<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

photo works 2010年7月3日 ドラゴンボートびわ湖スプリント選手権

いよいよ今年もドラゴンボートのシーズン突入です。
今年の一番手はびわ湖スプリント選手権。滋賀県大津市の琵琶湖競艇場で行われました。
d0090874_21381199.jpg


今年も雨の中の開催となりましたびわ湖スプリント。滋賀の大会はよく雨にたたられます。そういえば数年前の1000m選手権は大雨と落雷の中、遅らせての開催になったりもしましたが、今回は今はやりのゲリラ豪雨とはいえ雨だけだし、どうせぬれるスポーツだし、と言うわけで試合は滞りなく進みます。
というわけで、みんなずぶぬれです。
d0090874_2139827.jpg

特に中学生の部ではバケツをひっくり返したような雨となり、ちょっとかわいそうなことになってました;
d0090874_21443565.jpg


閉会式の時点ではなんと大雨洪水警報が発令されるほどの雨となりましたがぎりぎりセーフでしたね;
まあ、びわ湖大会は競艇場の屋内施設を使えるので雨でもそれほど困ることははありません。乗艇場所も屋根つきなのでそこから撮影すればぬれるのも最小限ですみます。
と言うわけで、屋根の下から楽させてもらいました。ていうか、琵琶湖競艇場は結構広いので選手の顔をはっきり写そうと思うと一般客席エリアからじゃ全くゴマ粒状態なんで;
d0090874_2142975.jpg

d0090874_2142452.jpg

d0090874_21431170.jpg

d0090874_21433519.jpg


最悪、建物の客席から試合風景を撮影することも可能です。
d0090874_21465160.jpg


今回初めて屋内の客席から撮ってみたのですが、2Fで高さがあるので見渡せる構図がなんかとっても新鮮でした。
ポスター用にどうだろうと思って実力が伯仲しているレースを狙ってレース風景を撮ってみたのですが、画面が静かな感じになってしまうと言うか、きれいにまとまってしまう感じで血沸き肉躍るスポーツ写真!!と言う感じじゃないかも。あまりドラゴンボートの写真向きじゃないかもしれません。
d0090874_21475337.jpg


しかし昨今特有のゲリラ雨には参りましたね;
なるべくぬれないようにしていたにも関わらず、水滴によるカメラ動作不良やレンズの曇りが発生、それらと格闘しながらの撮影となりました。
レンズの曇り、時と場合によっては幻想的な感じのイメージを提供してくれるのですが、、、

なんか、真剣勝負の試合中に幻想的になられても~;
と言うわけで、やはり厄介です。
d0090874_21484084.jpg
d0090874_21485435.jpg


準備体操をしている琵琶湖ドラゴンボートクラブの皆さんも晴れ乞いの踊りを踊っている小人さんのように見えてしまいました;

閉会式のチアリーダーの演技もソフトがかかって残念なことに、、、;
d0090874_21503365.jpg

d0090874_21505019.jpg


残念と言えば、今年は土曜日開催で社会人選手の休みが取りにくかったのと世界大会の代表キップがかかる天神大会が近いこともあり、参加を見送ったチームが多かったようです。今年はチーム数も少なく地元チーム中心でのちょっとさびしい大会となりました。
琵琶湖での大会はいつも入賞賞品が豪華なのでみんな来たらよかったのにねえ、、、とか思いつつ。
琵琶湖は今後も1000m選手権が行われますので、各チームの方々は是非!来てもらえれば、と思います。

入賞すれば、近江牛とお米が待ってますよ(多分)v
[PR]
by weekend_u | 2010-07-21 21:53 | photo works

photo diary 2010年5月2日 寺内町 富田

以前のタチアオイの記事の最寄の駅である富田。マイナーな地域ながら実は寺内町の町並みが残る歴史ある街と紹介されてるのを高槻の観光案内所で見て足を運んでみました。

寺内町とは主に浄土真宗系の寺院の敷地や周りに信者たちが集まって形成された街のことで奈良の今井町とか大阪の平野、富田林の美観地区が有名です。

駅から街の入口まではレトロな商店街になっています。やたらディスプレイが華やかな肉屋さん発見。ディスプレイも驚きですが肉単体の商店なのに大規模なのもすごい。大型店メインの現代では珍しい光景です。
d0090874_20584414.jpg


