<   2008年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

オキナワ補完計画 二日目の晩ご飯・ステーキ四季

さて、宜野湾リサイクルストリート散策後、日も暮れてきたところでこの日の晩ご飯はステーキとなりました。
勿論沖縄、ただのステーキではありません。
実は行く前、サザナミさんに聞かれました。
「ボリューム重視にする?それともビジュアル重視にする?」
じつはYuu、前回のフォトピア撮影旅行ではボリューム重視のお店に行っています(確かにすごいボリュームでした。味もアメリカンでしたが;)。
そこで今回はビジュアル重視の店に行くことにしました。
ちなみに、このビジュアル、という意味は、店員さんがみんなイケメン、という類のものではなく(いや、結構そういう面でのビジュアルもOKでしたが)パフォーマンスをするという意味でのビジュアルです。
そう、あのハワイとかでやってる焼きながら塩と胡椒の瓶をお手玉みたいにしたりするやつです(我ながら貧相な説明だ;)。

お店の名前はステーキ四季といいました。
d0090874_19115735.jpg

これは箸袋です。旅行先の食べ物やさんのパッケージ類やお土産屋の袋に関してはかわいいデザインが多いのに持ち帰っても行方不明になる確率高しなので写真でゲットしています。
ちなみに同じデザインのマッチもあったのですがそちらはコレクター(変なおみくじのほかにマッチ、コースターなんかも集めてます;)なYuu、しっかりゲットさせていただきました。
マッチを大切そうに持って帰るYuuを見た店員さんはこんなものまでくれました。
d0090874_19124750.jpg

このお店、今年35周年を迎えるのだとか。Yuuの生まれるウン年前からパフォーマンスはあったのですね。
そして実はこのうちわ、まだYuuの部屋にあります。旅の思い出の品って、案外こういうしょうもない物が最後に残るような気がします;

さて、肝心のお料理写真ですが。

すいません。撮ってません。

実は、パフォーマンスを見たとき「今年の忘年会のかくし芸に使えるかも!?」とか思ってしまい、必死になって見入っていて写真とってませんでしたすいません!!
しかもかくし芸の方は練習がイヤで結局ボツになり、結局道具もなくお手軽に出来る口笛演奏と相成りました。地味すぎるのでトナカイのコスプレをしたのは過去の記事の通りです、、、。
ちなみに、Yuuたちのテーブルでパフォーマンスして店員さんはまだ始めて間もない方だったらしくどうしても最後が決められずに終わりました、、、(その時点でかくし芸にするのは難しいと気付こうよ自分)。
大阪にも居住経験があり、大阪の思い出はミナミでぼこぼこにされたことという彼(一体ぼこぼこにされるような何をやらかしたんだと心の中で突っ込んだYuuとサザナミさんなのでした)。もっと上達して今もあのお店でステーキを焼いているのでしょうか、、、。

というわけで、お料理やパフォーマンスの画像はないのですが唯一あったびっくり画像を。
d0090874_19154166.jpg

この右側のなべに入った物体は、一体なんでしょうか。

洗剤?

アイスクリーム?

いいえ

ラードの塊です(爆)

ステーキを焼くときは店員さんがここからひとかけへつって鉄板で溶かします。
一体何カロリーあるのか、ボリュームフード大好きなYuuでも想像しただけでめまいがしました;
[PR]
by weekend_u | 2008-03-26 19:18 | オキナワ補完計画

奈良ふしぎ発見 蓬ご飯 3月

奈良の美味しいご飯屋さん・蓬。
三月も行ってきました。

まずは汁物。今月もかす汁でした。
d0090874_2112088.jpg

でも、汁の濃度が二月より濃くなってる!?
Yuu的にはこのくらいの濃度の方が好きなのでOKです(-_-)b
d0090874_2113887.jpg

次に出てきたのはうどんサラダ。
巷のコンビニではパスタサラダが人気ですが、うどんだと適度にドレッシングを吸ってそれが細切りの野菜と絡んで美味しいvドレッシングも市販のものに比べると酸味が柔らかくて美味しかったです。
d0090874_21135744.jpg

