<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

魁!○T娘(オトコ)塾 ○T娘のランチ080818-080829 

8/18(月)
チーズフライ再び。副菜は白菜ごま油炒め
d0090874_15303157.jpg

満遍なく衣の付いたチーズフライを目指すため、先にチーズを素揚げして柔らかくなってきたところでピーナツ投入。溶けてきた表面にくっつけていくつもりが完全に溶けて混ざってしまいました;
しょうがないのでそのまま一口大にまとめて持っていきましたが、案外おいしかったです。
フロランタンって言うアーモンドをキャラメルでまとめたお菓子がありますが、アレのチーズ味版みたいな感じ。おつまみにぴったりv(しかし食うのは勤務中だ;)。

8/20(水)
渦巻きのり卵とピーナツあえ
d0090874_15311233.jpg

そろそろビジュアルに凝ってみようと思ったのですが。
完璧な渦巻きを目指したのに何故こうなる!?
味は、、、卵がのりの風味を殺してしいる!!(←山岡士郎風にお願いします)。意外と卵ってにおいがきついのですね。
江戸むらさきのような、佃煮系だと合うかも。


8/28(木)
今日はご飯に注目。肉めしです。おかずはブロッコリーのチーズ焼きとごま油炒め
d0090874_15315397.jpg

精進料理が続くとたまにガツンと肉が食べたくなります。肉って日持ちしないしってのが主な理由で別に我慢してるわけじゃないのですが。職場の参加者さんにはダイエットもしくは節約中かと思われ同情されることも。
しかしそれが悪乗りして「最近の若者は我慢が足りない、、、」という年寄りの愚痴に発展していったりするんですね(ーー;)。
戦争・敗戦を乗り越えたのは確かにえらいと思いますが震災・不況・少子高齢化にもまれている現代人だって苦労は同等以上だと思いますよ。なのに認められないし介護対策として搾取(Yuuの職種の場合はお金だけじゃなく労働力としても使われてますし)されてしかもこんな愚痴をこぼされなきゃいけないなんて割に合わないと思いませんか、とちょっと愚痴ってみる。
まあ、しょうもないことなんですが今日は気分的になんか引っかかってしまったんですよね。まだまだ修行が足りません。

むかついても平常心。さらーっと、流せる用にならなければ。

とりあえず肉めしは味はよかったです。が、やはり問題はにおいだ。次に作るときは胡椒多めでいってみます。


8/29(金)
お肉が食べたい第2弾。バンバンジーを作ってみました。
d0090874_1533999.jpg

ゆでたささみをごまドレッシングであえただけの簡単レシピですが、脂分の少ないささみだけにぱさぱさにならないようにゆでるとき気を配りました。
沸騰したゆで汁の中に投入することでたんぱく質を凝固させ、うまみを閉じ込めるのは基本ですが今回はゆで汁に出汁(インスタントですが)を使ってみました。浸透圧の原理で肉の中のうまみが汁に逃げないかな、と思いまして。 ちなみにゆで時間は2分です。
その工夫が功を奏したか、はたまた気のせいか、柔らかくておいしかったです。

出汁は来週のおかずに活用するべく撮ってあります。いそあえのベースにするとおいしいかも。とちょっと楽しみ。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-29 23:45 | 魁!○T娘(オトコ)塾

photo diary 事後報告というか、記録。それにしても遅すぎ

7月から12月にかけて日本全国を巡回しているPHOTO IS 10000人の写真展2008。
すでに終了していますが(8月1日~3日開催)に大阪ハービスホールで開催された大阪展に参加させていただきました。

d0090874_2122100.jpg

タイトル;PHOTO IS 光のenergy ---この光で、一週間を生きてゆく

日ごろ日中の外出機会が出退勤の数分だけというYuuにとって写真を撮れる時間というのは光を浴びていると実感できる貴重な時間なのです(その割にはドラゴンボートのおかげで日焼けしまくってますが)。
そのとき浴びた光のエネルギーで後の一週間を生きていく、そんなYuuの現在を表してみました。
構図は昨年夏ごろ市バスの中で撮った画像をベースに、より光条とゴーストが派手になるように撮りなおしています。

