<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

photo diary おいでませ2010

ちょっと早いですが。今日でマイパソコンは仕事納めなんで。

2009年、大変お世話になりました。
やはり年越しとなってしまいましたドラゴンボートに大久野島、あとくされありまくりのブログですが今後ともどうぞよろしくお願いします。
d0090874_15581710.jpg

ちなみにこの虎の写真、今年の年賀状印刷に間に合わず。
アナログ年賀状は以前乗せた目うつろなトラ猫で代用しました(職場は猫好きだらけなのになんてチャレンジャー;)。
来年(いや、まだ再来年か=うさぎ年)なら素材いっぱいあるんだけどな、、、
鬼大笑いですな;

まあ、それはともかく。
皆様、どうぞよいお年を。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-31 00:00 | photo diary

go west2008 大久野島の戦争遺跡(とうさぎ)

さて大久野島の散策ですが。島周囲をぐるっと回るなら国民休暇村でレンタサイクルを借りるのがお手軽です。
しかし島中心部へはこんな道や
d0090874_14234885.jpg

あんな道をいかねばなりません。
d0090874_14261261.jpg

道の険しさと状態にひるまず上ればこんな展望台にたどり着けます。う~ん、アドベンチャー。
d0090874_14312214.jpg

そしてうさぎ萌えですが廃墟萌えでもあるYuu、大久野島のもう一つのハイライト・戦争遺跡散策ははずせません。
d0090874_14502927.jpg

こんな感じの建造物があるわけです。関西では和歌山の加太・友が島にあるものも有名ですね。
砲台跡は山の上にあります(そりゃ見通しのいいところにないと意味ないし)。となると自転車じゃ絶対無理;と言うことで徒歩で巡りました。周囲4kmくらいの小さな島なんで歩けないことはありません。
海沿いに歩くとのどかな瀬戸の風景が広がります。
d0090874_14124162.jpg

d0090874_14142541.jpg
d0090874_14151822.jpg
d0090874_1416798.jpg
d0090874_14165131.jpg

小さな砂浜もあります。
d0090874_14175676.jpg

砂浜に行くとついビーチコーミングをしてしまうYuuですが、拾ったものを持ち帰るのは荷物になるし貝殻なんかは乾燥すると色あせてしまうためいずれは捨ててしまうことになるため写真できれいな状態を記録します。
d0090874_1418541.jpg
d0090874_14194435.jpg

写真はサザエの小さい貝殻とイカの甲と思われます。

島のあちこちにはこの島のもうひとつの一面が残っています。
それは第2次大戦中毒ガスの秘密工場の島だったこと。
国民休暇村の隣に残っている研究所の建物はそのまま資料館になっています。
d0090874_14342952.jpg

休暇村の反対隣には大砲か何かをしまっておくためのものかアーチ上の建造物と台座が。
d0090874_14362711.jpg
d0090874_1438377.jpg

海沿いにある有名な毒ガス貯蔵庫跡。
d0090874_14393912.jpg

いずれも柵がしてあって立ち入り禁止になっていますが、山の上にある砲台や火薬庫、兵舎の跡には入れるところもありました。
d0090874_14423517.jpg
d0090874_14435362.jpg
d0090874_14444777.jpg

d0090874_14462565.jpg

d0090874_1451516.jpg
d0090874_14523444.jpg

ちいさなコンクリート製の建造物。これも戦争時代のものでしょうか。
d0090874_14565937.jpg
d0090874_14593032.jpg

山頂の砲台跡からはもとの道をたどってふもとに戻り、海沿いを桟橋近くの発電所跡を経由して桟橋から国民休暇村方面へ戻るのかセオリーなのですが後戻りが嫌いな性格(同じ景色を二度見ることになるため)のYuu,別の道をとりました。発電所のほうに出れるのかと思いきや、出たのは毒ガス貯蔵庫の手前にある国民休暇村のグラウンド前。後戻り嫌いなのにさっき通った所に来てしまいました。
しかしグラウンドに出る手前の林で戦争遺跡らしきコンクリートの物体が並んでいる場所を発見。
d0090874_1511623.jpg