鍋物は湯豆腐です。
お出汁には柑橘の汁が高い割合で混ぜられているようで香りがよく、甘め。
ちょっと好みが分かれる味かもしれません。Yuuの味覚ではもう少し塩辛味があってもいいかな、とも思いました。
d0090874_21145386.jpg

次のお皿は炊き合わせです。
季節の菜の花となんと卵焼きを出汁で炊いて煮含めています。実はこのメニュー、Yuuが初めてこの店に行ったときの汁物でも出てきました。最初は卵焼きが汁物に入ってるなんて、、、とびっくりしたのですがこれが食べてみると卵焼きの隅々まで出汁が浸透していて美味しいんです!煮卵のように黄身と白身で食感違ってが違ったり、味のしみこみ具合が違ったり、ぼそぼそしないのもGood!卵焼きを煮る、このアイデアはいただきですよ!!(しかし手間はかかりますがーー;)
卵の上に載った飾りのスプラウトまで、美味しくいただきました。普段ならツマ関係は残してしまうことが多いのですがここは味付けそれぞれが凝っているのでどんなものも食べてみようという気分になります。

そして今月のメインです。
d0090874_21154149.jpg

主菜は鶏の味噌巻カツ。
d0090874_21164351.jpg

熱々の味噌が飛び出てくるので注意ですが美味しいです。添えられているジャガイモの天ぷらは蓬お得意の衣味つきバージョン。やっぱこの味好きだわv
d0090874_21171466.jpg

酢の物はわかめとこんにゃく。柔らかいわかめと弾力のあるこんにゃくの食感のバランスが絶妙です。ごく普通なメニューなのにご馳走に感じます。
d0090874_21201327.jpg

こちらは箸休めの甘味。林檎と杏のコンポート。Yuuは煮た果物は甘すぎるのであまり好きじゃないのですがこれは糖分を抑えているようでやさしい甘さでした。
保存目的で生まれたコンポートを料理として完成させたような感じです。
d0090874_2121822.jpg

勿論若女将特性のよせ豆腐も付いています。
今月のよせ豆腐はわさび味。
最初食べられるか心配だったのですが、わさびのツンとした刺激はなく、さわやかでお子ちゃまでも大丈夫そうな味でした。
脂っこい揚げ物の跡に食べるとバターのような風味と滑らかさ、そして後味のさっぱり感が感じられます。
d0090874_2122159.jpg

今日のデザートは小豆で作られたケーキ風の羊羹。
食感がまさにパウンドケーキであんこのざらっ、べちゃっとした感じが苦手なYuuでもこれは大丈夫でした。
d0090874_21225144.jpg

器のてふてふが春ですねv

実は今回、かす汁のように前回とのメニュー重複があったり、若女将のお店でのサービスもいまひとつさえなかったりしたのですが、実は今月は確定申告で女将母娘はてんやわんやだったとのこと。勤め人のYuuとしては想像の域ですが町に貼られているポスターとか巷の話題を聞いていると相当大変なようなのでそれじゃしょうがなかったかな、と納得しました。

さて、来月四月のメニューもYuuは味わうことが出来るのでしょうか。
乞うご期待。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-24 21:24 | 奈良ふしぎ発見

奈良ふしぎ発見 鹿男あをによし最終回記念・奈良の旅



先日最終回を迎えた連続テレビドラマ「鹿男あをによし」
d0090874_19231334.jpg

関西在住ということもあり、Yuuの周辺ははまる人続出、というわけで某日、「鹿男あをによし」にはまったブロガーさんたちと奈良オフ会に行ってきましたv

当日のメンバーはブタの使い番(ブタ模様の服を着ていたので)ことKさん、りす(何ゆえかは謎;ハムスターでもOK)の使い番ことフローラさん、狸の使い番(滋賀県民なので)ことびわはまさん、そしてうさぎの使い番ことYuuですv

d0090874_19234165.jpg

まずは奈良ビブレ、第1話で堀田イトが奈良県民はマイシカを持っていてビブレに買い物に行くのも鹿に乗っていく、とほらを吹いたときに出た駐輪場です。
d0090874_192482.jpg

駐輪場を真剣に撮る豚の使い番の図。あやしいです。

この日はあいにくの雨、というわけで奈良写真の定番、猿沢の池からの興福寺をちょいとアレンジしてみました。
材料は透明ビニール傘とフラッシュ強制発光のできるデジカメ(今回はEXILIM V7を使用)。傘越しにフラッシュを発光させるとほらこの通り。
d0090874_19243678.jpg

