<   2006年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

寺社を愛でる会3 愉快痛快冥界スポット 千本ゑんま堂

今回紹介する寺は京都の千本ゑんま堂。 
d0090874_1475596.jpg


小さいお寺ですが狂言や六斎念仏など行事も多く京都では結構名前の知れたお寺です。しかも結構ツッコミ処満載の寺なんだなこれが。実はYuuの家と職場のちょうど中間地点に位置しますので仕事帰りに立ち寄ってみました。
では早速入ってみましょう。
d0090874_1492467.jpg


本堂の前ではいきなり古ぼけた尼さんの顔はめ看板がお出迎え。
この顔はめ、仕事で職場の人と近くを通るたびに「誰がやるんや!」とつっこんでいたのですがこないだ観光客でやっている人を発見。女性二人組でした。勇気のある人たちです。
d0090874_1504162.jpg


ちなみにゑんま堂狂言の登場人物モチーフの顔はめもありました。こちらはペア仕様。まだ新しいのかフェンス奥に大切に保管されていました。

夕方五時には本堂の表を閉めてしまうのですが、、、なんと鐘つき堂の横手から小さい墓地を抜ければ中や裏手に入れたりします(・・;)。大丈夫なのかこのおおらかさは。さすがに消灯しているので本堂はパス。供養用の池がある裏手に行ってみましょう。
d0090874_152430.jpg


なんと!見事なお地蔵様と彼岸花の群落です。規模は小さいですがここだけ撮ったら立派な彼岸花スポットに見えます。シチュエーション的には他の有名花スポットに負けていないと思いますよ。
d0090874_1531276.jpg


このお地蔵さんの前には供養用の人工池があります。
この人工池、お盆のお精霊迎えの際、人工的な水流を作って塔婆流しに使われます。千○会の通販で一時期出ていた流しそうめん機(ドーナツ型の水槽の中で水とそうめんがぐるぐる回るやつ)の超でっかい版だと思っていただければ。しかし、、、○趣会の流しそうめん機でも誰が使うんやと思ったのにありがたいんだかどうなんだか、、、(^^;)。
d0090874_155154.jpg


寺の入り口横には消防団の詰め所があり、そこのシンボルの閻魔様。ただでさえ迫力があるのに
d0090874_1562848.jpg


こわっ(oロo;)
数秒おきに目が光るんです。誰のセンスだよ。
ちなみにランダムな点滅のため、コンパクトデジカメのサイクル連写機能を使って撮りました。この機能は連写時シャッターボタンから指を離すとその直前の3~4枚だけ記録されるという機能なんですがおっとりした人だと指を上げるのが遅れてシャッターチャンスの画像が消えてしまわないか心配です。ちなみにYuuの場合、シャッターチャンス後1枚余分に撮れるくらいでした。

こんな千本ゑんま堂ですが、桜の時期や(寺の横手に普賢象桜という遅咲きの八重桜があります)お盆の時期は赤いちょうちんがライトアップされてきれいです。GWにはゑんま堂狂言が開催されます。狂言といえば壬生寺で行われる壬生狂言が有名ですがゑんま堂のはせりふつきでわかりやすく、しかも無料なんで狂言初心者さんにはうってつけかも。
金閣寺や大徳寺にも近いので京都観光の際は、とくにコアな観光スポットをお探しの方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

千本ゑんま堂へのアクセス
   京都駅より:市バス206で千本鞍馬口下車南へ徒歩5分
   阪急(河原町)・京阪(三条・四条)より:市バス59・46で千本鞍馬口下車南へ徒歩5分
[PR]
by weekend_u | 2006-09-30 00:00 | 寺社を愛でる会

photo works3 Yuu的ライブの撮り方指南

じゃん・じゃん・じゃん・じゃじゃじゃ・じゃん・じゃん・じゃん・じゃっちゃ(×2)
ちゃらら~ちゃらら~ちゃらら~ちゃちゃちゃ(リピート)
→今日は音楽系記事なんで007のテーマサウンド流してみました(^^;)。

九月某日、デジタル写真ブロガーにしてイベントカメラマンでもあるKさんから指令が下った。
「Yuu嬢、今回の任務はギタピスのライブ撮影だ。公式ホームページ用の依頼だから失敗なく、なおかつかっこよく撮ってくれたまえ。なお、この音声は自動的に消滅・・・。
携帯やろ、なんでやねん(-_-)ツ。