みちばたにはこれまた関西では珍しい石敢当。(沖縄の道端の祠)おそらくこの前の店舗(現在は廃屋でしたが)が沖縄系のお店でそのオーナーが建てたものではないかと思われ。
d0090874_20595265.jpg
 

さて、寺内町地区に到着しました。
寺内町の中心にはたいてい街の中心をなす大きな寺があります。
d0090874_2103998.jpg

d0090874_211293.jpg
 

お寺には必須アイテムの仏具屋さんも健在。何てったって陳列場を別に持ってるぐらいだから相当な規模です。
d0090874_2113361.jpg


つくり酒屋があり、レトロな景観のメインをになってます。
d0090874_212181.jpg


古い町並みでも郊外のニュータウンとかより取り残され感が少ないのはそれを受け入れて自分達でそのレトロを守っているからかもしれません。
d0090874_2131527.jpg

d0090874_2132945.jpg


神社や宗派の違う寺院が街に出てくると寺内町を抜けた感じがします。
d0090874_2149100.jpg

d0090874_2142899.jpg


魚型の木魚は禅宗のお寺のシンボル。宇治の萬福寺が有名ですね。
d0090874_2145866.jpg


ここからは阪急のほうが近いので阪急総持寺駅から京都方面へ向かいました。
駅前は夕日の似合う商店街でした。
d0090874_2154678.jpg


一日のフィナーレにふさわしい光景です。
[PR]
by weekend_u | 2010-07-17 21:08 | photo diary

photo diary 2010年5月29日 加茂

干支みくじコンプリートに釣られて海住山寺がメインの旅程となりました木津川市加茂。
d0090874_18293148.jpg


駅前こそ高層マンションの立つベッドタウン的な町並みでしたが少し歩くと田植えしたての田園や板張りのむかしながらの集落、古い家や商店がならぶ昔ながらの味のある風景が楽しめる地域でした。
d0090874_18391865.jpg

d0090874_1831459.jpg

d0090874_18313856.jpg
d0090874_1834437.jpg

d0090874_183241100.jpg
d0090874_1837966.jpg

d0090874_1838481.jpg

d0090874_1838337.jpg

d0090874_1845348.jpg


幻の都.恭仁京が築かれた土地でもあり、学校のうらや野原のなかに遺跡の礎石が転がっています。
d0090874_18432091.jpg

d0090874_18434015.jpg


また戦前の廃線跡・大仏線の跡があることでも有名です。
d0090874_18401052.jpg


この鉄橋は現役ですが。残念ながら廃線はよほど必要性がないかぎりはつぶしてしまうのでマニアでないと解らないくらいしか残ってないとのこと。
なんか古い煉瓦のアーチ橋とかあるみたいですがそれだけをとりに行くのもねえ、というかんじで。
同じ理由で加茂の次の駅で昔懐かしの沈下橋があるそうなのですが行けませんでした。
見てみたいけどわざわざ交通費だして見に行くには気が引ける風が結構あるのですが。だれかつれてってくれないかなあ。
[PR]
by weekend_u | 2010-07-13 18:42 | photo diary

photo diary 2010年5月4日 御前浜

兵庫県西宮市の御前浜は阪神地区の数少ない浜辺の一つ。
d0090874_1992478.jpg

d0090874_1995330.jpg
 

小学校の遠足でいったっきりだったこの浜辺、数年前関西のOLを対象にした情報誌に写真が素敵な記事で紹介されていたのです。
まねして撮りにいったのがきっかけでそれ以来なぜか毎年この時期に訪れています。

泳いだり潮干狩りはできないのでバーベキューやまったり浜で過ごすひとが多いちいさな浜辺です。またウインドサーフィンや水上スキー(てかボード)の練習場があるのでその練習風景をみるのもなかなかいとおかしなのです。
d0090874_19132993.jpg


数年前はボートで引っ張ってた練習場。いまはロープウェー式のフルオートになってます。猛スピードで機械に引っ張らせるというなかなかどMなスポーツですな(^_^;)
d0090874_1914296.jpg