地図に載っていないレアな廃墟に満足するYuu(廃墟萌え)なのでした。
さらにそこを住処にしているうさぎたちもいてうさぎ萌えまで満たされます。
d0090874_15991.jpg
d0090874_1574643.jpg

d0090874_15105569.jpg

ちなみにここは紫陽花をはじめとした低木が藪を作っていて涼しく、うさぎにも住みやすい場所のようです。
d0090874_154355.jpg

d0090874_15125790.jpg

d0090874_15142152.jpg

d0090874_15162953.jpg

そのためか餌の食いつきが違います。
d0090874_15152065.jpg

膝まで上ってきたのは、、、こないだがっつき顔を載せた眉毛くんではないですか!!
d0090874_1520469.jpg

どうやらこの辺りが縄張りのようです。
d0090874_15173783.jpg

廃墟とうさぎのミスマッチ。楽しめる確率が高いのはほかにも発電所跡があります。
d0090874_1526020.jpg

発電所跡には島散策中に行き着けなかったのですが桟橋の近くだったため帰りのフェリーの待ち時間中に訪れました。
d0090874_15293544.jpg

時々内部を撮影した写真がウェブに出てますがYuuが訪れたときは立ち入り禁止になっていたので外観のみ。
d0090874_1528398.jpg

d0090874_15305994.jpg

d0090874_153342.jpg
d0090874_1534043.jpg

d0090874_15344098.jpg

ヒトが滅んで街が森に還ったらこんな風景になるのに違いない、と思う風景です。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-29 13:57 | go west 2008

Go west 2008 隠れウサギタン

秋の話ですいませんが。
今年の十五夜、Googleのタイトルが月とうさぎ柄になっていたのを見て職場でパソコンを開いた瞬間思わず「、、、うさぎっ」とつぶやいてしまったうさぎ好き・Yuuです。
でも職場には他にすでにうさぎラヴァーがいるため、Yuuのうさぎ好きは内緒だったりするのです(そしてパンダ好きに思われているのは以前にも書いた通りです)。
隠れキリシタンならぬ、隠れウサギタンなのです。
仕方がないのでブログの片隅でうさぎへの愛を叫ばせていただきます。
うさぎ、好きじゃー!!
d0090874_237220.jpg

そんなわけで、大久野島うさぎ写真特集、今回は隠れつながりで日差しから隠れて木陰に避難していたうさぎたちのお宅ならぬ木陰訪問です。
大きな木の下でくつろいでるのもいれば。
d0090874_23106100.jpg

低木の合間にこんな感じに隠れているのもいます。
d0090874_23451335.jpg

特に地面すれすれまで葉っぱが覆うソテツが人気のようです。
d0090874_2383942.jpg

d0090874_23361416.jpg

d0090874_23392417.jpg

d0090874_23411997.jpg

こちらは自家製半地下付き。
d0090874_2343097.jpg

d0090874_23303772.jpg

日差しをしのぐ葉っぱも立派な餌になります。ソテツの葉っぱはちょっと硬そうですがよくかじられていました。うまいのか!?
d0090874_23123127.jpg

でもやっぱり野菜の方がいいようです。
d0090874_2314994.jpg

一方こちらの夾竹桃は人間でも致死性がある猛毒の木。島にも結構生えているのですが毒とわかっているのか食べるうさぎはいないようです。
d0090874_23465024.jpg

そういえば奈良公園に馬酔木が多いのは毒とわかっていて鹿が食べないためだとか。恐るべし、野生の知恵。
有毒なのか無毒なのか謎なきのこはとりあえずつかず離れずお友達から。
d0090874_23514955.jpg

にしても、足がだらしないっすね君。
じつはべったり寝そべっていることが多いのは冷たい地面にお腹をつけて涼をとる為なのでした。
d0090874_2354272.jpg

d0090874_23553498.jpg
d0090874_23565797.jpg

頭隠して尻隠さず。
d0090874_021735.jpg

中にはこんなセクシーポーズも出てきたり。
d0090874_2358546.jpg

思わずイイネイイネ!とグラビアフォトグラファー化するYuuなのでした。
じゃあ、今度は尻尾見せてみようか。
こう?
d0090874_23592388.jpg

う~ん、至福です(///▽///)。

さて、時間はまだ午前中。日差しはどんどん暑くなりなかなか木陰から出てくる気配のないうさぎたちにひとまず別れを告げ、島内の探検に出ることにしました。
勿論行く先々のうさぎは必ず写真ゲットしていきます。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-24 23:14 | go west 2008