まあそんなわけで梅田のバナナホールまで行ってきました。
d0090874_2333522.jpg

Kさんについてのギタピスのライブ撮影は2回目、ほかに音楽教室の発表会の飛び入り記録カメラマンをやったこともあるYuu、音楽シーン撮影は少し自信があります(大きく出たな、おい;)。今日はそんなYuuの音楽シーン撮影指南です。

まず機材ですが、高感度、手ブレ補正つきといった暗いところに強いカメラを使いましょう。シャッターのタイムラグの少ない一眼レフならベストです。やっぱりレンズは大口径が安全。画角は好みによりますが客席からの撮影やアップ中心なら90㎜くらい、近寄って取ったり全体の雰囲気を撮りたいならば広角域でしょうか。まあこのへんは好みですね。レンズを変える暇はないので。違う画角のレンズもしくは短焦点とズームをつけたカメラ2台を用意してもいいでしょう

前回の動体撮影で述べたようにYuuの撮影スタイルはシチュエーションを予想して作り出すというよりはチャンスを待って利用するタイプ。シューティングというよりは切り取り型です。プレーヤーのパフォーマンスや表情は重要ポイントです。シャッターチャンスを良く見て逃さないようにしましょう。
d0090874_23234828.jpg

d0090874_2319441.jpg

d0090874_2322156.jpg

ライブハウスという空間の視覚的特徴として光があります。絶え間なく変化する光は曲者、予想していても思うようにならないので細かいことを考えずに撮りまくりましょう。光の色がおかしかったりどアンダーになってもかっこよければ全てよしです(こんなこといったらKさんは怒り狂いますが;)。
d0090874_2326372.jpg

d0090874_23274894.jpg

d0090874_2329426.jpg
d0090874_2331296.jpg


そしてこれは頼まれた撮影の場合の最重要事項。メンバーの写真は全員そろえましょう。抜けた人が泣いちゃいますよ。
バンドの場合、特にドラムは奥まったところでしかも大きな楽器の後ろに座っているし動きも激しいので地味ながら最難関パートなのです。ライトが当たるドラムソロやMCをねらってゲットしておきましょう。
d0090874_23182119.jpg

d0090874_23345675.jpg

d0090874_23361072.jpg


こんなことを心がけつつ、撮影に参加してきましたが、正直今回とりにくかったです(T_T)いや、Yuuの未熟さゆえなんですけどね。
何しろブレまくり!一応機材は高感度コンパクトと一眼は手ブレ補正+大口径レンズ開放、さらに感度をぎりぎりまで上げて撮っていたのですがギタピスの皆さん、動きがだんだんすばやくなってないですか?なにか秘密特訓でもしているんだろうか、、、まあ、動きのあるライブは観客としてはうれしい限りだと思いますが。
そう、そしてライブ会場の主役はプレイヤーももちろんですが何よりお金を払って見に来ているお客さんたちです。プレイヤーに頼まれているとはいえお客さんたちの邪魔をしての撮影は許されません。

だから。

会場にカメラもって来てた人~!最前列でまだみんなゆったり座っている序盤でいきなり真正面に立ちはだかってフラッシュたきまくりながら撮影するのはやめましょ~!!
お客さんの邪魔でしょ~!?
ぶっちゃけ言うと私たち公式カメラマンにも邪魔でしたよ~(はっ、つい暴言を;)
いちおうKさんやYuuは一番前でもスピーカーの影とかステージ下にしゃがみこんでなるべくステージをかくさないようにしながら構図作りをしてますよ~(て、ゆーか、それでも邪魔になってたらスンマソン。特に前で踊っているダンサーの方々は大変だったかもしれませんね;)

て、ゆーか、なんでYuuを撮るかね。
後でKさんに教えられたのですが、Yuuはどうも関係者と間違えられてほかのカメラマンたちに写真を撮られていたようです。まあ、悪意はないと思いますが。
Kさんには「注意力が足りない」と叱られました。
でもKさん。お言葉を返すようですが。
>「よその人に妻を撮られるのが嫌ならもっとかわいく撮ってくれよゴラァ(`△´)>」
とも思った次第。
精進よろしくお願いしますね、Kさんv
[PR]
by weekend_u | 2006-09-29 00:01 | photo works

photo diary3  じっちゃんの名にかけて!?

