タグ:写真 ( 20 ) タグの人気記事

アホカメ日記 ニコンクールピクスS10

トイカメラは使ってみたいけどアホな写りしかしないカメラに高額出費は気が引ける、そんなあなたに送るアホカメレポート、、、といいたいところですが世間ではデジタルの波が押し寄せているため、今回紹介するのはアホカメといいましても至極真っ当なカメラです。
d0090874_2302646.jpg

ニコンクールピクスS10 。
ええ、至極真っ当な、お天道様の下を堂々と歩けるカメラです(いや、トイカメでお天道様の下を歩いても一向に構わないのですが、ていうか、お天道様の下じゃないと写らないじゃないですか;)。
これのどこがアホカメかというと、値段がアホカメでした。
新品で16900円、ヨドバシポイントを3千円分ほど使い購入しましたがそれでもこのクラスのデジタルコンパクトカメラにしては破格値ではないでしょうか。
昨年晩秋のころ、ヨドバシで売られていたのですがたまたま数日に限って投売りされていたところに行きかい、その時は在庫切れしていたもののその日の値段のままお取り寄せに成功。ゲットしました。
このS10、やはり目玉はローアングルやセルフポートレートもノンストレスなレンズ回転機能、スイバルデザインでしょう。
d0090874_2341968.jpg

Yuuは結構構図にこだわる方だし被写体と目を合わせなくて住むのでスナップ撮影によかろうと思い購入した次第。
それにしてもコンパクトは一昔前にはこういった液晶とレンズが違う角度になるタイプが何機種か出ていましたが、今はほとんどなくなってしまいましたね。便利なのに~(TT)変わって現在一眼デジカメの世界で液晶が動くバリアングルファインダーが流行っていますが。

難としては、操作系がややこしいこと(よく使う露出補正も設定後モードボタンを押しなおして撮影画面にもどしてからでないと撮影できない)、そして大きいこと。Yuuはネックストラップ派なのですがまるで幼稚園のころ使ってた弁当箱を首からぶら下げているような気分になりました;。
存在感が大きすぎなんで期待していたスナップ使用にはかなり微妙、、、です。まあ、レンズをひねらず平たい状態でいじくってたら案外気付かれないのですけども。
キャノンのパワーショットでこれよりコンパクトなバリアングルカメラが出ていますが(しかも感度や最短距離など、機能的には向こうの方が優秀ですが)値下がりはしてないし、まあ、このへんでゆるしてやらあ、ってことで。

しかしこのS10、以外に使えたのは演劇やライブの舞台撮影でした。
普通のコンパクトデジカメでは舞台が小さく、観客の頭なんかも写ってしまいます。しかもぎりぎりまでズームして手を伸ばして無理な体勢で写しているのでiso3200のF31でもブレブレです。
d0090874_2354678.jpg

一方S10、10倍ズームなんで役者の表情をより近くはっきり切り取れます。液晶の向きが変わるので観客の頭越しに採ることも簡単。
d0090874_2363749.jpg

ただ水平方向の自由は効かないので縦位置の場合はノーファインダーになります。
d0090874_23131999.jpg

感度は800しかないのですがVR(光学式手振れ補正)の威力がかなり抜群でした。
液晶で見たときのノイズにかなりびびりますが、パソコンに入れてみるとそうでもないのでご安心を。
ただ暗いところではピントが合わず、色とびもしてしまうのでハイライトであわせるのが無難なようです。画像では役者さんの白いドレスで合わせています。

以外に使えるヤツ、S10。
後日ヨドバシで再び三万円台の値段が付いているのを確認してにんまりしたYuuだったりします。
[PR]
by weekend_u | 2008-02-15 23:10 | アホカメ日記

