<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アホフォト日記  あ~ち~ち~、あ~ち~♪(古っ;)

四条通の某子供服ブティックにて。
お子様用タキシードです。かわいいけど堅苦しそうだ。いつ着るんだろう。
それにしてもこの乱れ具合どうよ。
思わず西条秀樹を口ずさんでしまいそうです。
d0090874_392784.jpg

年がばれます、、、。(TT)
[PR]
by weekend_u | 2007-02-27 23:03 | アホフォト日記

photo diary フォトピア日記 伊根スナップ・人の気配編

今回は伊根の町並みのスナップを集めてみました。

町の入り口のバス停。ウルトラマンがお出迎え。
d0090874_3122111.jpg

灯りの下にはきっと誰かがいるのでしょう。
d0090874_3213136.jpg

犬がいます。それが何か?とつい突っ込み。
d0090874_320954.jpg

このじょうろ、小学校で朝顔を育てたときクラスの半数が使ってました。
d0090874_3135838.jpg

職業柄福祉用具につい目が行きます;この町のお年寄りたちの愛車はほとんどがこの型でした。無骨ですが何でも運べそうです。
d0090874_3162694.jpg

曇りガラスの向こうから視線を感じました。なつかしのアイツが見ていました。
d0090874_3482177.jpg



伊根町のような日本海側の小さな古い町の冬の風景というと、ついゴーストタウン、寒村的なイメージをしがちです。
でも、たださびれているだけの表現じゃ日本海側に対しての偏見になってしまうので寂れた中にも確かにそこが生活の場であり、人の気配が残っているといった感じで撮ってみたいなと思いました。
幸い暖冬の青空もイメージの味方をしてくれたようです。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-24 03:41 | photo diary

photo diary フォトピア日記  伊根・舟屋の中

一階が船のガレージになっている伊根の舟屋の魅力は通り側にも海側にも大きく入り口が開いているにもかかわらず奥にお勝手、つまり台所があったりして開放されているんだかプライベートなんだかわからない空間だと思います。
そんな舟屋ををこっそりのぞいてみました。

昔ながらの舟屋。木の格子戸の向こうに手漕ぎ船がつるされています。
d0090874_017278.jpg

こちらは船と一緒に日常品がしまわれて物置化しています。学校の農機具置き場を思い出します。
d0090874_0192085.jpg

アルミサッシの舟屋の向こうに見える海。家の中に海があるみたいでふしぎな感覚ですね。どこでもドアみたいな?
d0090874_0244327.jpg

覗かれたお宅の方、失礼しましたm(_ _)m
[PR]
by weekend_u | 2007-02-23 23:38 | photo diary

photo diary ちょっとしんどい、、、かも

ココイチで初めてグランドマザーカレーを食べました。
d0090874_4335262.jpg

一発でスプーンを当てました。
d0090874_4343992.jpg

こんなことでなけなしの運使い果たしてどうするよ、自分!(T△T)
突っ込みつつもこうなったら過去のイヤースプーン付きコレクションボックスを目指してもう2回くらい食べようかと画策している自分がいたり(当りを含む三回分の抽選券で一口応募できるのですがまず当たらんだろ、、、;)。
てゆーか、十三万名にその場で当たるかもしれないスプーンより外れ券五枚で五百名様にプレゼントされる残念賞のスプーン型ストラップの方がレアじゃないのかと思ったり、ツッコミどころ満載です。

しかしグランドマザーカレー、お肉は下味がついていて美味しいのですが野菜が妙にエグミが残っていてう~ん;な味でした;改良してください。ココイチさん。

最近血圧が低い状態が続き不調です。
かろうじて仕事やフォトピア、ゴスペル等の用事はこなしているのですが家ではバタンキュー状態。それにもかかわらず寝付けずこんな時間帯に記事upしてみたり!?明日(もう今日か;)は忙しいのに~(T△T)
というわけでちょっと更新が抜けたり訪問者様のブログ訪問が出来ない日が続いています。申し訳ありませんがご了承くださいm(_ _)m
[PR]
by weekend_u | 2007-02-22 04:42 | photo diary

photo diary フォトピア日記  スキマー伊根編

フォトピア丹後撮影ツアー第二段。今回は伊根町です。
d0090874_3424680.jpg

伊根町とは京都府北部の海沿いの町で一階に船のガレージがついた舟屋と呼ばれる建築様式の町並みが有名な漁師町です。舟屋に囲まれた伊根湾は過去に鯨を追い込んで捕まえていたとか。現在も国定公園に指定されており、水面からは海底のアワビやウニが見えるほど水質もよく海産物が豊かな地域でもあります(ただし海産物は漁協が保護しているため潜って撮るのは禁止されているので悪しからず)。