昨日の記事で「Yuuは動体撮影ができんのか。所詮はお譲ちゃんフォトグラファーだな」と思った方々。
一応できることはできるんですよ。じっちゃん、、、じゃなかった、Kさんの名にかけて。

ほらね。
d0090874_175433.jpg

須磨水族園にて、薄暗い水槽で縦横無尽に泳ぎ回るハゼか何か。最高感度でもぶれるので覚悟を決めて流し撮りしました。AF迷ったり動きがイメージどおりにならず、10数回粘りました。

d0090874_19331.jpg

ライブ会場で踊る常連のおねーさん。会場は薄暗いしおねーさんも動きが早く、しかも同一方向の動きではないのでぶらさざるを得ません。これも10数枚撮ってやっとセレクトした一枚です。他はブレブレなのと、タイムラグでタイミングがつかめず、、、(><)。

ええその通り、できるけど得意ではないんです。
その理由としては
①どちらかというと構図・シャッターチャンス重視のため思った形に決まるまで粘るうちに飽きてくる(おいこら;)。
②構図が思ったとおりに撮れないと腹が立ってくる。
③チャンスを逃すのがいやなのでできればぶらさない安全策をとりたい。
④暗いところではAFが迷って時間がかかり、またシャッターのタイムラグがあるのでコンパクト使いにはきつい。
⑤細かいブレやピントが甘くて不鮮明になるのでセレクト時にはずしてしまうことが多い。
⑥もともとフィルムから入った人間なので今でも無駄撃ちがもったいなく感じる(貧乏性です--;)
⑦ひとつの被写体に集中するよりいろんなものをたくさん撮りたい
などなど。
まあそんなわけで頼まれてのphoto workやそそのかされたとき意外はめったにしないですね。
できない技法や操作法があるというのはプロとしては×だと思いますが、まあ、weekend photographerなんだしいいんじゃないでしょうか。ムキになって好きなことがいやになってしまうことほど不幸なことはないと思いますよ。
[PR]
by weekend_u | 2006-09-28 00:14 | photo diary

アホフォト日記7 ヤギの恐怖

昨日の佐久島番外編です。
散策中、放牧(というか野外につながれてる)ヤギ発見(・▽・)。
d0090874_23162841.jpg


近寄ってみました(///▽///)
d0090874_2320340.jpg


威嚇されました(ToT)
d0090874_23234425.jpg


ヤギの威嚇は舌を出してブルブル横方向に震わすのですがただのあかんベーになってしまってしまっていますね(--;)、、、動体撮影で舌をぶらせばよかったか?Kさんごめんよ不肖の弟子で。
だってね、よだれが飛んできそうでISOとかSSとか考えられなかったんだもの。
偶蹄目のよだれはくさいんですよ?
(例:リャマ、ラクダ。王子動物園のふれあい広場にいるやつらは機嫌の悪いときこの攻撃を仕掛けてきます。勇気のある方はお試しください)?

そしてもうひとつのヤギの恐怖。
佐久島のパンフレットはこう書いてありました。
『ヤギののんとビリーが草を食べているかも』
一匹しかいないよ!?
まさか、、、
お肉になってしまわれたのでは(TロT)!?
[PR]
by weekend_u | 2006-09-27 00:00 | アホフォト日記

photo diary2 佐久島へ行ってきました

Yuuの所属するフォトピア写真教室の日帰りツアーに参加してきました。
今回の目的地は愛知県佐久島。知多半島の先っぽにある島です。道路はすいていましたがさすがは近畿圏外、大阪到着22:30、京都着は深夜0:00。月曜日は死んだ魚の目をして出勤しましたよ(--;)記事up もストックのアホアホ記事でお茶を濁し、、、こんなブログなのに来てくださってる方、本当にありがとうございますm(_ _)m。
さて、今回行った佐久島はアサリと野外展示の芸術作品で有名な島なのですが前者は時期が外れ、後者は他人の作品を撮っても意味ないと思ったのと意味のない芸術が大嫌いなKさんに配慮して主に町歩き中心となり、結果花と海と猫ばかりに、、、
d0090874_2192753.jpg
d0090874_21131520.jpg