ボツの沼 フォトピアハーベストクラス終了写真展パート2

まだまだつづく写真展のボツの沼。最近の頭がマリネラ状態にあやかっての花特集です。
d0090874_1851451.jpg

d0090874_18525348.jpg

d0090874_1854696.jpg

テーマは迷い込んだ桜の世界、みたいな?
こうテーマを明文化するとテーマと掛け離れてるってことがまるわかりです。
あと撮り方も偶然に頼りすぎていると思いました。まさしくスナップというかシャッターチャンスや偶然に出会った気になるモノを撮るパターンが多いのです。だから自分の思いを反映した写真がとりにくく、撮影意図がずれてくるんですね。でも楽しいんだもん。ナイスショット。決定的瞬間ばかり並べるとそれなりによく見えるのでいい作品とごまかされてしまうんですよね。
構成に必要な写真を作る努力も必要なんだと痛感しました。
でもブツ撮りのような自分で被写体を動かして構成するのはじつはYuuは苦手です。あれってパワーがいるんですよね。ものを動かすという物理的なパワーも要れば、ものの配置を考えるという精神的なパワーも要るので。なにより撮る前に部屋を掃除しないといかんし(これ一番重要!!爆)

雑貨本や料理本の写真とかあこがれるんですけどね。

次は椿です。
d0090874_18561561.jpg

d0090874_18582260.jpg

d0090874_190424.jpg

朽ちてますね~まさしくテーマは滅び!?ひねりも何もありません。だれでも見える映像。だからボツ。
視点が単純過ぎてもおもしろくなくて見向きもされないし難解過ぎても見てもらえない。写真て意外とむつかしいですよ。
[PR]
by weekend_u | 2007-06-16 00:00 | ボツの沼

アホカメ日記 ローライミニデジ

トイカメラは使ってみたいけどアホな写りしかしないカメラに万単位の出費は気が引ける、そんなあなたに送るアホカメレポートですが今回は奮発しました(ーー;)
さーて今回のアホカメラさんはー?
d0090874_2354243.jpg

ローライミニデジです。年末にボーナスで衝動買い。小さいのにちゃんと液晶で撮った画像が見れるのが気に入りました。幸い赤バージョン出た後で少し値下がりしてました。こういうコレクター向けの機種はなかなか値下がりしませんね(ーー;)
d0090874_2371311.jpg

あくまでミニチュアなんでダイヤル系はお飾りです。くるくる回せますが全く写りに影響ありません。
d0090874_2384134.jpg

唯一影響あるのがこの巻き上げレバー。これを動かさないとシャッター押しても動きません。マニアには嬉しいですがオート巻上げの時代に育ったYuuは操作にあせります(ーー;)
一応露出はフルオートでシャッタースピードはいくらか動くみたいですが同じ被写体を何回か写していると露出を図る場所の微妙な違いで明るさが違ってきますのでそれで露出調整。また暗いところではシャッター押しても記録されないようです。

写りはこんなのです。いずれも鴨川下流で撮影。五条から十条まで歩きとおしました;このあたりは京都でも観光地化されていないエリアで、古い市営団地や工業地帯が並ぶ60~70年代あたりを思わせる雰囲気がYuuは好きだったりします。
d0090874_23131447.jpg

順光時。明るめですがパリッと硬い感じの絵になります。F値が暗いのとCCDが普通のデジカメより小さいのでパンフォーカスになるのが原因?トイカメらしいゆるさはあまり感じさせません。
d0090874_2316780.jpg

逆光時。こちらはトイカメらしくフレアがすごいです。明るく青みを帯びさせるようレタッチすればこれであなたも川内倫子で、、、(二番煎じだっつーの(ーー)ツ)

次の2点は失敗例、というか弱点。
画像下の水の反射のところに注目。光が強すぎるところでは反転してつぶれてしまいます。
d0090874_23222628.jpg

被写体に対してカメラをあおるように(斜めに)傾けた場合、被写体がゆがむことがあるようです。
d0090874_23245835.jpg

このあたり、気をつけて使っていく必要がありますな(-_-)。



さて、数回に渡りアホカメラを紹介しつつ使ってみましたが写りが楽しいのはいいけど見る人も撮る人もカメラにばかり目がいって写真自体を見れない、見てもらえない感じがしました。やはり作品撮るならちゃんとしたカメラでちゃんとした被写体をちゃんと意味を持たせて撮ってあげるべきかも。
でもこんなアホな写りが気になるときもあるんだな。
ていうわけでまたアホカメラを衝動買いしては紹介していくことと思いますf^_^;
[PR]
by weekend_u | 2007-06-09 00:00 | アホカメ日記

