<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アホフォト日記 情が移るものについて

Yuuは三歳位までずっとうさぎのタオル人形を持ってたりしたせいか子供のころからうさぎ好きです。
幼稚園の頃うさぎ年だった同級生たちがうらやましくてたまりませんでした(Yuuは遅生まれなんで辰年なんです。初めて辰の絵を見たときにあまりのかわいくなさに自分の生まれを呪いました;)。
なので自然うさぎグッズには目がいくわけで、、、
d0090874_23565386.jpg

このうさぎ、スライド式のミラーなのですがダイヤモンドシティ・ハナ内の雑貨屋さんでみつけたものです。
ほかにも林檎型とか、苺型とか、四つ葉のクローバーをくわえた白い鳥型とか、女子のツボ直撃なデザインに混じって売られてたのですが、、、
うさぎ、ってとこはまあツボ狙いなのでしょうが、、、
この色はなんやねん。
このぶさいくさはどうやねん。
なまじ目が光りもの(ラインストーン)なだけに不気味です。しかもまつげまでついて目が強調されております;
見つけた瞬間一分間くらい固まる衝撃でしたがその日はこれを店先に置いたその店のバイヤーさんのセンスに敬服しつつとりあえず立ち去ったのでした、、
しかし一週間後、再び立ち寄った店先に残るこれを見て購入に踏み切ってしまったわけです。買った瞬間少し後悔しましたが後日同じデザインの白バージョンをロフトで見つけたときはさらに大後悔でした。

白もあるんじゃん。

やっぱり白いほうがかわいかったです。ぶさいくさはかわりませんが。

いっそ白いのを買い直してやろうかとも思ったのですがそしたらこれは部屋のどこかかかばんの底でで忘れ去られてしまうのかと想像すると不憫になってしまい、結局買い直さずに今も愛用してます。
あれですかね。捨て犬を拾ったら情が移ってしまうのと同じですかね。

いっそ名前も付けちゃう?
[PR]
by weekend_u | 2007-06-22 00:34 | アホフォト日記

コレクト魂 おみくじ編 赤山禅院お姿みくじ

ブツ撮りが苦手なYuuですが、カメラ日和やLOVEカメラ、PHaT PHOTOのような女子系写真雑誌を見ているとそれなりにブツ撮りに対する憧れは募るわけです。
で、苦手を改善するためにはどうしたらいいでしょう?
答えは簡単。どのスポ根マンガでもいわれている通り、ひたすら練習しかありません。
ハード面である部屋の整理はしんどいですが(いいから片付けろ;)幸い、ソフト面(被写体)の練習環境は整っています。
どういうことか、、、?
実はYuu、収集癖があります。
かわいいもの、気になるもの(但しYuuの心の琴線に触れるものですから万人がかわいいと思うか気になるかは疑問ですが)を見つけるとつい、集めてしまうんです。
そのコレクション関係の紹介をすることで、楽しみながらブツ撮り技術を磨こうじゃないか。それがこの新コーナーの趣旨だったりします。
また、コレクション増強のために情報なんかも集められたらいいなと思ったり。

さて、栄えある新コーナー第一回で紹介するもの。それはおみくじです。
はい、あの神社やお寺でひいて大吉とか凶とかが出てくる、アレです。
何でそんな地味なものを集めているか、と思うなかれ。
最近のおみくじはすごいんです。

今回紹介するのは京都・修学院離宮近くにある赤山禅院のお姿みくじです。

この赤山禅院。京の東北(鬼門)に位置することから方避け祈願の寺、また、七福神の福禄寿を祀ってるのと名前の赤山=積算とかけて商売繁盛祈願の寺とされています。
そして、ここで有名なのはご本尊、福禄寿を模したおみくじなんです。
d0090874_20211977.jpg

LOVEカメラvol.6の雑貨の撮り方を参考に並べて、ひとつだけ倒してみたりして、レースカーテン越しの柔らかい光でパチリ。

ちなみに人形は木製でろくろで削って大量生産しているようですが顔入れは全て手作業で一つ一つ表情が違います。色違いで四種類(中身は同じ)ありますが、コンプリートしてしまいました;
おみくじは人形の中に入っています。人形の底に穴が開いていておみくじが入っているんですが、穴が小さいので指でつまみ出すことが出来ません。おみくじ売り場で購入時にお寺の人が出しやすいように軽く出してくれることもありますが寺務所に人がいないときとか家に帰って一人で見るときはピンセット(おみくじ売り場にも常備されています)や耳かきのようなものを突っ込んでほじくりだすことになります;
d0090874_20224441.jpg