ヒマワリと彼岸花が同時に咲いているなんて桃源郷ですか佐久島は、、、と思っていたら今日京都でもヒマワリを見ました(-_-)。今年は異常気象で花の時期が乱れているみたいです。

d0090874_21183395.jpg

道の真ん中でバッタがまったりしていました。車に気をつけるんだよ~。

d0090874_22291771.jpg

町は東と西に大きく分かれています。西地区は伝統的な黒壁の家屋を保っていますがレジャースポットが近い東地区は民宿が多く、それらのいくつかはバカンス気分100%な外観をしています。

d0090874_21392417.jpg
d0090874_2141460.jpg

d0090874_22274792.jpg
大抵島といえばにゃんこ天国です。特に西地区にはたくさんいましたが海沿いにあるアート作品『おひるねハウス』のあたりは子猫まみれだったと聞いてショック!!街中には貫禄のある大猫さんしかいなかったよ、、、(T_T)今度行くことが会ったらぜひ行きたいです。

d0090874_2215527.jpg

三河湾の夕暮れ。佐久島は湾内に位置するだけあって比較的穏やかな海なのだそうですが瀬戸内で育ったYuuには足元のコンクリートまで波が上がってくるなんて新鮮な体験でした。そのせいでしょうか、今朝は愛機α7を水没させた夢を見て半泣き状態で目覚めました(^^;)。

佐久島は知多半島から連絡船で20分と結構本土から離れた島ですが人口も多く、特に子供が多くて活気がある感じで一安心。住民の皆さんは何かと不便で苦労しておられると思いますがこのまま残していってほしい風景でした。
フォトピアは最近こういった島をテーマに撮影旅行を行っております。Yuuは参加しませんが十一月は淡路島の南側にある小島、沼島(ぬしま)に行くそうです。また12月8~10日は沖縄ツアーを計画しているとのこと。これはYuuはぜひ参加したいと思っているのですが(実は以前Kさんを始めとした写真友達と行く計画があったのですが夏休みが合わず、Yuuは参加できなかったんです。まあ当日台風が来ていたそうで結局行った子達もあまり遊べなかったそうですが;)今のところ出発できる人数には程遠いそうで(T_T)だれか参加してくれる奇特な方はいませんかねぇ。行ってもいいよという方、お値段は40800円です。どしどし応募ください。ひとつよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
by weekend_u | 2006-09-26 22:04 | photo diary

アホフォト日記6 ダチョウ倶楽部にあこがれて

近所のサボテンはこうなりました。
d0090874_2131841.jpg

アホな記事でスンマソン。Yuuの月曜の精神状態ではこれがいっぱいいっぱいっす。まして今週は。その理由は待て次号。
[PR]
by weekend_u | 2006-09-25 21:04 | アホフォト日記

寺社を愛でる会2 住吉大社番外編

昨日紹介した住吉大社、突っ込みどころ満載の番外編です。
d0090874_7543868.jpg

境内で戯れるハト。人にとって聖域でも生き物にとっちゃ生活の場なんですね。フンもすれば交尾もします。こいつらは密会のイメージで。
d0090874_7565660.jpg

神社附属の武道場です。かっぽれも武道に入るんでしょうか。カポエィラに小さいエが必要なのをここではじめて知ったYuuでした。卓球はある意味武道かもしれませんね。結構勇ましいので。
d0090874_81326.jpg

武道場では書道教室もやってます。おそらくいろはを二文字づつ練習していってるのですが、”よた”って切り方は日本語としてどうなんでしょう。

きょうは出勤前のスピード投稿であまり練れてない内容ですみません。土日はお出かけのため投稿できないのでせめて、、、と思いまして。
それでは月曜日に会いましょう(^^)/
[PR]
by weekend_u | 2006-09-22 08:02 | 寺社を愛でる会

寺社を愛でる会1 住吉参りに行こうぜベイベ~

”マニアックスKyoto”シリーズでは寺社めぐりに飽きた云々・・・と書いたYuuですが、実際は寺社めぐりも結構好きだったりします。結構たたけば埃(いかがわしいものではありません。お面白いものです)が出てくるもんです。
今回は大阪の住吉大社を紹介します。

住吉大社へはたいてい阪堺電車に乗っていきます。道路上にある線路を走る昔ながらのチンチン電車です。ワンマンなので進行方向逆向きの運転席は取り放題ですv
d0090874_21363688.jpg