絞りを絞り込むとこうなりました。
d0090874_19245916.jpg

絞りがきれいな6角形をしているファインピクスF31でも試してみたかったのですがピントがうまく合わず断念。

奈良町に入ります。まずは鹿の運び番・小川先生がマドンナ・永岡先生とデートした和風小物屋さん・紅屋(最終回でも使われたとのことで13日にロケがあったそうです)。
d0090874_19253254.jpg

ドラマのポスターの別バージョンが貼ってありました。鹿のポスターはあちこちに貼ってあるのですがたまに朱雀門や東大寺のポスターが貼ってあります。って、店を差し置いてポスターだけしか写してないYuuって;

奈良町のシーンで外観が出ていた菊岡漢方薬の中にも入ってみました。
d0090874_1926360.jpg

こ、こんなところでねずみ発見!!てゆーか、今年はねずみ年なんで和風の店はねずみを飾ってるところが多いんですよね。
d0090874_19263243.jpg

勿論奈良ですから鹿の飾りも多いです。
d0090874_19271866.jpg
d0090874_19275494.jpg

キツネがあれば使い番全部そろうのですがなかったなあ、、、

さらに南へ行くと今度は先生たちの下宿の外観となった家が。
d0090874_19282474.jpg

周辺はこんなところです。ドラマで見覚えがあるのでは?
d0090874_1940142.jpg

ちなみに、ドラマでは鹿が訪問してきたりもするのですが奈良町は大きい道路に囲まれているので本来このあたりには鹿はほとんど来ません。

さらに小川先生が藤原先生と飛鳥に行ったときにお泊りした宿も奈良町の宿でした。
d0090874_1930826.jpg

屋根の上には鐘道さん。京都では軒下に飾られることが多いのですが奈良では屋根の上にいることが多いです。
d0090874_19313492.jpg


さて、お昼ご飯はこの間もご紹介した蓬です。月替わりでメニューが変わっていたので詳しくはまた次号、とりあえず今日は美味しいお料理を激写するリス(ハムスターでもOK)の使い番を激写。
d0090874_1932381.jpg


この後は飛火野へ、小川先生と鹿が待ち合わせる木とその横に小川先生が鹿に突き落とされた川があります。豚の使い番が場面を再現!?
d0090874_1932369.jpg


肝心の鹿は低地に集まっていました。湿地に生えている新芽を貪り食っています。
d0090874_19331450.jpg

遠くから眺める一匹の鹿。なんか、しゃべりそう!?
d0090874_19335352.jpg


次に行った奈良公園は梅が満開でした。
d0090874_19342932.jpg

エンディングのような鹿の突進を撮りたかったのですが、やはり鹿せんべいがないと;150円をケチると結局こんな感じです。みんな下草を食べるのに夢中;
d0090874_19353089.jpg

ドラマでは町中に鹿注意の看板があふれかえってたのですが実際はそんなにありません。せいぜい奈良公園と飛火野の間の道がこんな感じです。
d0090874_19355919.jpg

実際鹿が飛び出すんですよね、ここは。
d0090874_19362952.jpg


さてここからは番外編。
浮見堂では結婚式を終えたばかりのカップルが人力車で通りかかりました。
d0090874_19371956.jpg

どうやら浮見堂をバックに記念撮影をする様子。
写真はイメージです。
d0090874_19374935.jpg

浮見堂から万歳のポーズで新婚カップルを祝った使い番たちなのでした。
ちゃんと写ったかなあ、、、(写るな;てゆーか、加工で消されちゃいますよね、、、)。

その後、ちょっと小腹が空いたわね、ということで当初春日大社で鹿みくじを引く予定だったところをたかばたけ茶論でお茶に変更。
寒い中外の席でがんばりました。

d0090874_1941095.jpg
d0090874_1941228.jpg

このあとは狸の使い番・びわはまさんの門限の関係もありましてツアーはお開きとなったのですが、、、。

実はその後更なる番外編として豚とりす(ハムスターでもOK)とうさぎの使い番はもう一度奈良ビブレ前へ。
小川先生と藤原先生が飲んだおでんやさんがあるはずと探していたのですが見つからず(後でわかったことですが、調べ間違いだったそうです。本当はは奈良町にある店とのことでした)、しょうがないので釜飯の美味しい静香でちょっと早い晩御飯をして帰りました。
d0090874_1942461.jpg