それにしても大阪展からほぼ一月がたとうとしている今、告知遅すぎですね(--;)。
しかもYuu自身、展示自体を見にいけませんでした。参加者としてどうよ(><)。
サテライト会場の選択も作品返却の手続きもしてなかったのでこの作品の写真としての公開はおそらくこれっきりとなるかと思います。
一方、この秋富士フイルムの写真総合サイト”fotonoma"でweb展示も希望された方の作品が公開されるので(勿論Yuuもweb展示希望で出しましたので)今後そちらで見られるかもしれません。

自分以外の人が何を思って写真を撮っているのか、自分がとった写真以外の写真をたくさん見たいと思って応募したイベントなので、公開されたらYuuも早速見に行こうと思います。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-28 21:24 | photo diary

ボツの沼 獲ったど~! カメラのナニワフォトコンテスト「春」

いままで、ドラゴンボートなど、イベント系のマイナーなフォトコンテストでしか入賞したことのないYuuだったのですが。
この度カメラのナニワフォトコンテスト「春」で入賞させていただきました。
これでもうドラゴンボートしか撮れない女なんて誰にも言わせないさ~。

これが入賞作品です。
d0090874_23202427.jpg

タイトル;Garden
カメラのナニワフォトコンテスト「春」まち・スナップ部門 入選

本日8月26日から9月7日まで、カメラのナニワ京都店のギャラリーにて入賞作品展が行われております。お近くにお越しの際はおたちよりいただければうれしいです。
実は8月7日から12日にかけて心斎橋店のギャラリーでも展示されていたのでしたが浮かれて発表して叩かれたり突っ込まれたりするのもあほらしいので発表しないつもりでした。ただ今日入賞展を見させていただき、思ったこともあったのであえて告知することにしました。

入賞作品展で他の作品と見比べて思ったのは、自分の作品の色味の悪さでした。頼むから、となりに中判作品を置かないでほしかったー。余計にアラが見えるから(アイタタタ、、、)。
画像処理に頼りすぎていることに反省です。色とびを避けるため、アンダーに撮る癖があって、極端に明るくしたりコントラストを落とすなどするので全体的に眠い感じになってしまってます。
それに、プリントしての画質を考えるとやはりコンパクトデジタルカメラじゃフル画素(600万)でもリバーサルには太刀打ちできないようです。まあ逆に言えばコンデジと馬鹿にされるカメラでも中版リバーサルとならんで賞をいただけたということである意味万々歳ではあったのですが。

それにしても、他の入賞作品とくらべて格段に色味の悪いこの作品が何故選ばれたのか、自分でも謎です。どういう基準で選ばれたんだろう。まさか人が写ってるからってだけで選んでないでしょうね、ナニワさん!?(写真って、人が写ってるだけで風景だけの写真より珍重される傾向があるんですよね。最近は肖像権の問題で後姿や点景のことも多いですが、、、まあわかっててセレクトしたんですけどね~←Yuuよ、そなたもなかなかワルよのう)。

さて、このナニワのフォトコンテストですが、まち・スナップ部門と花のある風景部門の2部門で同時応募できたので、部門ごとに一作品ずつ応募していました(他に初心者部門というのもあったのですが他の部門と同時応募できなかったので応募してません。お世辞にももう初心者ではないし;)。
もう一つの部門・花のある風景部門に応募したのがこの作品です。
d0090874_23231028.jpg

タイトル;なのはな・たそがれ
カメラのナニワフォトコンテスト「春」花のある風景部門 落選

Yuu的には、入選するならこっちの方だろうと思っていましたが。
しかも、入賞作品展を見ても、並んだ作品の中にこっちの方が混ざっていた方が自然な感じもしたり。

そして、分析。
まあ、多分、敗因はゴーストかな、と。

Yuuはけっこうフレアやゴーストのような光の効果が好きで作品に取り入れたりするのですがネイチャー系審査員にはまだ受け入れられないモノなのかもしれません。

でも好きなのでこれからも撮りますけどね、ゴースト。
てゆーかフォトコンにも送っちゃうけど夜露死苦。ってことで。

ちなみに、今度は店舗展開も全国区のキタムラのフォトコンにも挑戦してみようと思って参考に昨年秋の入賞作品発表のチラシをゲットしたのですが。

見た瞬間、思ったこと。

赤い。
通常の三倍赤い。

ええ、ものの見事に8割がた紅葉の写真でした;そして1.9割が女子供、残り1分がペットとか。

秋=紅葉しかないんかい。
銀杏の立場はどうなる!?(←問題はそこじゃない)