この舟屋の町並み、懐かしい日本の風景として風景写真で有名な地域でもあります。それだけに舟屋だけならどう撮ってもどこかで見たような写真になってしまうのだがまあ証拠写真というかこんなとこですよという意味も兼ねてまずは小高い丘の上にある道の駅から遠景をパチリ。
手前の丸い養殖場は何を養殖しているんでしょうね。ちなみに道の駅では美味しそうなアジの開きとするめが売っていました(゜▽,゜)。自分、焼く技術が未熟なんで買いませんでしたが。
d0090874_3441660.jpg

d0090874_3453310.jpg

さて、町中を歩いてみると舟屋の裏側が通りになっているため海側の風景は見えなくなってしまう。有名な風景写真は集落の切れ目や小高いところ、もしくは湾内の観光周遊船から望遠レンズで狙ったものか時々点在する空き地(昔は鯨のような大物が上がるとここで解体したとのこと)や家と家の隙間から海側に回って撮られているものと思われ。
広場や家と家の隙間は私道っぽいのですが地元の方々が気よく入れてくれたりしましたv町の皆さん感謝です。
観光地で撮影禁止が増えている昨今これからも地元の人と観光客との関係が穏やかに続くことを願います。

というわけで、結構自由に撮らせて貰えたのですがやはり海側から舟屋を狙うとどうしてもどこかで見たような写真に;
むしろ最初のうち路地に入るのをためらって家の隙間から採ってた海のほうが自分らしさを感じましたね;
d0090874_34852.jpg

基本的に船や網のような漁業の道具が置かれています。
d0090874_3491013.jpg

こんな隙間にも船が;
d0090874_3503088.jpg

昔は船置き場、今は車置き場!?それにしてもかっこいい車に乗ってますね。
d0090874_3581836.jpg

スタンダードに海を狙いました。
d0090874_3592365.jpg

やはり船は海に浮かんでいなければ(美肌一族風にお読みください 笑)。
d0090874_357181.jpg

隙間から、カモメ発見。
d0090874_354573.jpg

路地の先にはなぜか漬物樽。逆光で光が透けてきれいでした;漬物樽に美を感じだせる自分が好きv(アホ)。

そう。名づけてスキマー(笑)。

ちなみにこのネーミングは今のところYuuの専売特許でありKさんのブログにも技術説明は載っていません。もしも後日Kさんのブログにスキマーの説明が載ったときは(前にYuuが早い者勝ちでだしてたなあ、、、)とでも思いながらこっそりほくそ笑んでいただければ幸いです。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-21 20:42 | photo diary

photo diary フォトピア日記 チョコラー天橋立編

先日大阪の写真教室フォトピアの日帰り撮影ツアーに行ってきました。
行き先は丹後地方天橋立と舟屋の町・伊根です。
天橋立といえば近くの山上遊園地から眺めるあの絶景ですね。もちろんそこに登って一枚撮るのもいいでしょう。しかしそこは感性重視、個性的な視点重視のフォトピア。そんな絵葉書みたいな撮影スポットにはいきません;てゆーか、一枚撮るために山の上に上るって言うのも体力を無駄に使いすぎのような気が;。
まあ今回体力の消費量については人のこといえないような撮り方をしましたけどね。
ええ、歩きました。そして歩きながら撮りました。
おかげさまで写真を人に見せても誰も天橋立と思ってくれません(TT)。
とりあえず証拠写真として天橋立入り口の回転する橋のまさに回転したところを激写。
d0090874_054612.jpg

歩いてみると左右を海に囲まれた松の並木道が1時間ほどえんえん続くだけなので正直飽きてきます。三分の一過ぎるとかなりだれてくるので歩くのが苦手な方、松マニアでない方は例のガンダムボートや観光用の周遊船に乗るのもいいかもしれません。周遊船の場合、カモメに餌をやるオプションがあるらしいのでそれを撮るのもまた一興だと思います。Yuuも次回は乗りたいです。
とにかく撮影としては周囲が松と海に囲まれているため本当に被写体が限られます。自然対岸の町並みのような遠い被写体や鳥のような小さな被写体が目に付きますが遠過ぎて標準短焦点や短い望遠だと全然被写体にはとどきません;(最高画素に変えて撮って後からトリミングするという手もありますが画面上ならともかくプリント前提にすると最高600万画素ではかなりつらいです;
そういう時はこれ、チョコラー技法が結構重宝したりします。