運転席のランプが宝石みたいです。

住吉大社のシンボル、太鼓橋。やはりこれは撮らねばなりません。大阪らしい労働者風おっちゃんも入れて・・・。
d0090874_21391238.jpg

もちろん写した後は渡りましょう。結構急で降りるときびびります。小さい子なんか半泣き状態です。

境内では狛犬や手水場の竜がお出迎え。こいつらは各寺社によってデザインの違いもあり、比べてみるのも面白い。
d0090874_2144183.jpg

住吉大社内の稲荷社のキツネです。フェイスニング中でしょうか。この表情は下まぶたのたるみとくまをとるためにいいそうです。Yuuもやらねば。
d0090874_21464959.jpg

手水場の竜。チュー5秒前ですか?

神社に奉納された絵馬の内容ををつい読んでしまう人もいるのではないでしょうか。(絵馬の奉納ってある意味羞恥プレイですよね^^;)。
絵馬はさすがにプライバシーがやばいので載せられませんが面白い企業名ののぼりを見つけました。
d0090874_21484753.jpg

どんな不景気が来ても生き残れそうですよね。

寺社めぐりの楽しみのメインはもちろんお土産。お守りをはじめとした寺社グッズはトラディッショナルかつ最近はキッチュさも盛り込まれるようになり、グッドデザインの宝庫です。
d0090874_21505019.jpg

こちらは毎月辰の日に配られる猫人形。反対の手を挙げているのもあります。毎月1体ずつ合計48体集めたら大きい猫人形に変えてもらえるとか。クイズなんでもハウマッチのニアピン賞みたいですね(古っ)。
d0090874_21545034.jpg

五大力の石。神殿の片隅の聖域(?)にただの砂利に混ざって”五”、”大”、”力”と書かれた小石が混ざっています。聖域に手を伸ばして3つ集めて持って帰るとご利益があるとか。社務所では専用お守り袋も売ってますがただのお守り袋なのでYuuは小皿に入れて部屋に置いています(結構高いし)。ちなみに聖域は石垣に囲まれています。遠くにある石を狙うと上半身がはまって抜けなくなるので気をつけてください(かってはまった人)。

どうです、風光明媚でイベントあり、お土産つき、まさしくエンターテイメントですよね。遊園地やテーマパークがなかった昔、寺社参りが一種の娯楽であったのもうなずけます。しかも安いしね(^^)v。
住吉大社に限らず面白い寺社はたくさんあります。Yuuの知っている場所もありますが知らない場所もあることでしょう。「こんな面白い寺社があるぞ!」という方、ぜひぜひコメントをください。特に面白いおみくじがあるところがあれば教えてほしいですm(_ _)m。
[PR]
by weekend_u | 2006-09-21 21:57 | 寺社を愛でる会

週末妻日記2 夢より現実を取ることはそんなに悪いことではないはずだ

皆さん、自分の異性の好みのタイプを客観的に知っていますか?
知りたいあなた、好きな漫画やドラマのキャラクターを複数思い浮かべてみてください。スポーツ選手や芸能人よりも架空の人物の方かいいです(架空の人物はストーリーの内容によって性格や行動パターンが設定され、またその通りに動くため、わかりやすいのです)設定されたその共通点を見てみるとまさにそこに自分の好みのタイプが見えてきます。

ちなみにYuuの場合ですが、過去にはまった漫画・アニメ・小説などから分析してみると
・過去に暴露したとおりアンドロメダ瞬にはまってました。
・幽遊白書が始まると蔵馬に転びました。
・少女マンガでは紫苑さんより春ちゃんでした。そして、弘樹君より彼方君でした。
・大学時代ロミオの青い空のアルフレド見たさにいい年して名作アニメ劇場見てました。
・専門学校時代リバイバルした北斗の拳ではトキでした。
・創竜伝では余くんでした
・荻原規子さんの少年主人公のへなちょこ具合がたまりません。

さて、以上から分析するとYuuの好みのタイプとはこうなります(トリビア風)。
「Yuuの好きな異性のタイプは病弱だったり年下だったり守ってあげたいタイプが多い」

あらあら、全然Kさんとタイプが違いますね。

でもね、たとえばちょっと病弱・もしくはひ弱で年上の女性にあこがれる男の子が理想とするタイプはどんなのでしょうか。
「僕のタイプはしっかりした包容力のあるお姉さんです」