紅葉撮らんと入賞できんとですか;

、、、まあ、だからといって、紅葉撮るのもしゃくなんで、適当に秋らしいいい作品が出来たら応募しますわ。
フォトコンのためだけに写真撮ってるわけじゃないですしね。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-26 23:18 | ボツの沼

魁!○T娘(オトコ)塾 ○T娘のランチ080814

弁当生活もいよいよ一ヶ月、そろそろおかずもマンネリ化きわまってきました。いえ、単にサボってるわけじゃないんですよ;一人暮らしで材料をたくさんそろえることが出来ないためでして;(と言い訳してみる)。
まあそういうわけで、毎回おんなじようなメニューばかり見せられてもイヤでしょうし今週からは新しいメニューを作ったときのみの更新ということで。

8/14(木)
チーズのフライと磯あえ枝豆
d0090874_22205699.jpg

なんとなくボリュームのあるおかずが欲しくなったのと学生時代の飲み会でよく食べた外側サクッ、中とろんのチーズフライが食べたくなって作ってみました。
大抵カマンベールとかで作るようですが癖のあるのは苦手なので6Pチーズで。
衣はローストピーナツです。チーズはつるつるしてるので衣をくっつけるのに苦労しました。
しかも油がもったいないので少量の油で揚げたら溶け崩れて表面の衣がフライパンにくっついてはがれてしまったり;はがれたのを強引に付け直して整形してつめました。
形はアレでしたが、おいしかったです。お勧め!!
磯あえ枝豆ですが、単純に昨日磯あえをして残ったあえ汁の再利用メニューです。おひたし系のメニューで磯あえだけは結構汁が残ってもったいないので枝豆を入れ一日寝かせてからつめました。一旦汁ごと温めてから冷ますと味もしみます。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-21 22:33 | 魁!○T娘(オトコ)塾

photo works びわ湖水上フェスティバル ウォーターボール編

かの鉄腕DASHで紹介され、最近注目されている水上スポーツ、ウォーターボール。
d0090874_1551349.jpg

ルールは簡単。大きな透明ボールの中に入ってひたすら水上を走り、速さを競うというもの。
d0090874_212723.jpg
d0090874_221466.jpg

見ようによっては水から生まれた泡の中に人が入ってるみたいな幻想的な光景。背景に注意を払って写そうものなら、うん、確かにフォトジェニックだわ~、というわけでかテレビ撮影やアマチュアカメラマンが殺到していました。
膨らます途中の半球状の状態は、今上映されている崖の上のポニョのポスターみたい。
d0090874_156951.jpg

これは、、、映画上映期間中に何とかポピュラー化させたいところ!!なのですが、、、
灼熱の密閉空間の中で運動するという状態のため、なかなかハードなスポーツでなのです。中の選手たちはもしものときのために酸素ボンベを持っての参加。
d0090874_2311100.jpg

そういえば鉄腕DASHで紹介されたときも、カロリー消費の大きいスポーツとして紹介されていたような、、、ポピュラー化するには排気・排熱といった安全面が解消してからになりそうです。

そしてこのウォーターボールには滋賀県のスポーツ推進キャラクター、キャッフィーも応援に駆けつけました。
d0090874_254449.jpg

準備を心配そうに見守るキャッフィー、
d0090874_275952.jpg
d0090874_28269.jpg

無事帰ってきてボールの中から出てくる選手をねぎらうキャッフィー。
d0090874_29341.jpg

そして帰っていくキャッフィー、、、ですが自力で桟橋を上がれないため唇を引っ張られながらの帰宅となりました(苦笑)
d0090874_293960.jpg

そんなキャッフィーの祈りが通じたのか、事故もなく、びわ湖水上フェスティバルは無事終了となったのでした。
猛暑日だった八月三日、この日一番の功労者はキャッフィー(の中に入ってた人)かもしれません。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-17 00:00 | photo works

photo works びわ湖水上フェスティバル たらい編

一体誰が考えたんだかって感じですが、新潟の方では桶のような舟で漁をする風習もあることですし案外伝統的!?な水上スポーツ、たらい競漕です。
d0090874_151586.jpg

使用するたらいは直径一メートル程度のプラスチック製。

バランスを崩すと前に進むどころか転覆の恐れ大。事実転覆者が続出しました;
d0090874_163657.jpg
d0090874_171843.jpg
d0090874_175591.jpg