説明しよう。チョコラー技法とはメインの被写体をわざと小さくしたり画面の片隅において撮影する技法のことである。
今までの写真の王道である黄金構図のような写真と並べると型破りで個性的な写真に見えるので最近の旅行ガイドや雑誌の写真に多用されている撮り方のひとつでもある。
ちなみにネーミングはKさんであり、技法の詳細もKさんのブログで公開されているのだがここはKさんには内密ブログのためリンクをはるわけにはいかないのであしからずご了承いただきたい。


というわけでこんなのばかり撮っていました;
d0090874_0104571.jpg

d0090874_0253042.jpg

d0090874_0264062.jpg

d0090874_0281937.jpg


さらに、被写体を強調させるために覆い焼きツールを使って強調大作戦をしています。
d0090874_03054100.jpg

d0090874_0315827.jpg

しかしこういうのって、どれくらい効かせるのがいいんでしょうね?
プロの作品でも「これはちょっとやりすぎやろ」と突っ込みいれたくなるものもあるのですが。
今回のも調子こいて効かせすぎた気もします。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-19 23:21 | photo works

マニアックスKyoto 京都の歯医者

歯科医院もディスプレイの時代。古都らしいみやびさをディスプレイに表してみました。
といったところですが。
d0090874_6224091.jpg

歯科とみやびさは別物かもしれないと感じる今日この頃。

またしても週末です。
更新・コメントが遅れると思います。
ご了承お願いします。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-17 00:00 | マニアックスKyoto

寺社を愛でる会 寺の塀の向こう

Yuuの住んでいる千本通りの名前の由来は寺が多く、卒塔婆が千本並んでいることから名づけられたとの事。確かに近所は寺が多いです。大きいところは拝観できます(しかもマイナーな寺が多いので拝観無料のところが多数)が小さい本当に檀家さんオンリーの寺なんかもあったりしてそういったお寺は中に入りにくいので塀の向こうから眺めるにとどめます。
といっても、塀も結構な高さがあるのであまり中は見えないんですけどね。
せいぜいこんな感じです。
d0090874_69479.jpg

塀の向こうからのぞく卒塔婆。なんかバレエの白鳥の湖の4羽の白鳥っぽい。
d0090874_6104953.jpg

スライム発見!
[PR]
by weekend_u | 2007-02-16 06:12 | 寺社を愛でる会

ゴスペル日記  ゴスペル始めました

Yuuの今年の目標として円満退職のほかに音楽系かものづくり系の新しい何かを始めるというものがありました。
円満退職の方はとりあえず言うタイミングを見計らっているところです。今の時期ではすでに新卒が就職先を決めているので次年度卒業予定の新卒に向けて募集をかけることになるため6~7月頃に切り出そうかなあと。
で、しばらく仕事は続きそうですし、逆に言えば今のうちは収入があるということなんでもうひとつの新年目標をいまのうちに実現させてみようと。さらにタイミングよくJEUGIAのクリアランスのチラシに教室案内も入っていたことですし、、、

本当はKさんからはピアノやギター、ウクレレなど和音が出せて一人で演奏できる楽器を奨められていたのですがピアノや弦楽器系はKさんがかなり上手なので週末練習漬けになりそうだし、なにより新しく始めることまで上に立たれるのもいやなんで;(負けず嫌い)
個人的にはトランペットとかやってみたいのですが(いつかはやると思います)楽器が高い;
のこぎりバイオリンもやってみたいのですが教室がない(ついでに言うとこれも購入すると3万はします;のこぎりのくせにーー;)。

そんなこんなで数ある音楽講座の中から選んだのは、なんと、ゴスペルでした。
決して楽器代がタダだったからなわけではありませんて;
まあ確かに使うのは楽譜だけなんでたすかってますが、、、。