Go west 2008 うさぎにまみれる animal

2009年年の瀬も迫っていると言うのにまだ2008年の夏の旅をひきずっているYuuです。
ハイライトのうさぎの島・大久野島特集。というわけで。
予告どおり、うさぎにまみれさせていただきます。
まずは前回遠景だった第1うさぎから。
d0090874_20284774.jpg

近くで見ると眉間(うさぎに眉間はあるのか?)に傷が、、、。フェニックス一輝みたいです(年がばれます;)。
そして木陰でくつろぐ第2・第3うさぎ。
d0090874_20305723.jpg

ちなみに白毛の第3うさぎは木陰でじっとしたままなかなか動かず食欲もなく、ちょっと心配だったのですが
d0090874_20343085.jpg
d0090874_20324797.jpg

しばらく後で見てみると常連の観光客があげたらしい生野菜をがっつりいただいておられました。
d0090874_2036428.jpg

キャベツを死守しております(苦笑)
d0090874_20381050.jpg

どうやらペレットより生野菜の方がうさぎたちの好みな様子。心なしか表情もうっとりです。
d0090874_20391614.jpg

ちなみに生野菜はokですが、調理した食べ物やお菓子は病気の元になるので上げられませんので気をつけましょう。

この日、残暑厳しい9月初め日差しのキツイ時間帯だったこともあり、うさぎたちもばて気味でした。
餌にも最初は勢いよく寄っては来るのですが、少し食べるとすぐ木陰へ直行してしまいます。
d0090874_20493578.jpg

くわっ!って感じのガブリよりっぷりの黒ウサギさん。
d0090874_20503746.jpg

眉毛がチャームポイントですv

まあ、考えてみればうさぎって、雪の中も元気に動き回ってたりして案外冬型の生き物なんですよね。この時期来たのはちょっと計算違いでしたね、、、と餌が勝手に寄って来るのをいいことに木陰へのローテーション作戦を展開中のこいつらを見てしみじみ思ったYuuなのでした。
d0090874_20424112.jpg

d0090874_2044068.jpg

ちなみに、ベストシーズンは子ウサギがかわいい盛りの春先だそうです。

さらに計算違いだったのは島上陸直後うさぎたちを見て頭にに血が上った勢いでうさぎの餌を2袋も買ってしまっていたこと。
d0090874_20412424.jpg

半分近く余っていたた2袋目は帰り間際、日差しが弱まった頃に出会った元気なウサギ3兄弟に食べていただいたのでした。
d0090874_20544784.jpg

わーいv
d0090874_20572131.jpg

わーいv
d0090874_2059567.jpg

たくさんもらったぜ、イエー、とでもいいたげなピースサインです。
d0090874_2102326.jpg

シメはドアップでヨロシクドーゾ。
d0090874_2114420.jpg

次回はお休み中のウサギたちの部屋ならぬ、木陰に潜入です。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-21 20:23 | go west 2008

Go west2008 うさぎ島への道

こちらもそろそろ二年越しになりかねない2008年の夏休み旅行記・鉄のくじらとうさぎに出会う旅、いよいよ最終日にして旅行のハイライト・うさぎの島へ向かいます。
天気は晴れ。渡船の始発に間に合うよう朝七時にホテルを出発することに。
d0090874_0445680.jpg

新幹線も止まる三島駅。高架の大きな駅ですが乗るのは前の日も乗った(とはいえ夜だったため真っ暗だったし居眠りしてたのでほとんど様子は覚えておらず;)ローカル線・呉線です。
d0090874_0475328.jpg

クリーム色の地色にトリコロールカラーが味のある電車で出発です。
d0090874_050610.jpg

向かいのホームには一昨日来た道を行く電車が。
d0090874_0513338.jpg

たった2日前のことなのに妙に播州赤穂の文字が懐かしく感じます。

駅はちょうど通学時間と合致していたのか、学生さんが多かったでした。
d0090874_162343.jpg
d0090874_0593687.jpg

尾道でも思ったのですが広島、セーラー服率が高いですね。
中にはこんな変わったデザインの学校も。
d0090874_185284.jpg

かわいいのはいいけど、冠婚葬祭時はどうするんだろう、との発想に結びつく時点でもはや自分は大人の階段登りきってしまったのだなあと実感するYuuなのでした。
d0090874_1135412.jpg