photo diary フォトピアハーベストクラス修了写真展のお知らせ

Yuuの参加したフォトピア写真教室ハーベストクラスもいよいよ最終回となりました。
このハーベストクラスではここ最近修了時に各曜日全クラス合同で写真展を行っており、今期もGW明けまで西天満のフォトピアギャラリー(大阪市北区西天満4-8-3、梅新東交差点より南森町方面へ向かい、デイリーヤマザキの角を右折左手のビルの3F)で開催しています。
Yuuの作品も展示されていますので用事で大阪に出てこられて時間が余った時などに見に来ていただければ幸いです。
d0090874_230249.jpg

d0090874_2313574.jpg

d0090874_2341374.jpg

作品のイメージは『冬を見送る』。
寒くて嫌われがちな冬ですが気圧変動で体調低下しやすいYuuには天候の差が大きい春よりも、高気圧中心の冬のほうが好きなのです。
さよなら、冬。

そういうわけで、最近体調低下気味だったりします。どこが悪いというわけではないんですが、血圧が上がらず眠いです。
そんなわけでブログの更新やコメントの返答、リンク様の訪問が滞っています;申し訳ありませんがしばらくの間のろのろ更新でお許しください。
[PR]
by weekend_u | 2007-04-19 02:37 | photo diary

アホカメ日記  コーナンカメラ

トイカメラは使ってみたいけどアホな写りしかしないカメラに万単位の出費は気が引ける、そんなあなたに送るアホカメレポート。
さーて今回のアホカメラさんはー?
d0090874_0173897.jpg

二年前、ホームセンターのコーナンで購入したこのカメラ。二千三百円でした。どうやらコーナンオリジナル商品だったらしくほかでは見掛けたことありません。しかもその数か月後コーナンからも消えました。かわりには型落ちのエスピオが並んでました、、、
ちなみにメイドインチャイナですがデザインは現代的なフォルムでオサレと言えなくもない。
レンズカバーやフイルムカバーはがたがたでたたくとぺこぺことプラスチック独特の軽い音がします;
d0090874_0205149.jpg

レンズもプラスチック。白っぽい艶が泣かせます。
ちなみに三十五ミリ短焦点。シャッタースピードは百分の一、F値は5、6で固定。この時点でF8のホルガより明るいぞいいだろう。
さらにフラッシュがついてます。発光禁止がないのですこしでも暗いと外でもピカピカ光りますから正々堂々撮りましょう。

写してみました。
d0090874_022324.jpg

遠景はほとんどピントが会いません(T_T)レンズが絞りがなくしかも中途半端に明るいのでパンフォーカスにならないらしい。
d0090874_0234693.jpg

d0090874_0253676.jpg

すこしでも横から光線がはいると謎のゴーストが出ます。意図的な操作ができないのでうまく使うにはかなり経験が必要かと。
d0090874_030332.jpg

ポジで撮ってみました。オーバー気味ですが以外に撮れます
d0090874_0273473.jpg

d0090874_0285188.jpg

フイルム一本につき一枚くらいは感動的な作品ができることも。無駄打ち多すぎです。フイルムだと勿体な過ぎて使えませーん(T_T)
あほなデジタルありませんかね。どこかに。
[PR]
by weekend_u | 2007-04-04 23:12 | アホカメ日記

大阪lover  スカイビル四景  冬・春編

京都のディープな日常を撮るマニアックスKYOTO,奈良のふしぎな風景に迫る奈良ふしぎ発見に続いて有名だけどわざわざ見に行かないだろう大阪の光景を切り取っていく新シリーズです。タイトルはドリカムの歌から。しかしドリカム、関西弁下手だよう(T△T;)まあ、帯広人だからしょうがないんですけどね。と帯広居住歴あり関西人からの意見でした。