、、、なんか、エロい罰当たりな行為をしているような気がしてしょうがないのですが、、、。

実はこのおみくじ、結構有名で京都のガイドブックや雑誌の京都特集では8割位の確率で紹介されていたりしています。また、秋には紅葉のきれいなスポットだったりします。しかも市街から微妙に遠いせいか比較的穴場なんです。興味ある方、ぜひ行ってみてくださいね。

赤山禅院アクセス方法:
叡山電鉄修学院駅、市バス修学院離宮道より東山通りを横切る川沿いを登り、赤山禅院の看板が出たら道なりに。合計十五分程度。バスは共通運賃エリア外ですので注意してください。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-17 00:00 | コレクト魂

ボツの沼 フォトピアハーベストクラス終了写真展パート2

まだまだつづく写真展のボツの沼。最近の頭がマリネラ状態にあやかっての花特集です。
d0090874_1851451.jpg

d0090874_18525348.jpg

d0090874_1854696.jpg

テーマは迷い込んだ桜の世界、みたいな?
こうテーマを明文化するとテーマと掛け離れてるってことがまるわかりです。
あと撮り方も偶然に頼りすぎていると思いました。まさしくスナップというかシャッターチャンスや偶然に出会った気になるモノを撮るパターンが多いのです。だから自分の思いを反映した写真がとりにくく、撮影意図がずれてくるんですね。でも楽しいんだもん。ナイスショット。決定的瞬間ばかり並べるとそれなりによく見えるのでいい作品とごまかされてしまうんですよね。
構成に必要な写真を作る努力も必要なんだと痛感しました。
でもブツ撮りのような自分で被写体を動かして構成するのはじつはYuuは苦手です。あれってパワーがいるんですよね。ものを動かすという物理的なパワーも要れば、ものの配置を考えるという精神的なパワーも要るので。なにより撮る前に部屋を掃除しないといかんし(これ一番重要!!爆)

雑貨本や料理本の写真とかあこがれるんですけどね。

次は椿です。
d0090874_18561561.jpg

d0090874_18582260.jpg

d0090874_190424.jpg

朽ちてますね~まさしくテーマは滅び!?ひねりも何もありません。だれでも見える映像。だからボツ。
視点が単純過ぎてもおもしろくなくて見向きもされないし難解過ぎても見てもらえない。写真て意外とむつかしいですよ。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-16 00:00 | ボツの沼

マニアックスKyoto  鴨川にかかる橋

鴨川にかかる橋といいますと東海道終点の三条大橋や牛若丸と弁慶で有名な五条大橋(じつは一本北の松原橋が伝説の地なのですが)が有名ですがYuuが一番好きな鴨川の風景は実は京都市南部に位置する竹田橋だったりします。景色のゆるさ加減を出すためにローライミニデジで撮ってきましたv
d0090874_21114235.jpg

この六十年代を思わせる微妙な朽ち具合(例のあおり効果でゆがんでますが、これもまた朽ち加減の表現と思っていただければ;)
d0090874_21131191.jpg

いまどき健在な車両の重量・速度制限のコンパクトさがつぼです。
d0090874_21154496.jpg

郊外なのと周辺は低地なので大きな建物は見当たらず、土手を降りるとのどかな緑の光景が広がります。
d0090874_21174925.jpg

ときどき一つ北の線路橋を近鉄が通るのですが駅が近いためのどかなスピードでいとおかし。
d0090874_21201886.jpg

五月頃には河原に菜の花(このあたりの菜の花はセイヨウカラシナで3月頃に咲く普通の菜の花とは花期が違います)が満開になります。今年は行ったときは早過ぎてこんなアングルに;来年こそは満開の河原を撮りたい!というわけで時期ハズレ記事が続きます。まあ頭の中はいつでも春みたいなもんなんですけどね。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-15 21:23 | マニアックスKyoto

アホカメ日記 ローライミニデジパート2 おいでませマリネラヘ(^^;)

前にもお話した通り、この週末は週末妻ではない休日だったのですが、何をしていたのかというと、、、

はい、京都中走り回っておりました(^^;)