狸の使い番・びわはまさんといっしょにYuuも京都へ帰る予定でしたが一人で化してこちらだけでいい思いしてすいませんでしたm(_ _)m。実はトイレ休憩したかったのですが電車の時間がぎりぎりだったんで残らせていただきました、、、
罰としてしるしをつけられます。ぺちょっ。
d0090874_19423938.jpg

ダメ押しに購入したおみやはフロレスタの豆乳ドーナツです。フロレスタは支店が各地にあるようですが奈良店は袋が鹿マークでした。
d0090874_19431672.jpg

4種類買ったのですがあまりの美味しさに翌朝の朝ごはんに完食しました。特に塩キャラメル味がよかったですv
とっても美味しい旅でしたが、今後の体重が怖いウサギの使い番でした;
[PR]
by weekend_u | 2008-03-22 07:40 | 奈良ふしぎ発見

オキナワ補完計画 沖縄の小学校

宜野湾リサイクルストリート沿いにある小学校。校門前にはこんな看板が立っていました。
d0090874_23371868.jpg

もう一度言いますが、校門前です。
ちなみに公立校です。

、、、歩けよ、いい若い者が。

Yuuが小学生のときは、自動車送迎の登校なんて、ガラスの仮面の姫川亜弓やドラえもんのスネオのような金持ちの子がお城のような私立小学校の前でする事だと思っていましたが。
元々車社会の沖縄では数メートルでも車を使って移動するのが普通とのことですが、県民のメタボ化による長寿県からの転落が問題となっている昨今、子供がこれではどれだけメタボやねん、と地元民のサザナミさんさえも突っ込む始末でした。

さて、所変わってこちらは那覇の県庁前近くにあった小学校です。Yuuの通ってた小学校にもこんな丸い窓があったなあと思いつつ、、、
d0090874_2338123.jpg

校舎の横には赤い花の咲く樹が。学校の樹といえば桜ですが沖縄では一月にさく避寒桜が多いのと時期が残暑の折だったのでそんなものはなく、しかし散り具合がまた桜のイメージと重なったりもして。
d0090874_233859100.jpg

並木も熱帯性の樹木であることが沖縄らしくてものめずらしい感じでした。
d0090874_2339263.jpg

小学校というところは義務教育で一度は通った道であるからか、いやがおうにもノスタルジーを醸し出しています。
現在は事件を予防するために立ち入りはほとんど出来ないですが、外側からつい何枚か撮ってしまったり。怪しいかも、とびくびくしながらもついカメラを向けてしまいます。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-20 23:49 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 宜野湾の町並み

リサイクルストリートを少し外れると昔ながらの生活の場とアメリカ文化が微妙にチャンプルーした町並みが垣間見れます。
d0090874_7352814.jpg

散歩中のYuuたちを見守るわんこ。沖縄のわんこはベランダや屋上にいることが多いです。屋上のある家が多いという住宅事情の関係でしょうか。
d0090874_735565.jpg

地下水の湧き出る昔ながらの水場、水音に癒されます。沖縄ではこれを川と言うそうです。世界遺産に登録された南部にある垣花ヒージャーが有名ですね。
d0090874_7362465.jpg

壁一面が地元高校マーチングバンドの応援看板になっている家。家主がOBなのかな。
d0090874_7394100.jpg
d0090874_7392633.jpg

国道沿いの店の看板、地味ですが突っ込みどころ満載なところは大阪と相通じるところがあります。
d0090874_737398.jpg

町外れのビジネスホテル。アメリカの象徴もかな文字に直すとまったり。
d0090874_7373320.jpg

やはりアメリカ文化が強いせいか沖縄はキリスト教会が多いです(反対に神社は全く見かけませんでした)立派な建物の教会もありますが地味な間借りの教会もあり、そういったところは存在を激しく主張しています。叫んでいます。
d0090874_7381614.jpg