今のところこれが教材一式です。
d0090874_540355.jpg

ゴスペルの楽譜は繰り返しが多いので先生が曲を始める前に進行を教えてくれるのでメモしてカンペにします;
d0090874_5405760.jpg

実は以前からやってみたくて大宮駅前のヤマハをのぞいたりもしていたのですが生徒さんが異様に若々しく(おそらく二十代前半が平均と思われ)恐れをなしてしまったわけですね;
今回は四条烏丸の教室を選んだのですがビジネス街という立地と時間帯(夜8時~9時)の関係で年齢層にもばらつきがあったしまだクラス編成まもなく途中入会からでも何とかついていけそうな感じがしたので決めました!!
2月から開始してすでに二回(一月の見学を含めると三回)通ってます。まだ同じクラスの人と親しくなるには時間がかかりそうですが(フォトピアのフレンドリーさは実は異例だったことがわかったとです;)少しづつ会話も出来るようになってきましたし。早く名前覚えないとな、、、。
さらに、6月には発表会もあるとです!!
しかも今回人生初めてのソプラノパートです!(学生時代はメゾとアルトを行ったりきたりでした;)。
普通のコーラスだとどうしてもソプラノ=主役、他=引き立て役って感じでメロディーも全然かっこ悪いのですが;
ゴスペルって、ソプラノもアルトもテノールも旋律がきれいでみんなそろって音になるというところがでいいと思いますv
会場は、なんと、大阪の中之島公会堂ですよ、、、!!
その代わり、参加費が結構高いんですけどね、、、人数も少ないのでもれなくマイクがついてくるしお客様も有料チケットを買ってもらうんで参加するとなると気は抜けません;
というわけで見学のときに習った顔のストレッチを毎日やっているとです。
d0090874_5424489.jpg

すごい顔で失礼します(爆)。顔全体の筋肉を使うとの事なのでデコのしわも必須事項。
でもこんなことしてるからみんな顔が若々しかったわけだわ;
四条烏丸の教室も年齢層は幅がありましたがみなさん小顔やしなあ、、、教室では鏡に向かって歌うこともあるのでそんなときは自分の顔と比べてしまってかなり落ち込みます;(せめて人並みのOLらしく化粧しようよ自分、、、)。ストレッチ続けてたらYuuも小顔になりますかね、、、(目指すはそこなのか!?)

さらにYuu、声量は自信があるのですが強弱や音程はいまひとつです(子供のころから声がでかいと注意されてました;中学の合唱コンクールでもアルトにもかかわらずソプラノより大きくてでしかも音程が狂ったりしてたので悪目立ちしてました、、、;声のでかさだけで演劇部にスカウトされたこともあります;)。
発声練習や音程をとる練習をするためにミニキーボードを買おうかと迷っている今日この頃。

それにしても、キリスト教徒でもないのに大丈夫なのか、自分。
何より天使にラブソングをシリーズぐらいしかゴスペルを知らなかったのに本当に大丈夫なのか、自分!?
て、ゆーか、それをネタにこんな画像upしていいのか自分(TT)!!
歌詞の内容を訳してみて、神様とカーク・フランクリン(今やってる曲のアーティスト)にちょっと申し訳なく思いつつ歌っとります;
[PR]
by weekend_u | 2007-02-15 22:56 | ゴスペル日記

マニアックスKyoto  ガンダム展京都上陸記念

きたる二月十日から三月二十五日まで京都市烏丸御池の国際マンガミュージアムでガンダム展が開催されています。
過去にサントリーミュージアムでやっていたアレですな。今回日本最後の展示とか(てことは海外進出もするのでせうか、、、)。
この手の好き者さんのあの人とか、この人とかが近く京都へ乗り込んでくるその情景が想像できてしまいます(笑)

ところで話が変わりますが、京都北部宮津市の天橋立ではなんと
ガンダムに乗れたりします。

これです。
d0090874_0571234.jpg

スーパーな割には大気圏突入するときっと燃え尽きる事確実。
そしてなぜかNASA所有。
もう一台あります。しかしなぜナイト!?
大人の夜のお菓子うなぎパイみたいなもん!?
d0090874_0593025.jpg


ドアはバック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンチックな開き方をしてSFっぽいです。
d0090874_113228.jpg


ちなみに、他にスペースシャトル号とかありましたが赤いヤツはないようです。やはり個人所有だと商業用には使いにくいのかもしれません。

そしてさらに気付いた驚愕の事実。
仮にも彼氏持ちの乙女(?)がバレンタインにこの記事ってどうよ!?(爆)
ま、まあKさんへのチョコはとりあえず事前に渡しておきましたので、とりあえずはご心配なくですm(_ _)m
[PR]
by weekend_u | 2007-02-14 23:55 | マニアックスKyoto