なんてったってKさんのいない休日、Kさんがいたら出来ない事を片っ端からやってしまおうという魂胆で、最近話題の御所南や北山通りといったおしゃれな雑貨系ショップの点在するスポットとカナート洛北、ダイヤモンドハナといったショッピングモールめぐりをしてきたのですが、、、。

一応買い物もしたかったのですがウインドウショッピングで済ませることが多く(雑貨はかわいいけど高いし;)結局買ったもののリストを改めてみてみると、、、

ティッシュ、綿棒、石けん、まな板、、、

あまりの所帯じみ加減に涙が出てきました。
あくまでおしゃれになりきれないYuuです。

さらにこんな日はトイカメ嫌いのKさんの前ではなかなか使えないトイカメラ・ローライミニデジが出撃です。
ちなみに前回の出撃は寮引越し前の3月でした。寮の引越し準備で週末妻お休みした際、徹夜で荷造りした後遊びに行ったときのことです。
メモリーカード内にはそのときの画像が残ってました;

古い寮の近所にあった府立盲学校。ここの桜は早咲きなんですがそれがまだ咲き始めたころに使って以来だったんですね;
d0090874_181553.jpg

d0090874_184126.jpg

d0090874_1853383.jpg

六月なのに、梅雨入りもしたのになんて画像出してんだといわれる皆様。
ここはマリネラだと思ってください(注:ご存知の方も多いと思いますがマリネラとはあの名(迷)作少女マンガ、パタリロの舞台の架空の国で常春の国という設定です)。
これでノー・プロブレムです(居直りやがった)。

ちなみに今回の画像はまだパソコンに入れてないのでまた次回ということで(さっさと処理しろ;)
[PR]
by weekend_u | 2007-06-14 23:09 | アホカメ日記

輸入食倶楽部 世界のクッキー

輸入食品で一番ふれることが多いのはやはりお菓子だとおもうのです。
d0090874_18175273.jpg

ドイツの会社のクッキーがよりどり二箱で安売りしてました。上がジャムクッキー、下がヘーゼルナッツクリームを挟んだワッフル風クッキー。
昔スウェーデンで食べたジャムクッキーが懐かしくて購入しましたが記憶の味とはやはり違いました(T_T)。もっとクッキーが軽い食感なんです。ああ、あのクッキーをもいちど食べたいものよ(-△,-)
d0090874_1819528.jpg

こちらはフランスクリームのクッキー。フランスクリームとは何かと思いましたがたんなるホワイトチョコでした。黒い粒はブラックカラントです。
d0090874_18333844.jpg

最初はくどさと甘さに衝撃が走りましたが食べるうちに慣れて袋が空になる頃にはおいしく感じる自分が恐い今日このごろ。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-13 18:50 | 輸入食倶楽部

photo diary ドラゴンへの道(但しかなり寄り道多し;)

少し前にTOKIOの鉄腕DASHで相生のペーロンが紹介されましたが、その兄弟分とも言える競漕競技・ドラゴンボートの季節が近づいてきました。
撮影スタッフのKさんもAちゃんもぼちぼち準備を進めているようです。
Yuuも助っ人時々フォトコン挑戦者として参加する予定で、準備を着々と進めています。

Yuuの場合、準備のメインは、ズバリ、日焼け止め選びです。

こらそこ!もともと地黒じゃんとかいうな~(T_T)

ここ数年肌の衰えが顕著なのでUV対策は最重要課題なのです(ーー;)
だからといって適当に日焼け止めを買ってつけてると肌の乾燥や帰宅後のクレンジングが気になって結局使わなくなるのでかなり真剣に選んでます。
ちなみに去年は子供用の肌にやさしいというタイプを使ったのですが、日焼け止め独特の、つけてるあいだの皮膚呼吸できないような肌から水分が吸い取られているような感覚とクレンジングしても肌に残ってボロボロ落ちてくるのがいやで結局使い切れませんでした。
今年の商品の傾向としてはスキンケアやメイクと一体型になった商品が多いようです。
Yuuの今試しているのはこれです。
d0090874_043685.jpg