リサイクルストリートの反対の外れは小さな公園でした。おそらく米軍関係者と地元が共同で作ったスペースのようです。看板が鳥居形なのが面白い。沖縄の米軍は基地のマークにも鳥居が入っています。沖縄では神社は全く見かけなかったんだけど日本のイメージとして使ってるのかもしれません。
d0090874_7403589.jpg

こういう観光地ナイズされていない町並みって、結構好きだったりします。地元でも、住宅地とか撮ってみたかったりするのは、生まれ育ったところが団地や新興住宅街で無機質なコンクリートの町並みを見慣れていたせいかもしれません。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-19 07:41

オキナワ補完計画 Yはヤン○ーのY♪

宜野湾リサイクルストリートにて。
おっ、サイドカー発見!
d0090874_7353100.jpg

さすがアメリカ文化の町です。
でもこの持ち主は日本人らしい。

車の持ち主が日本人かそうじゃないかはナンバープレートでわかります(税金の関係上)。
米軍さんのナンバープレートはひらがなじゃなくてY。はい、ヤン○ーのYです;セレッソ大阪のスポンサーじゃない方のヤン○ーです;
d0090874_744189.jpg

宜野湾や北谷、読谷のような本当中部エリアでは結構見かけます。

ちなみに、オキナワのもうひとつの要注意ナンバーは”わ”ナンバー。レンタカーです。
沖縄の道に慣れてない本土人が乗ってることが多いためとか。
Yuuが昔住んでた北海道もレンタカー王国でしたが乗ってる人の出身とか気にせずいたのはやはり道が広く平らなせいかな(北海道人のほうが危険運転が多いという説もあり;)。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-18 07:07 | オキナワ補完計画

photo works 披露宴の撮り方

今回は披露宴の撮影について、前回のFくんRちゃんの結婚式のハイライトを例にして紹介していきたいと思います。

今回の披露宴、まずはケーキカットから始まりました。
d0090874_1221295.jpg
実はこのアングル(新郎側から撮る、下から見上げる)はケーキカットのシーンとしては×です。あくまで主人公は新婦、ということでベストは新婦側から、しかも腕で二人の姿が切れないように上方から撮るのがベスト。というわけで現場では脚立を使いなさい、と言われています。
d0090874_1225934.jpg

今回脚立なしでもこのぐらいの高さからはとれたのですが、Yuu的にはRちゃんの表情が前の画像の方がよいと思うのです、、、別に首切りになってるわけでもないので、この辺で許してくださいよう(--;)
d0090874_1234855.jpg

もちろん、ケーキもゲットです。
d0090874_12419100.jpg

二人の初めての共同作業の跡はナイフの跡だけであまり目立ちませんでしたがしっかりゲットさせていただきましたとも。
ケーキカットやファーストバイトの跡とかも思い出になると思うのですが、見た目崩れたケーキになってしまうのでちゃんとしたケーキも撮って選択の余地をおくのがベストです。ちなみに、ファーストバイトはしっかり二次会でやってもらいましたが(笑)

そして乾杯。
d0090874_1251227.jpg

なんと沖縄からフォトピア同期のTさん(沖縄でお世話になったサザナミさんのだんなさんです)が駆けつけてくださいました。
主賓挨拶として、フォトピア主宰のN先生も挨拶されましたが割愛させていただきます。F君をはじめとしたうちらの同期を「男子豊作の年」、と表現されたおかえしです(女子のうちらの立場は一体~!!笑)ちなみにRちゃんの同期は「女子豊作の年」だったそうで、、、確かに新婦側のフォトピアの席は華やかでしたよちくしょうめ(でもカップル率はこっちのほうが高いぞちくしょうめ笑)。

