photo diary

Photo diary 2010年6月27日 妙見山で雨にハマる。

残暑厳しい昨今、みなさまお変わりはないでしょうか。
パソコンのある部屋にエアコンがないため更新が滞りがちなYuuです。
今年も夏休みに突入したのですが、初日は台風の影響で久しぶりにまとまった土砂降りの一日でした。
それでも撮影には行ったんですけどね(苦笑)。
d0090874_23202383.jpg


実はYuu、この夏、すごい景色に出会ってから雨の日撮影にはまっています。
それは梅雨時にいった能勢妙見山でのことでした。
どんな景色かって?
d0090874_2310320.jpg

霧だー!!

しかし写真的にはこれがまた別世界のようにフォトジェニックでシャッターが進むクン。
d0090874_2311564.jpg


こんな何げない山道も別世界の入り口のようです。
d0090874_23114593.jpg


写る人影も現実味が薄れると言うか、別世界から来た人が通り過ぎてるみたい?
d0090874_23121332.jpg

d0090874_23123256.jpg

d0090874_23124836.jpg

って、Kさんと知り合いの娘さんなのですが;

妙見山は霊場ですがケーブルカーやリフトを乗り継ぐというなかなかアミューズメントな旅程でいくことができます。
d0090874_2315039.jpg

d0090874_23143716.jpg

いろいろな乗り物に乗れるのでお子様連れにもお勧めです。
またバイクや自転車の峠越えツーリングスポットでもあるらしく山頂ではバイクツーリングの人が待機していたのですが30分ほどで待ちかねて出発していきました。
d0090874_23154732.jpg


なかなかチャレンジャーです。無事下山できたのでしょうか、、、

まあ、こんな感じで雨の日撮影にすっかり魅了され、雨の中がんがん機材を持ち出していたせいか(一応こんな日は防水機能の高いものや壊れても惜しくないものを使うようにしているのですが)、この夏Yuuはサブ機として使っていたαsweetデジタルをご臨終させてしまいました。
まあ格安中古だったし主にドラゴンボートに使っていたので撮った枚数も多く、すでに減価償却済みではあったのでそれほどショックではなかったのですが。
むしろすかさず二代目中古をゲット、しかもその数日後には格安で取り寄せできるからとマイクロフォーサーズにまで手を出してしまった機材マニアな自分がショックでした;
趣味のものなのに、しかもいつプーになるかわからない状況なのにこんなにあっさり、しかもたくさんカメラなんか買っていいのか自分!?
[PR]
by weekend_u | 2010-08-14 23:21 | photo diary