水底に生えてる藻が絡まって貞子か海坊主か!?な人も;
d0090874_184941.jpg

これは、、、転覆してる人には悪いですが見ていて面白いスポーツですね。

一方子供の部では転覆者はひとりもなし。
d0090874_194879.jpg

コースを外れて戻れなくなり、カヌーに曳航されるという場面はありましたが;
d0090874_110277.jpg

子供の運動能力って、すごいですね。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-16 00:00 | photo works

photoworks びわ湖水上フェスティバル カヌー編

実はYuu、大学入学時の学生会の資料ではなぜか部活はカヌー部希望になっていました。
自分でそう言った記憶がない上、根っから文化系なのにどこからカヌーが出てきたのか謎なのですが;結局極左傾向のある団体に追い回されて集会に参加できない理由付けのために勢いで文化部にしては活動時間の多いマンドリンサークルに入ってしまい4年間勉強以外のほとんどの時間をマンドリン漬けで過ごしたのですが、、、
こんなYuuでも縁のあるぐらいポピュラーな水上スポーツ、カヌー。びわ湖水上フェスティバルでも行われました。
d0090874_030983.jpg

そしてさすが湖国の子供たち、カヌーを漕ぐ姿が様になっています。
d0090874_0315285.jpg

水上でカヌーを操りながらの会話なんて芸当も。
d0090874_031486.jpg

とはいえ、やはり技術の差か、上位に食い込むのは地元のカヌークラブ所属の子達が占めたのですがゆっくりゴールした子達にも笑顔が見られ、みんなマイペースに楽しめたようでよかったでした。
さて、カヌー部門ではプロ選手、アジア大会で三位入賞した鈴木寛大選手がエキシビジョンで参加されました。
d0090874_0343288.jpg

d0090874_035919.jpg

やはりプロのパドリングは違いますね。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-15 00:36 | photo works

photo works びわ湖水上フェスティバル ドラゴンボート編

去る8月3日、滋賀県大津市琵琶湖畔にて開催されたびわ湖水上フェスティバルに撮影スタッフとして参加させていただきました。
ミシガンとともに。琵琶湖ならではの風景です。
d0090874_23221674.jpg

主な参加者は地元の子供たちです。
d0090874_2323109.jpg

このイベント、滋賀県が誇る水上スポーツ推進が目的でドラゴンボートのほか、カヌーやたらい競漕、最近テレビで注目され始めた水上スポーツ、ウォーターボートなどが行われました。
特にドラゴンボートは若手の選手発掘、育成の目的も持っています。また、1チームが大人数での参加となるため、団体のチームワーク育成の目的もあるのか子ども会や学校や地域の運動クラブの参加が多くみられました。
d0090874_23234582.jpg
とはいえ、これまでドラゴンボートは初体験という子供たちが大多数。中には召集場所で舟を漕ぐのが自分たちと知って愕然としている子もいたり;
救命胴衣のつけ方がわからなかったり。
d0090874_23253127.jpg

パドルの使い方も付け焼刃でその場で教えてもらったり。
d0090874_23262166.jpg

それでもいざ漕ぎ出した後で、なんか漕ぎ方がおかしい子がいたり(苦笑)。
d0090874_2329188.jpg

それでもいざ競漕となるとそれなりにレースらしくなり。
d0090874_2329533.jpg

再び乗艇場所に帰ってきたときはなかなかの漕ぎっぷりに。
d0090874_23302745.jpg

写真に撮られるポーズも様になっています。
d0090874_2331171.jpg

子供たちも、自分のチームを応援しつつ水辺で戯れつつイベント自体をそれなりに楽しんでいた様子でした。
d0090874_23541852.jpg
d0090874_23315826.jpg
d0090874_2332351.jpg

d0090874_2346535.jpg

おどけた応援もいとおかし。このころの男子って、動きがナチュラルじゃないというか;梅佳代気分でおいしく撮らせていただきました。
d0090874_23332725.jpg


そして今回のドラゴンボートのもう一つのイベント、招待者と飛び入り参加者によるフレンドシップ大会。
昨年のドラゴンキッズ大会のフレンドシップにも招待されていた在滋賀ブラジル人団体が今年も参加。
d0090874_2335139.jpg