大久野島への渡船最寄の忠海駅までは呉線で15分ほど。延々海の景色が続き、途中の駅も浜に直結する小さな駅ばかりなのですが。
そういえば乗り合わせたセーラー服の一人がえらくその風景に感動しまくって写メをとりまくっていました。一緒の集団はその子を暖かく見守っている感じ。
同じ制服が他にも多く乗り込んでいたので地元の高校のはずなのですがその感動のしっぷりにもしかして彼女は最近この辺りに転校してきたのではないだろうかとか、高校の転校は編入試験があったりして結構大変なはずだしきっと紆余曲折を経て彼女は広島の浜辺の町にやってきたのにちがいないとか、一緒にいるのは彼女のなかよしグループでそんな彼女をやさしく見守っているのだとかさわやか青春ストーリーをいろいろ妄想しているうちに忠海駅に到着。
d0090874_1155212.jpg

渡船の桟橋は駅の裏手にあります。なかなか立派な桟橋です。
d0090874_1165680.jpg

乗り込んだのはその日始発の便でした。
d0090874_1195127.jpg

d0090874_1223462.jpg

ちなみにインターネットでは三原からの便もあるとの情報も流れていた大久野島の渡船ですが実際は現在運行しているのはここ忠海のみのようです。しかもこれまたネット情報より減便されていてショックでした。廃止になる前にもう一度行っておきたいものです。

そして島に到着。島にある国民休暇村の無料送迎バスに乗って島の中心部である国民休暇村前まで行きます。
国民休暇村は島唯一の観光拠点のため、宿泊しない人でも送迎バスに乗せてもらえたり荷物を預かってもらえたり出来ます。またフロントにはうさぎの餌が売られていたり、うさぎにかまれたくない人用のミトンを貸し出ししたりしています。
うさぎの餌を2袋ゲットしていざ、島のうさぎにご対面。
早速第1うさぎを発見です!
d0090874_1241147.jpg

多分次回はうさぎまみれです。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-04 00:56 | go west 2008

魁!○T娘(オトコ)塾 はあ~♪月がきれいだな~♪

お久しぶりです。
昨日が満月だったので、今年の十五夜に撮った一枚を。
アップ遅いわな上に仕事帰りにゴスペル教室に向かうバスの中からの撮影というやる気のなさですが、一応これぞ満月オブ満月なので。
d0090874_02524100.jpg

月といえば。
ここ最近、職場に流れている童謡のCDに入っている「月夜のポンチャラリン」という曲が頭から離れません。
盆踊り風の曲なんで旋律がお決まりパターン化しているせいか、そもそも童謡は旋律が単純なのでは頭に残る作りのためか、気を緩めると「はあ~♪月がきれいだな~♪」と歌ってしまいそうです。
恐るべし、童謡。
またこの曲歌ってる歌手(声は歌のおねえさん風)が結構うまいんだ。

実はうちの職場は上司をはじめ天文好きが多く、結構月だの流星群だの日食だの月食だの惑星の接近だのとかが職場の職員間の話題に出てきます。
今日も昨晩の満月をネタに月の模様がうさぎ以外の何に見えるかという話題で盛り上がっていました。
何でもロシアやアイヌといった北方民族ではでは明るい部分が少年の横顔に見えるそうです。これはYuuははじめて聞きました。
黒い部分とあわせてお下げの女の子に見えるという説は聞いたことあるんですが。
他にもカニとか。

まあでも、基本、うさぎですよね(強制)。

というわけで、次回から2008年夏休みの大久野島の写真を順次アップしていく予定。
できれば、二年越しにはしたくはないし、、、(なぜか消極的)。
ドラゴンボートはどうした、と言われそうですが、、、
がんばります、、、

どちらも、年内に終わるといいなあ、、、(もはや終わらせようという気力も薄い)。
[PR]
by weekend_u | 2009-12-03 23:10 | 魁!○T娘(オトコ)塾