瓶のほうはコンビニコスメの化粧惑星シリーズ。日焼け止め専門のクリームもでてるのですがスキンケアと化粧下地にできるオールインワンタイプの乳液タイプのほうを購入。これ一本で朝のスキンケアはバッチリです(最も、お肌の曲がり角を曲がってしまったYuuの場合ちゃんと事前に別のケアしてから塗ってますが)塗り心地もよく、塗った後の乾燥や閉塞感は全くありません。
SPF値は15と低いですがこの数値はUVを遮断できる時間で高くなるも数値が大きいからといってUVをさえぎる力が強いわけではないのです。故にこまめに付け直しすれば問題ありません。日中仕事で外出しないし退勤時は残業で日没後のことが多いので朝だけでも充分です。
でもドラゴンボートではも少し強力なアイテムがほしいところ。
そこでもうひとつつかってるのは手前のファンデーションタイプ。こちらはSPF値が30あります。ただ結構乾燥するので買い替えを考えてるきょうこのごろ。
乾燥しにくくて洗い落としやすくてそくそこSPF値のある日焼け止めもしくはファンデーション(色つきのほうが落ち具合がわかるので便利)ないですかね。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-12 23:52 | photo diary

アホカメ日記 ローライミニデジ

トイカメラは使ってみたいけどアホな写りしかしないカメラに万単位の出費は気が引ける、そんなあなたに送るアホカメレポートですが今回は奮発しました(ーー;)
さーて今回のアホカメラさんはー?
d0090874_2354243.jpg

ローライミニデジです。年末にボーナスで衝動買い。小さいのにちゃんと液晶で撮った画像が見れるのが気に入りました。幸い赤バージョン出た後で少し値下がりしてました。こういうコレクター向けの機種はなかなか値下がりしませんね(ーー;)
d0090874_2371311.jpg

あくまでミニチュアなんでダイヤル系はお飾りです。くるくる回せますが全く写りに影響ありません。
d0090874_2384134.jpg

唯一影響あるのがこの巻き上げレバー。これを動かさないとシャッター押しても動きません。マニアには嬉しいですがオート巻上げの時代に育ったYuuは操作にあせります(ーー;)
一応露出はフルオートでシャッタースピードはいくらか動くみたいですが同じ被写体を何回か写していると露出を図る場所の微妙な違いで明るさが違ってきますのでそれで露出調整。また暗いところではシャッター押しても記録されないようです。

写りはこんなのです。いずれも鴨川下流で撮影。五条から十条まで歩きとおしました;このあたりは京都でも観光地化されていないエリアで、古い市営団地や工業地帯が並ぶ60~70年代あたりを思わせる雰囲気がYuuは好きだったりします。
d0090874_23131447.jpg

順光時。明るめですがパリッと硬い感じの絵になります。F値が暗いのとCCDが普通のデジカメより小さいのでパンフォーカスになるのが原因?トイカメらしいゆるさはあまり感じさせません。
d0090874_2316780.jpg

逆光時。こちらはトイカメらしくフレアがすごいです。明るく青みを帯びさせるようレタッチすればこれであなたも川内倫子で、、、(二番煎じだっつーの(ーー)ツ)

次の2点は失敗例、というか弱点。
画像下の水の反射のところに注目。光が強すぎるところでは反転してつぶれてしまいます。
d0090874_23222628.jpg

被写体に対してカメラをあおるように(斜めに)傾けた場合、被写体がゆがむことがあるようです。
d0090874_23245835.jpg

このあたり、気をつけて使っていく必要がありますな(-_-)。



さて、数回に渡りアホカメラを紹介しつつ使ってみましたが写りが楽しいのはいいけど見る人も撮る人もカメラにばかり目がいって写真自体を見れない、見てもらえない感じがしました。やはり作品撮るならちゃんとしたカメラでちゃんとした被写体をちゃんと意味を持たせて撮ってあげるべきかも。
でもこんなアホな写りが気になるときもあるんだな。
ていうわけでまたアホカメラを衝動買いしては紹介していくことと思いますf^_^;
[PR]
by weekend_u | 2007-06-09 00:00 | アホカメ日記

ボツの沼 フォトピアハーベスト写真展1 神社仏閣編

一応このブログ、写真ブログのはずなのですが改めて振り返ってみると写真的にはどうかというものが多かったりします。だから検索ワードが”ゴスペル?”だの”韓国キムチつぼ”だのでヒットしたりするわけです;
大体ブログというものは文章の内容が日常的な話題や小ネタ中心になりがちなので文章のネタにあわせようとすると自然写真が限定されてきます。中にはその場で急いでとったものでお茶を濁しているなんて場合もあります。
逆に、どんなに傑作な写真を撮ってもそれに見合ったネタが浮かばない限り永遠にup出来ないわけです。
しかし真面目ないい写真がupできないなんて写真ブログとしてどうよ?こんなジレンマを解消すべく写真を真面目に分析する新企画を立ち上げてみました。
写真教室の発表やフォトコンに向けて真剣に撮ったのにあえなく没となった没写真。今までも数回upしたことがありますがそれを分析・反省し、今後につなげていこうじゃないかという前向きかつ自虐的な企画です。