対するのは滋賀発のプロバスケチーム・レイクスターズの選手たちと滋賀出身のカヌー選手が加わった連合チーム。
d0090874_23354886.jpg

結果はブラジルチームがラテン系の異様なノリでプロバスケ・カヌー選手混合チームを圧倒して終わりました。ほんと恐るべしラテンパワーです。
選手たちはこの後ドラゴンボートの表彰式にも参加、参加チームの中にはミニバスケクラブの子供たちもいたため、選手たちは大人気でした。
d0090874_23404193.jpg

サインを頼む子達も続出。
d0090874_23412243.jpg

子供たちだけでなく、スタッフのおねいさんもカヌーの鈴木選手のサインをもらって大喜びしてました。
d0090874_23421438.jpg


今回のレースは勝ち負けに熱中して事故を起こさないための配慮か、各チーム二回の競漕参加の合計タイムで順位決定。あまりレース時の順位は関係ないためか始終のどかにレースは進んだのでした。
d0090874_2346577.jpg

この思い出をきっかけにしてここから将来のドラゴンボート選手が生まれたらいいですね。
d0090874_23433754.jpg


次回は今回行われたドラゴンボート以外の競技を紹介していきます。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-14 23:58 | photo works

魁!○T娘(オトコ)塾 ○T娘のランチ080728~080808

毎週恒例の○T娘ランチですが、うっかりびわ湖水上フェスティバルのデータとともにデータをクライアントに提出していたため発表が遅れました。というわけで今回は先週分と先先週分の2週間分を発表です。
弁当作りも三週目となるとそろそろ手抜きが出てきました。
7/28(月)
主菜:ねぎとお揚げのあんかけ 副菜:ポテトサラダ(枝豆入り)
d0090874_083892.jpg

以前作ったあんかけの残りをそのまま投入。しかしいつ食べてもほっとする味。

7/29(火)
主菜:シェ―パーズパイ 副菜:ゆでブロッコリ
d0090874_0114375.jpg

大学生のころ『セイシュンの食卓』という料理番組があり、番組で紹介されたレシピが出版されていたのですがその番外編として『異国のめしーる』という海外の伝統料理の本も出ていて今も実家の本棚においてあります。
d0090874_0145333.jpg

シェーパーズパイはそれに載っていた英国料理の一つ。牛肉を炒めてコンソメで煮込んだものの上にマッシュポテトとチーズを乗せて焼いたもの。

7/30(水)
主菜:卵焼き(刻み大根菜入り) 副菜:ゆでブロッコリ・チーズがけ
d0090874_0161273.jpg

そろそろ弁当開始時に作り置いていた大根菜の炒め物がやばい;ということで、とりあえず古いものは卵焼きにぶち込んでみよう作戦で行ってみました。
ブロッコリは昨日のものにチーズを乗せてレンジでチンしただけ。下までチーズが届かず、味気なかったらいやなのでごまドレッシングもかけておきました。
ちなみに、寮の台所はこんな感じです。
d0090874_018949.jpg


7/31(木)
主菜:枝豆チーズがけ 副菜:白菜ごま油炒め

写真撮り忘れました;
枝豆は昨日のブロッコリと同じノリで作成。
副菜も白菜をいためただけのものですが、ごま油でいためるとただの炒め物も結構おいしいことに感動。

8/1(金)
主菜:スパム 副菜:いそあえ
d0090874_0191817.jpg

スパムを購入したので早速フライパンで焼いてみました。
かなり塩が効いてて食べてて頭が痛くなりました。

8/4(月)
主菜:ポーク卵 副菜:白菜のごま油炒め&枝豆
d0090874_020168.jpg

前回の経験を踏まえ、沖縄風に卵と一緒に焼いてみる。
味はちょうどよくなったが香ばしさがいまいち。卵を入れる前に焼き目をつけとくべきだった;
白菜は炒めると傘が減ってしまい、あわてて枝豆を解凍して混ぜることに。

8/5(火)
主菜:お揚げのピザトースト 副菜:いそあえ
d0090874_0205358.jpg

昔発掘あるある大辞典で低GI食としてパンの代わりに薄揚げを使ったピザトーストが紹介されていた記憶を頼りに作ってみた一品。焼きたてはぱりぱりしていておいしそうなのですが弁当に入れてお昼に食べると湿気を吸ってしわしわになってしまい、おいしくない一品になってしまいました;