その後新郎新婦は一旦退場後、キャンドルサービスで再登場。
d0090874_1255679.jpg

これで難しかったのは二人の持つキャンドルが顔にかかること;結構かかっちゃうんです;
d0090874_1262873.jpg

でもそれに気をとられてるといい表情を逃してしまいいまいち地味な写真に。
d0090874_1265960.jpg

やっぱり多少顔にかかってても前の写真のがYuu的には好きです。

そして二人の生い立ちがスライドショーで流れました。
d0090874_1274235.jpg

ミスチルのBGMがまた合うんです。このDVD,引き出物に欲しいくらいでしたよ。
d0090874_1282534.jpg

二人が撮ったお互いの写真もたくさん放出。
カップル写真勝負としてはRちゃんに軍配が上がってたかな。
Rちゃんが撮ったF君の写真は本当に愛がこもってました!
F君のも、愛はあるんだけど技術に気を取られてる感があって、意図的過ぎる感じがしました。
男子って、好きな子をきれいに撮るのが苦手かも女の子写真=グラビアのようにポージングとかシチュエーションにこだわりすぎる傾向があると思います。女子としては自然なところをなおかつきれいに撮ってほしいんですよ。ここアンダーラインですよ、Kさん!!
写真の反応が各卓で全く異なったのが面白かったです(笑)最後に、前撮りしたタキシードとドレス姿の二人が寝そべって上からのアングルで写された写真が出たのですが、Rちゃんの同期席側からは感動のため息が漏れたにもかかわらず、Yuuたちの席からは笑いがもれるという全く正反対の反応が、、、
やはり、女子的視点は純粋なのか!?うちら汚れちまったんですか!?
だって、漫画化ライトノベルの表紙か、韓流映画のポスターみたいだったんだもん。一瞬F君の考えたポーズかと思いましたが、どうやら前撮りカメラマンさんの趣味だったようです。こういうのもありなのね、メモメモ、、、

披露宴のお料理です。美味しかったですv
d0090874_1291930.jpg
d0090874_1293850.jpg

しかし新郎新婦はなかなか食べられないんですよね。でもこのお料理も思い出になるんで食べてるふりだけでも撮っておくといいかも。
d0090874_130101.jpg

ちなみに、普段の仕事でのブライダルだとすきっ腹なので結構つらいんですよ。

と言うわけで今回Yuuは食欲に目がくらみました;
ここからはさらにゆるく席からの撮影のみで済ませています;
d0090874_1305915.jpg
d0090874_1312643.jpg

新郎、新婦各友人の挨拶、そしてかくし芸!?難しいMISIAの歌や伝統の太鼓の技や、みんなすごいな~
d0090874_132206.jpg

そして新婦からの両親への手紙。大抵ここは新婦の号泣しどころなのですがRちゃんは気丈な人でした。しっかりご両親に挨拶をして、そして二人は新たな生活に出発しました。

F君、Rちゃん、そしてお腹の赤ちゃん。
d0090874_1325189.jpg

本当に幸せになってください。

赤ちゃんうまれたら撮らせて欲しいなあ、、、
[PR]
by weekend_u | 2008-03-14 01:20 | photo works

photo works 祝ご結婚。そして結婚式の撮り方

去る三月九日、フォトピア仲間で現在はフォトピアのスタッフをされているF君とフォトピア写真展で同期だったRちゃんの結婚式が行われました。
d0090874_2385361.jpg

昨年よりすでに入籍、新生活を開始していた二人ですがウェディングドレスとウェディングケーキにあこがれる女子としてはやはり結婚式が出来てよかったなと思いますv
本当ににおめでとう、F君、Rちゃん!!

さて、結婚式といえば、現在大阪某所でブライダルフォトグラファーの修行をしているYuuなのですが。
まだ研修中のため報酬はなく、撮影した画像もネガチェックの後処分されている状態です(TT)道のりは険しい、、、実際の現場の画像(銀塩ネガ)は個人情報保護のため持ち出し禁止なのでどんな写真を撮っているか紹介できなかったのですが、今回ブログ掲載についてお二人の許可を得て載せさせていただくことになりました。
がしかし。
今回新郎新婦ともに写真教室の関係者、しかも新郎さんは写真教室のスタッフで、新婦さんは写真奨励賞の受賞経験者、ということもあり、式は二人の家族を差し置いて、高砂の近くの席をフォトピア関係者がいただき、撮りまくるという異例の式だったりしました;会場のテーブルの上には総額百万以上は超えるカメラの数々が、、、ていうか、新郎新婦までがカメラ持参なんですから;
d0090874_23101763.jpg

もちろんプロのフォトグラファーさんなんか呼んではいません(とはいえ、フォトピア主宰のN先生はブライダル出身なので主賓にもかかわらず仕事モードで撮りまくりでしたが)。
d0090874_2316238.jpg