浜のシンボル的存在だった巨大アロエが弱っていたのが気になりました。
d0090874_19145992.jpg


変わりなく見える浜の光景も少しずつ変わりつつあるようです。
[PR]
by weekend_u | 2010-07-11 19:16 | photo diary

photo diary 2010年5月4日 西宮南部

Yuuの実家のある兵庫県西宮市。
南北に細長く、真ん中辺りを六甲山地に分断されているため同じ市内でも街の雰囲気が各地域で全く異なります。

例えばYuuの実家のある北部はのどかな片田舎、もしくはバブル時代の面影の残る寂れたニュータウン、中部は学園都市と苦楽園マダムのセレブな街、と言った感じ。

そしてここ南部はベイエリア。工場の多い無機的な埋立地と街を貫く国道や高速道路、海を渡る橋といった街の風景はエンジンの爆音や水銀灯の光が似合いそうなイメージを彷彿とさせます。
d0090874_18565659.jpg


ちなみに西宮南部は灘五郷に数えられる酒どころでもあります。このシュールな物体は醸造用の米をたく釜。アートのつもりらしい。
d0090874_18572880.jpg


このあたりの川は海水も混ざっているので川で泳いでる魚は大抵ボラです。が、写真は鯉。
d0090874_18581287.jpg


こんな下流の汽水域に!?と思って撮影。ボラも撮っとけばよかったのにうじゃうじゃいたから写真欲わかず撮り逃した様子。詰めが甘いです。
d0090874_1859110.jpg


同じ西宮市なのにどこか新鮮、そう思って撮ったくせになぜかのどか写真になるのは北部育ちの悲しい性なのかもしれません。
[PR]
by weekend_u | 2010-07-11 19:01 | photo diary

コレクト魂 おみくじ編 干支みくじコンプリート

とうとうやってしまいました。
d0090874_2331915.jpg

海住山寺にて干支みくじが全種販売されてるとの噂を聞いて木津川市加茂まではるばると、さらに走り屋も真っ青の坂を上って五種類の干支みくじをゲット。これにてコンプリートです。やったー!!

コンプリートするまでどういうデザインなのか気になっていたへび年のおみくじ。
d0090874_2335099.jpg

菓子パンのコロネみたいでかわいいv

参考までにYuu所有の干支みくじの出所をここに一挙掲載しておきます。コンプリート目指してる方おられましたらどうぞご利用ください(そんなひとのほうが珍しいとはおもいますが)

ねずみ→四条のイノブン
うし→四条のイノブン
とら→新京極の雑貨やさん
うさぎ→京都岡崎神社うさぎみくじとして
たつ→海住山寺
み→海住山寺
うま→藤森神社うまみくじ
羊→海住山寺
さる→滋賀山王神社さるみくじ
とり→海住山寺、奈良石上神宮のものも持ってたことが帰宅後判明。
いぬ→海住山寺
いのしし→護王神社いのししみくじ

おみくじマニアのみなさま、ネットでがっつり大人買いに気がひけるならば海住山寺に行かれるといいですよ。
ちなみに、新京極の雑貨やさんでも全種購入できますが値段は一個500円。海住山寺は一個300円です。別途入山料100 円要なのとここまでのみちのりを厭わなければお得感もあります(参道は舗装はされていますがありえない角度のヘアピンカーブです。しかも交通費も考えると絶対前者のほうが楽ですが、まあ、お寺でいただけるありがたみはプライスレスということで)。

追記。
わざわざ加茂まで行ってコンプリートさせたYuu的には残念な(?)お知らせです。
京都市内でも一ヶ所でお安くコンプリート買いできるところを発見してしまいました。
東山区にある豊国神社です。

しかも、ここのは神社のネーム入り。出所がわかると言う点でマニア心をくすぐります。
気になるお値段は1個300円。なんと加茂と同じです。
、、、ちぇっ。
仕方がないのでここで十二支全てそろったおみくじの図をば、撮らせていただきました。
d0090874_235379.jpg

自分のは~コレクションケースから~出すの~めんどくさいんで~(このぐうたらがあっ)。
[PR]
by weekend_u | 2010-07-10 23:07 | コレクト魂