8/6(水)
主菜:ポテトサラダ(枝豆入り) 副菜:白菜のごま油炒め
d0090874_0282891.jpg

水曜日は関わりのとり難い患者さんが多く、出社拒否したくなる曜日でもあります。自分と戦うのに精一杯でおかずに工夫なぞしてられません、というわけで既出メニューでお茶を濁します。

8/7(木)
主菜:出汁漬け卵焼き 副菜:ゆずあえ
d0090874_02221100.jpg

春の連休前に閉店してしまった奈良のお食事どころ、蓬で出た卵焼きの煮付けを再現したかったのですが思うように出汁がしみこまず。出汁に漬ける時間が短かったのかも。お店ではどうやって作っていたんでしょうね。

8/8(金)
主菜:オニオングラタン 副菜:ゆでブロッコリゴマドレッシングあえ
d0090874_0294093.jpg

ピザトーストで残っていたたまねぎを使いまわし。たまねぎはスライスしてあめ色になるまで炒め、コンソメスープで煮込んだものにとろけるチーズを乗せて焼きます。
本題ならたまねぎを炒めるのに三十分、煮込みに1時間ぐらいかける料理なのですが量が少ないこともあって二十分ぐらいで完成、しかも時間短縮しても味はおいしかったでした♪
炒めたまねぎが残ったのでまた作ると思います。

さらにこの日はご飯にも一工夫。小さく切ってやきめがつくまでいためたスパムを混ぜてみました。
味はおいしかったのですがスパムの臭いが残るので好き好きかも。
ちなみにこの日いつもと違う弁当箱を使用してますがそれは前日弁当箱を持って帰るのを忘れたため。

暑さもたけなわのこの時期、2日越しの弁当箱がどうなるか、、、
洗うときの惨状はご想像にお任せします、、、
合掌。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-14 00:13 | 魁!○T娘(オトコ)塾

週末妻日記 妻、日焼けする

ドラゴンボートのシーズンに突入し、シーズン期間中はKさんとともに月に1~2回ペースで猛暑の水辺を走りまわっているYuuです。
しかしこの季節、女子として気になるのは日焼け。
Yuuだって人並みにしみ・しわが怖いのでなるべくちゃんとケアしたいのですが日焼け止めは刺激が強すぎて苦手なんです;
それでも最近のはだいぶ改良されてきついといわれるSPF50でも昔のと比べると感動ものにマイルドなのですが顔に塗ると目に入ってムスカ状態(目が、目があ~)になってしまうのがツライ;
カメラマンは目が命だし(紫外線も目にダメージを与えますが日焼け止めのほうが明らかに物理的ダメージが強いと思います)。
帽子と長袖の上着着用で気をつけていたのですが、、、こんなことになってしまいました;
d0090874_20322922.jpg

ストラップの後がくっきりと~(TT)
土方焼けならぬ、カメラマン焼けです;

仕方がないのでアフターケアをきっちりしなければ。
水で冷やして、ローションパックして、スキンケアして。
実はこれも全部苦手なんですけどね~。
ケアしている間の手持ち無沙汰な時間が苦手なんです。
しょうがないのでお風呂に入りながらケアします。
のぼせやすいので(自宅の風呂で倒れた瞬間浴槽であごを打ち、前歯で唇を切った跡がいまだに残ってたり、旅行先の大浴場でぶっ倒れて知らないおばちゃんに介抱されたりしたことあり)一工夫。
熱めのお湯で半身浴状態で冷水シャワーで日焼けしたところを冷やします。浴槽がいっぱいになるころにはいい温度で体もあったまって日焼けの火照りもましになってます。水も流すわけではないので経済的v
昨日今日あたりから無事新陳代謝も始まり、皮がむけてきました。ビバ日焼けに強い遺伝子(但しイーコール色黒の遺伝子;)。

もしKさんが別れ話で日焼けを気にせず女を捨てているところがいやだなどと切り出した場合は、そこはきっちり異議申し立てをしようと今から心に誓っているYuuだったりします。

誰のせいだ。
てゆーか他に不満な点はいっぱいあるかもしれませんが;

ところで、こんな感じでほとんど毎週末Kさんと行動をともにしているYuuですが、今週末8月10日はKさんが同窓会で帰省するため。週末妻は久しぶりにお休みです。
仏滅なので、ブライダル撮影も入らないので、妻、浮気し放題(!?)です。

だれか、遊んでください。
[PR]
by weekend_u | 2008-08-07 20:49 | 週末妻日記