第一弾は、そう、以前にも撮らせていただきました大阪を代表するビル建築、梅田スカイビルです。最近ビルの上にビジネスマンが座っている合成をした、ビルの構造を知ってる人なら「尻、はまってるよ!(屋上は吹き抜けで円形に穴が開いているので模型を作って座った場合はまること必至;)」と突っ込みたくなる広告写真が出ている、あのビルですね(ちなみに関東版では東京タワーにすわっているそうな。突っ込むとしたら「尻、刺さってるよ!」でしょうか。それより関西版は何故スカイビルなんでしょうか。通天閣じゃ東京タワーには勝てないから?りんくうタウンやコスモタワーは高さは歩けど第3セクターで崩壊寸前だから??大阪城は古すぎるから!?ああ、ツッコミどころ満載、、、)。

そ、それはともかく、以前載せた梅田スカイビルの写り込みを遠景で撮ったアレをさわやかな夏として今回は冬→春編。
d0090874_1502743.jpg

まずは冬のスカイビル。曇り空の日にビルの真上の雲が割れて光がさしたときを狙って撮影。どんよりした冬空と冬の終わりの予感を表現。そのままでは光はきれいだがビルがつぶれるため、明るさを上げ、コントラストを下げている。光を強調して天使の梯子(雲の割れ目からさした光がスポットライトの様に差し込む現象)を主役とするならノーレタッチでよいかもしれない。
d0090874_1513192.jpg

そして春のスカイビル。春の象徴として菜の花をメインに入れスカイビルはかすんでいるようにぼかす。レタッチでは明るさを上げ、またイエロー味を加えることでまったりとした懐かしさを漂わせてみる。

今月のカメラ日和に触発されてレタッチプリントを勉強中です。カメラ日和はいささかアナログに傾倒しがちでデジタル使いには肩身の狭い雑誌ですが今回はそれなりに盗める情報も入っていますよ。
ただYuu使用のレタッチソフトがマイナーなソフトなので機能を探し出すのは一苦労ですがお金かけてないんでしょうがありません;文句があるならベルサイユへいらっしゃいフォトショップを買いなさい、って感じですよね。世の中。

最後に。
冬だ春だといって別の日にとっているように言ってますが実は同じ日に同じ場所(十三・淀川)で撮っています。前の夏バージョンも確か真冬に撮ったもの;うそついてすみません。しかし写真って光の具合や写しこむ周りの状況を利用することでどうにでもなるもんなんですね。同じ日なのに違う日に見えたり、同じ場所なのに違う場所に見えたりといった最近はそんな「ウソ写真」にはまってたりもして。

次に秋を撮ればコンプリートだ!
やはり夕景ですかね。
[PR]
by weekend_u | 2007-03-30 23:47 | 大阪lover

アホカメ日記 ポラロイドone pro 限定版

トイカメラは使ってみたいけどアホな写りしかしないカメラに万単位の出費は気が引ける、そんなあなたに送るアホカメレポート第二弾。今回はポラロイドです。
といっても今話題のSX70等ではございません(やつは高すぎて手が出ませんT_T)
これです
d0090874_0315224.jpg

現行機種ONE。これは限定バージョンで普段使いにも重宝できる小形カメラバッグ付き。
なにより露出調整のついたONEプロと同等の機種にして色もかわいい黄色、さらにバッグもついてお値段七千円弱という破格値定価(なぜスタンダードONE より安いのかとても謎)で思わず衝動買いしました。
しかし本体もフイルムもかさばる上、フイルムが高いこととゆるい描写で定評のあるSX70フイルムが使いにくいことや寄れないレンズ、晴れの真昼間にも発光するフラッシュなどツッコミ所も満載でのこの一年はほとんど日の目を見ず、、、今回パソコン故障につきフォトピア写真教室の実習で緊急出動した次第。
果たして写りは、、、
d0090874_033095.jpg

なんか人魂がうつってるんすけど;
フイルム中に入れっぱなしだとこうなります(T_T)
i一方、期限切れでしたが箱のまま保存していたフイルムの方はそれほど劣化もなく安定して撮れていました。
d0090874_0335524.jpg

今流行のトイカメ風に描写するなら露出多めで昼間の逆光(ただし直射日光をレンズに入れると光の柱がどーんと出来て構図ぶっ壊しになるリスクもあり;)、なるべく広いところをチョコラーで写す、って感じ?