あらあら、全然Yuuとタイプが違いますね。

「努力すれば相手を包み込める人間になれる」と思っていました。
しかし医療関係に勤めてわかったのですが、私の包容力には限界があるようです。
できればプライベートは気張らずに過ごしたいもんですし。
そういうYuuと一緒にいられる人は守ってあげなければならないほど繊細な人ではなく、結局お互い一人で立ちながらも一緒にいられる人。それが現実なんですね。
d0090874_3261394.jpg

さらに、好みのタイプとしてロックオンしてくれているのならありがたい。

そんなわけで今、Kさんとの付き合いが続いているわけです。
夢は破れてしまいましたがそれは子供のころ恐れていたほど仕方のないことでもなく日々それなりに有意義に過ぎています。退屈だと思っていた平凡な現実だって続けるためには何かしら努力が必要なんですよ。
そういうことが解ってきたということもKさんと付き合うことによる一つの成果だと思うのです。






p.s.
この記事を書くにあたって最後まで言うにはばかられていた事があります。
えーい言っちまえ。
Yuu、キャプテン翼では三杉君が好きでした。
どこまで病弱好きなんだよ、自分。
これぞまさしく若さゆえの過ちですね。認めたくないですね!!
[PR]
by weekend_u | 2006-09-20 03:38 | 週末妻日記

photo diary1 早いもん勝ち明日香編

週末はKさんと写真を撮りに出かけているYuuです。
d0090874_0271875.jpg

今回訪れた明日香村はコスモスと彼岸花の開花期を向かえ、しかも連休中は村中で施設の夜間開場や案山子コンテストなどのイベントを行っている様子。
台風が近づいているとはいえ、晴れ間も見えていたのでメインイベントのライトアップを中心に日中は彼岸花を撮って~、などと画策していたのですが、、、
甘かったですね。やはり外れても台風でした(--;)
降ったりやんだりの雨は時に強く長引いたこともあり日没時にはとうとう村内放送でライトアップ中止の放送が流れ結局無料開放していた施設で手近にあった万葉文化館を見て帰りました。

資料館や寺社で雨宿りしたり用意していた傘を持ちながらの撮影となりましたが、根性で明日香村の秋の三大名物(彼岸花、案山子、ライトアップ。本来はここにコスモスが入って四大名物となるがコスモスの開花はもうちょっと先とのこと)撮ってきましたので見てくださいね。
なにしろKさんと一緒に回った以上見たものがみんな同じなのでとっているものも同じなんです(視点はそれぞれ違うとは思いますが)。早い者勝ちでupしないと!
てなわけで。


①彼岸花。雨が降っていたので構図も作画意図もヤマもオチもあったもんじゃありません。とりあえず取れてよかったという意味の一枚。
d0090874_0331684.jpg


②風に吹かれてたそがれていた案山子のジョニーです。
d0090874_0351764.jpg


③ライトアップ。結局点灯は中止されましたが昼間のうちに並んだランプを撮っておきました。色がなんかボードゲームチックですね。ここは点在する会場のひとつでおそらくメイン会場(観光パンフレットの写真はここで撮ったものらしいので)の明日香板葺宮跡です。
d0090874_0372846.jpg


④万葉文化館の中のレリーフが窓に映りこみ、外の木立に天女が舞い降りているように見えました。
万葉文化館は六時まで玄関先で待ち構えて夜間無料開館で入りました。万葉集をテーマにした日本画と歌をテーマにした展示が面白いと思うのですが、Kさんは日本画に興味が薄いのと展示の割には料金が高いと憮然としておりました(通常は大人600円かかります)。
d0090874_0391230.jpg


⑤亀型石造物付近のライトアップ。公式にはこの日は雨のため中止となったのですが雨が小ぶりになると一部の会場ではサービスで灯を入れてくれていました。来年こそはメイン会場の板葺宮跡のライトアップを見たいなあ。
d0090874_1283539.jpg


しかし世間は台風で大騒ぎしてるのにいい大人がなにしてるんでしょうかね。こんな軽々しい記事のあとで申し訳ありませんが、この場を借りまして被害を受けた地域の一日も早い復興をお祈りいたします。
[PR]
by weekend_u | 2006-09-18 23:17 | photo diary