今回は先月半ばまで行われていたフォトピアハーベストクラス修了写真展からです。
修了写真展では三枚以上の組を一人一作品展示します。ちなみに採用作品はこれですが展示する組を選ぶ際先生にはねられてしまった作品群を被写体ごとに数回に分けて大公開。今日は寺社仏閣編です。


d0090874_22562289.jpg

d0090874_22582146.jpg

d0090874_2344934.jpg


タイトル;サンクチュアリⅠ
テーマ;日常に存在する宗教物
作画意図;神々しさ&非現実さを出すためにわざと明るく、コントラストを下げてフラットな仕上がりにしています。
ボツ要因;先生曰く、「Yuuさんでも、こんなものに目が行くんですね~、、、没です(瞬殺)」フォトピアは若い人が多いせいか変わった視点の作品が多く、こういう風に先生が言うときは一般的によくある視点の作品であることが多いです。とどのつまり、視点が古臭いということらしい。


d0090874_2364436.jpg

d0090874_2384063.jpg

d0090874_23105747.jpg


タイトル;サンクチュアリⅡ
テーマ;神の庭(なんのことはない、すべて神社仏閣の敷地内で撮ったものだったので。ちなみに撮っているとき脳内テーマソングとしてガーデンという曲が流れてました。Yuuは調子よく撮っているときはよくその写真に関連したテーマ曲が脳内に流れます)
作画意図;①と同様フラットな調子で非現実感を出しています。個人的には3枚目の鯉のにじみ具合がオーラっぽくて神秘的に感じたのでかなりこだわりました。
ボツ要因;①に同じ。
神々しいものを写したいならいっそゴミ箱でそれを見つけるぐらいの勢いでないと驚いてもらえないようです。

まあ、改めて考えてみれば寺社に行きゃ神々しいものなんてごろごろ転がってるんだしそれをそのまま写し取るだけではナンセンスっちゃそうですよね。
また寺社仏閣というところは絵になるところが多く、由来や歴史といったエピソードがあるところだけにそれらに惑わされてそのままの表現をしてしまうようです。

難しいもんですね。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-08 00:00 | ボツの沼

週末妻日記 膀胱炎万歳?

しばらくお休みしている間にネームカードのアクセス解析結果が微妙なことになってました。
d0090874_226958.jpg

ゴスペルで検索してくるのはわかるけど、最後の?はなんじゃいな;
個人的には5番目の韓国キムチつぼも気になります。そんな単語記事に書いた覚えないのですが何でそれで検索できる?;

はい、またしてもお久しぶりのYuuです。
今度は膀胱炎にかかってました;女性に多くトイレが近くなって血尿が出るというアレです。
Yuuはどうやら体質的になりやすいらしく、毎年血尿出してます(-_-)
血尿って、何度見てもびびるもんですね;
まあ、命に関わる病気ではないので薬を飲みつつ仕事には普通に出ています。むしろ、もっと悪化すりゃ仕事休めるのではと思ってしまう自分が気の毒;
ちなみに、Kさんに状況報告したところ、安静にしてろということで週末妻はお休みとなりましたv

やったーv 週末どう過ごそう。(おい)

、、、いや、Kさんが嫌いになったわけではないんですよ?
ただ普段は仕事で職場と家の間を往復のみ(徒歩十五分程度、さらに言うと残業で日没後帰宅が多いので遊べません;)、休日はKさんと二人で過ごしている生活をしていると自分の時間がほとんどないんですもん;
Kさんと過ごしているとあくまでも写真中心で相手のペースを考えてにすごさなくちゃいけないのでやりたいこと(無計画な寄り道とか、お店を覗くだけとか、人ごみの多いところに行くとか、何もないところへ行くとか)を我慢することも多かったのです。

しかしいざ自由になるとどこへ行って何をしたかったのか全く思いつきません。


ど~しよ~(安静にしてろーー;)
[PR]
by weekend_u | 2007-06-07 22:09 | 週末妻日記