これであなたもmasacova!です
[PR]
by weekend_u | 2007-03-27 00:36 | アホカメ日記

photo diary フォトピア日記 伊根スナップ・人の気配編

今回は伊根の町並みのスナップを集めてみました。

町の入り口のバス停。ウルトラマンがお出迎え。
d0090874_3122111.jpg

灯りの下にはきっと誰かがいるのでしょう。
d0090874_3213136.jpg

犬がいます。それが何か?とつい突っ込み。
d0090874_320954.jpg

このじょうろ、小学校で朝顔を育てたときクラスの半数が使ってました。
d0090874_3135838.jpg

職業柄福祉用具につい目が行きます;この町のお年寄りたちの愛車はほとんどがこの型でした。無骨ですが何でも運べそうです。
d0090874_3162694.jpg

曇りガラスの向こうから視線を感じました。なつかしのアイツが見ていました。
d0090874_3482177.jpg



伊根町のような日本海側の小さな古い町の冬の風景というと、ついゴーストタウン、寒村的なイメージをしがちです。
でも、たださびれているだけの表現じゃ日本海側に対しての偏見になってしまうので寂れた中にも確かにそこが生活の場であり、人の気配が残っているといった感じで撮ってみたいなと思いました。
幸い暖冬の青空もイメージの味方をしてくれたようです。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-24 03:41 | photo diary

photo diary フォトピア日記  スキマー伊根編

フォトピア丹後撮影ツアー第二段。今回は伊根町です。
d0090874_3424680.jpg

伊根町とは京都府北部の海沿いの町で一階に船のガレージがついた舟屋と呼ばれる建築様式の町並みが有名な漁師町です。舟屋に囲まれた伊根湾は過去に鯨を追い込んで捕まえていたとか。現在も国定公園に指定されており、水面からは海底のアワビやウニが見えるほど水質もよく海産物が豊かな地域でもあります(ただし海産物は漁協が保護しているため潜って撮るのは禁止されているので悪しからず)。

この舟屋の町並み、懐かしい日本の風景として風景写真で有名な地域でもあります。それだけに舟屋だけならどう撮ってもどこかで見たような写真になってしまうのだがまあ証拠写真というかこんなとこですよという意味も兼ねてまずは小高い丘の上にある道の駅から遠景をパチリ。
手前の丸い養殖場は何を養殖しているんでしょうね。ちなみに道の駅では美味しそうなアジの開きとするめが売っていました(゜▽,゜)。自分、焼く技術が未熟なんで買いませんでしたが。
d0090874_3441660.jpg

d0090874_3453310.jpg

さて、町中を歩いてみると舟屋の裏側が通りになっているため海側の風景は見えなくなってしまう。有名な風景写真は集落の切れ目や小高いところ、もしくは湾内の観光周遊船から望遠レンズで狙ったものか時々点在する空き地(昔は鯨のような大物が上がるとここで解体したとのこと)や家と家の隙間から海側に回って撮られているものと思われ。
広場や家と家の隙間は私道っぽいのですが地元の方々が気よく入れてくれたりしましたv町の皆さん感謝です。
観光地で撮影禁止が増えている昨今これからも地元の人と観光客との関係が穏やかに続くことを願います。

というわけで、結構自由に撮らせて貰えたのですがやはり海側から舟屋を狙うとどうしてもどこかで見たような写真に;
むしろ最初のうち路地に入るのをためらって家の隙間から採ってた海のほうが自分らしさを感じましたね;
d0090874_34852.jpg