プロのフォトグラファーさんを呼んでいる場合、新郎新婦さんの正式依頼なのでちゃんと撮ってもらう必要がありますから撮影場所は優先して譲ることになります。ので、この状況でプロがいたら怒られます;
d0090874_23144911.jpg

ケーキカット、キャンドルサービスといった一連のイベントもカメラを持った人々が殺到、おそらく後方の家族席からは見えなかったんじゃないかと、、、(といいつつしっかり撮ってたYuuです;)。

さて、今回の式のハイライトですが、、、
まずは新郎新婦入場、すでに会場はシャッターの渦です;
d0090874_23172465.jpg

会場は一応チャペル風だったのですが人前式の式でした。壇上で新郎新婦が結婚の宣誓をします。
d0090874_23182228.jpg

結婚誓約書にサイン。今日の式に参加された方々のサインもいっしょに入っています。
d0090874_23194152.jpg
d0090874_23201010.jpg

ちなみに、ステージののディスプレーや結婚誓約書、リングピローと結婚指輪といった一連の小物類は式の前にしっかりゲットしておくのがブライダルフォトの基本です。というわけでしっかりゲットさせていただきましたv
d0090874_23375472.jpg

d0090874_2321752.jpg
d0090874_23212412.jpg
d0090874_23221768.jpg

そしてリングの交換。
d0090874_23244868.jpg

会場の都合で新郎が串刺し首切りになっているのが申し訳ない;この場合、遠くからでもいいので正面に回って真ん中に十字架が来る形で撮るのがベストなんです。わかっちゃいたんですけど席が奥まってたので正面に回れませんでした;まあ、新婦の表情が見えてるのでよしとしてください。
d0090874_23255164.jpg

交換したリングです、って、芸能人以外でもやるんですね。こうやって見せるの。
d0090874_23262741.jpg

そしてベールアップ、なんか、Rちゃんの神妙な表情が初々しいなあv
d0090874_23272536.jpg

んでキス、なのですがこれも失敗!やっぱり場所が~(言い訳)。
このシーンもベストは遠方からでもいいのであくまで正面、です。ちなみに、キスはやり直しが効かないかつ絶対とらねばならないのでブライダルでは一番緊張、そして後悔度が大きいシーンだったりします(ベールアップまではリハでやることもあるのでそのときに撮ってしまうこともあります)。それにしても、いままで一度も成功したためしがないのが悲しいなあ、、、
いっぱい人影も入っていたので半分近くトリミングしました;ウェブ上では画素数が減っても平気なので助かります。でもいっそカメラに囲まれてるところを撮ったほうがこの式らしくてよかったかも;

そして一通り式は終わり、次は披露宴です。披露宴の画像は以下次号。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-13 23:32 | photo works

オキナワ補完計画 宜野湾リサイクルストリート

サザナミさんと合流後、どこに行くか二人で相談。
実はこの日は沖縄市にてエイサー祭りがあったのですが道路が混むし海上へいっても遠くから見るだけになってしまうということであっさりスルーしちゃいました。
実はこのエイサー祭り、以前にもフォトピア仲間と行く計画をたてていたのですがその当時はYuuは夏休みの日程が合わず本土に居残りとなり、沖縄に上陸した友人たちも台風直撃で祭りは中止となり、暴風によるスーパーサイヤ人化と野戦病院のような空港のキャンセル待ちを体験しながら帰ってきたという伝説の祭りだったりします。それにしてもつくづくエイサーには縁のないYuuたちです。

というわけで、今回ははサザナミさんお勧めの穴場スポットへ行くことにしました。
d0090874_284672.jpg

ここは名づけて宜野湾リサイクルストリート。
那覇から北谷に向かう国道沿いにアンティーク家具を扱うお店が密集している地域です。
このあたりは米軍の基地が多いのですが駐留期間を終えたアメリカ兵たちが官舎で使ってた家財道具を処分していくため、このようなお店が集まっているわけです。
d0090874_292554.jpg

本場アメリカンなデザインが格安で手に入ります。この色合いまさにアメリカンですよね。
日本国内なので関税がかからないので本土のインテリアショップや雑貨屋さんが買い付けに来たりもするようです。