基本的に船や網のような漁業の道具が置かれています。
d0090874_3491013.jpg

こんな隙間にも船が;
d0090874_3503088.jpg

昔は船置き場、今は車置き場!?それにしてもかっこいい車に乗ってますね。
d0090874_3581836.jpg

スタンダードに海を狙いました。
d0090874_3592365.jpg

やはり船は海に浮かんでいなければ(美肌一族風にお読みください 笑)。
d0090874_357181.jpg

隙間から、カモメ発見。
d0090874_354573.jpg

路地の先にはなぜか漬物樽。逆光で光が透けてきれいでした;漬物樽に美を感じだせる自分が好きv(アホ)。

そう。名づけてスキマー(笑)。

ちなみにこのネーミングは今のところYuuの専売特許でありKさんのブログにも技術説明は載っていません。もしも後日Kさんのブログにスキマーの説明が載ったときは(前にYuuが早い者勝ちでだしてたなあ、、、)とでも思いながらこっそりほくそ笑んでいただければ幸いです。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-21 20:42 | photo diary

photo diary フォトピア日記 チョコラー天橋立編

先日大阪の写真教室フォトピアの日帰り撮影ツアーに行ってきました。
行き先は丹後地方天橋立と舟屋の町・伊根です。
天橋立といえば近くの山上遊園地から眺めるあの絶景ですね。もちろんそこに登って一枚撮るのもいいでしょう。しかしそこは感性重視、個性的な視点重視のフォトピア。そんな絵葉書みたいな撮影スポットにはいきません;てゆーか、一枚撮るために山の上に上るって言うのも体力を無駄に使いすぎのような気が;。
まあ今回体力の消費量については人のこといえないような撮り方をしましたけどね。
ええ、歩きました。そして歩きながら撮りました。
おかげさまで写真を人に見せても誰も天橋立と思ってくれません(TT)。
とりあえず証拠写真として天橋立入り口の回転する橋のまさに回転したところを激写。
d0090874_054612.jpg

歩いてみると左右を海に囲まれた松の並木道が1時間ほどえんえん続くだけなので正直飽きてきます。三分の一過ぎるとかなりだれてくるので歩くのが苦手な方、松マニアでない方は例のガンダムボートや観光用の周遊船に乗るのもいいかもしれません。周遊船の場合、カモメに餌をやるオプションがあるらしいのでそれを撮るのもまた一興だと思います。Yuuも次回は乗りたいです。
とにかく撮影としては周囲が松と海に囲まれているため本当に被写体が限られます。自然対岸の町並みのような遠い被写体や鳥のような小さな被写体が目に付きますが遠過ぎて標準短焦点や短い望遠だと全然被写体にはとどきません;(最高画素に変えて撮って後からトリミングするという手もありますが画面上ならともかくプリント前提にすると最高600万画素ではかなりつらいです;
そういう時はこれ、チョコラー技法が結構重宝したりします。

説明しよう。チョコラー技法とはメインの被写体をわざと小さくしたり画面の片隅において撮影する技法のことである。
今までの写真の王道である黄金構図のような写真と並べると型破りで個性的な写真に見えるので最近の旅行ガイドや雑誌の写真に多用されている撮り方のひとつでもある。
ちなみにネーミングはKさんであり、技法の詳細もKさんのブログで公開されているのだがここはKさんには内密ブログのためリンクをはるわけにはいかないのであしからずご了承いただきたい。


というわけでこんなのばかり撮っていました;
d0090874_0104571.jpg

d0090874_0253042.jpg

d0090874_0264062.jpg

d0090874_0281937.jpg


さらに、被写体を強調させるために覆い焼きツールを使って強調大作戦をしています。
d0090874_03054100.jpg

d0090874_0315827.jpg

しかしこういうのって、どれくらい効かせるのがいいんでしょうね?
プロの作品でも「これはちょっとやりすぎやろ」と突っ込みいれたくなるものもあるのですが。
今回のも調子こいて効かせすぎた気もします。
[PR]
by weekend_u | 2007-02-19 23:21 | photo works