しかし中にはありえない商品もあります。特にインテリア類。どこにおくんやと突っ込みたくなる大理石の狛犬セットや
d0090874_210788.jpg

室内用噴水や(その奥の鏡とかもかなりゴージャスですが;)
d0090874_2103154.jpg

花柄の便器!!や。
d0090874_2115227.jpg

花柄なのはまあ許すとして(それでも十分びっくりですが)、便器、しかも中古品を売ってもいいものなのか。そして今後誰が買うのか、取り付けはどうするのか、いまも気になります。この便器はどこかにもらわれていったのでしょうか、、、

旅人や初心者にお勧めなのは台所用品とかベビーグッズです。かさばらずキッチュなデザインがいっぱい。
d0090874_2123359.jpg

やる気のない熊が乗っているのは赤ちゃん用自家用車。Yuuが子供のころにもあったなあ。
d0090874_2125892.jpg

お店の奥にあったセサミストリートのマグカップ、これはいいかも!と思いましたがよく考えたらマグカップ使う生活してなかった(冷たいお茶を飲むことが多いので)のでパス。仕事場でお茶を飲むときはマグカップですがこれを仕事場で使うのはかなりチャレンジャーかも;
d0090874_2133017.jpg

Yuu的にはホーローの台所用品がかわいくてツボでした。今はやりのファイヤーキングの食器とかもたくさん売られてましたよ。
といってもやはりかさばるし壊れたらやだしそれなりのお値段はするし、買って持って帰った後どこにおくか、果たして自分がそれらを使うような生活をしてるのか、と考えると結局何も手が出ませんでした。

でも見るだけでも楽しかったです。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-12 02:16 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 冷やしぜんざい

おもろまちにてフォトピア仲間で沖縄出身、現在沖縄に在住のサザナミさんと合流。
早速ですが、小腹が空いたのではということでサザナミさんおすすめのお手軽スイーツを食べにおもろまちのショッピングセンターへ行きました。
標的はここのイートインスペースの一角で売られている冷やしぜんざい。これです。
d0090874_2033822.jpg

冷やしぜんざいとは沖縄特有の甘味、金時豆の炊いたのがたっぷりと白玉の上にカキ氷、そして金時豆のシロップがかかっているというもので要するに金時カキ氷の天地逆転版。
なので本来豆と白玉は山盛りの氷に隠れてるのですがここのは持ち運びの都合上豆が上に乗っかっています。
食べてみた感想は、、、

うまいじゃねえか。

豆がメインという感じでカキ氷特有の頭がキーンとする感覚がしなかったのもツボでしたが、金時豆のもちもち感といったら!まるで豆じゃなくて白玉いっぱい食ってますといった感じ(いや白玉も入ってるんだけど、食感がほぼおんなじだったのでびっくり)。
思わず一句でましたよ。

ぜんざいがこんなにうまいものだとは(季語はどれだ;)



いやね、実はYuu,あったかいぜんざいについては幼少時代、実家のぜんざいは美味しくなかったので余計食わず嫌いになってたもんですから。
実家のぜんざいはもちや白玉のかわりにすいとんが入っているタイプだったんです。おそらく親が粉もんとうどんの国生まれで、小さい子供と年寄りもいる家だったのでのどに詰まらせないようにという配慮だったのでしょうが、アレはおいしくなかったです。
小学校の家庭科で初めて白玉を作ってしるこで食べたときは「ああ、、、白玉って、いい、、、」ってしみじみ思った記憶が残っているくらいです。それでも結局あんこがあまり好きじゃないので汁を先にすすって白玉だけじっくりいただくという変な食べ方をしてました;(嫌いなものから先に食べていくタイプ)。
後日談ですが、本土に帰った後、ぜんざいを食べる機会があったのですがやはりだめでした;
どうやらYuuは小豆のつぶあんだとだめみたいです(こしあんなら飲み干せるのでまだ許せる)。
何で本土の金時はみんな小豆なんだろう。
絶対金時豆のほうが美味しいと思うのに。
ビバ本物の金時。
金時カムバック。
[PR]
by weekend_u | 2008-03-08 03:49 | オキナワ補完計画