タグ:奈良 ( 17 ) タグの人気記事

photo works 京都大丸ちくちく展パンフレット用写真

いつも成人式・七五三写真でお世話になっているニーナさんのお知り合いの刺繍作家ちくちくさん。
披露宴のときはパーティーのプロデュースもしていただき、その節は大変お世話になりました。
そんな彼女の京都大丸で開かれた作品展のフライヤーとチラシをKさんが依頼をうけ、素材となる作品の写真を撮りに行きました。

壁画からパーティーのプロデュースまで、さまざまなアートを手がけているちくちくさんですが、本来の彼女のあり方はあくまで刺繍作家、と言うことでちくちくさん本人が自分で思う代表的な作品は今回の作品展のメインテーマだった日傘と日本刺繍の帯。と言うわけでこの帯を相手に2時間近く格闘したわけですが。
d0090874_21303365.jpg


 花を散らしたり、、、
d0090874_2131477.jpg


 生の花と合わせてみたり、、、
d0090874_21311882.jpg


 ガラス越しにとって見たり、、、(この辺り、かなり煮詰まってますね、、、)

うーん、何か違うんだ。もっと、こう、作品が布から抜け出して動き出すような躍動感が欲しいんだ。
と言うわけでわざとぶらしてみたり、、、
d0090874_2132020.jpg


うーん、いまいち?
そうこうしているうちに帯をまっすぐ平面にして取るのではなく、カーブさせてみるのはどうだろうと思い立ち、撮ってみたのがこれ。
d0090874_2133270.jpg


うん、なんか、躍動感出たんじゃない?
心なしか、こうすると、触角の辺りとか立体っぽくない?
いいかも?

と言うわけで、フライヤーにはこれ+花をぼかしたKさんの写真が採用されたのでした。ちぇっ。
まあ、帯をカーブさせてみると言う知恵はYuuからと言うことで。

もう一つのメイン、日傘もKさん撮影の分が採用。これはYuuの撮ったボツ分です。
d0090874_2135243.jpg

d0090874_21351828.jpg


一応傘と言うことで、しずくをイメージしてみたのですが。

一方、Yuuの写真が採用されたのはチラシの商品案内のパーティーバッグ3種の写真でした。
採用されたのはこちらの写真。周りの小物のレイアウトとかいろいろ変えて撮ってみたうちの一枚です。
d0090874_21362935.jpg


ほかにも作品ごとのイメージでそれぞれ装飾を変えて撮ってみたり。
d0090874_21383622.jpg

d0090874_21391932.jpg

こちらは日傘と装飾を統一してみました。
d0090874_21402432.jpg


ちくちくさん本人にモデルになってもらって野外ロケも行いました。
d0090874_21413983.jpg

思いっきり影が入ってますが、、、日傘だから日差しが似合うと思うのです。
d0090874_21421652.jpg

ガーデンパーティーでも夜会でも。日本刺繍のストールとバッグのセット。

こんなステキな作品を生み出しているちくちくさんの作品にご興味をもった方、是非彼女のブログHP、もしくは薬師寺近くのアトリエを訪れてみてくださいね。

ちくちくさんからは報酬にステキな刺繍のバッグをいただきました。ありがとうございましたv
着付け習っているので着物でお出かけの際には是非使わせていただきます。
[PR]
by weekend_u | 2011-06-16 21:45 | photo works

Photo diary 2010年12月31日 ホワイトな大晦日

この冬初めて自分で視認した雪でハイテンションになり、年の瀬だというのに奈良まで行って写真を撮ってきました。
d0090874_18275989.jpg


せっかくの雪なので機材も奮発してαスウィートデジタルとシグマ24mmf1.8 の組み合わせを準備したのですが、後になってなんでこの組み合わせで持ってきてしまったのかとても謎(--;)多分F1.8だからボケがきれいだろうと思って持っていったようですが、、、
d0090874_18412178.jpg


まあ、広角でも吹雪の中ならこのくらいは撮れましたが。
なんていうか、中庸。
きっと雪がなければただの観光写真。みたいな。

降る雪を表現しようとしてフラッシュを結構使ったのですが、その時にいまいち今回重宝しない組み合わせだったことに気付きました。だってコニカミノルタのカメラ、内蔵フラッシュのシンクロって、だめだめなんですもん。
d0090874_18423760.jpg


いろいろいじり倒して何とか思った感じに降る雪を光らせましたがそれにすごく神経使って被写体はどうでもいい感じみたいな写真ですよね。
d0090874_18435336.jpg


だからこういう使い方でも何も考えずにいい感じで撮れるファインピクスF11が好きだったりもします。
これでボケがきれいだったら文句はないのですが、どうしても絞れてしまって雪がカクカクしまいます。

今回意外と活躍したのはパナソニックG1とMCロッコール58mmf1.4(ちなみにジャンクの1050円レンズ。最近使ってるのこんなのばっかです;)でした。雪だというのに欲張って一眼2台持って行っててよかったです。
d0090874_18464591.jpg


d0090874_18454796.jpg


こやつもフラッシュは全くダメダメなのですが(てゆーか、取説呼んでいないので表面のボタンで示されている以外の使い方が全くわかっていないのですが)。
勝因は、やはり大口径のボケと広角に比べ遠近の雪の粒が圧縮されて密度が増えて写ったからかと。
d0090874_18452279.jpg


背景は黒い方がいいと言うのは前に教えられて知っていましたがプラス補正にしたほうが雪が写ることを今回の体験で覚えました。
次回に活かそうと思います(と、いい子ちゃん風)。

それにしても、世間では忙しい年末だと言うのに、ましてや年が明けるとプータローになる身だと言うのに、なにやってんだか。
こんなヤツですが、2011年もよろしくお願いします。
[PR]
by weekend_u | 2011-01-01 18:49 | photo diary

photo diary 2010年4月4日 今年の桜 明日香編

今年の桜もいよいよ満開となりました。
ここ数年のKさんとの桜撮りは明日香に決まってます。というわけで今年も明日香甘樫の丘にいきました。
d0090874_8234349.jpg

とはいえ明日香は電車もバス本数もごく少ないため橿原神宮前から徒歩で向かいます。
もちろん写真を撮りながらの道行です。二時間ほどかけて写真でもゆっくり撮りながら、、、
難点は道が狭く車が多いこと(ーー;)
のんびり歩ける道があるといいのですが。一本山側に平行してるこの道とかどうなんでしょ。
d0090874_8281668.jpg

甘樫の丘は毎年のように行きはしますが特にルートを変える訳ではないのでもしかしたら穴場のいい道もありそうですね。
甘樫の丘の展望台は桜の広場になってます。
奈良方面の花見客はだいたい吉野か奈良公園、郡山城あたりに流れるので結構穴場ではあるのですがそれでもそれなりに人は集まってます。
d0090874_8284694.jpg

ちなみに、今日の撮影仲間はライブ撮影でお世話になってるベーシストのMINTさん(彼は本日撮影中心だったので写真がありません;申し訳ない)とストリート系ミュージシャンで今はレポーターとして活動中のたつをくん。
d0090874_8295828.jpg

ただいま自画像撮影ちう。
そして彼のストリート仲間のボーカリスト、石原志織さんです。
d0090874_831985.jpg

とくにたつをくんと石原志織さんは宣材写真を募集中とのこと。モデルゲットでがぜん撮影にも力が入ります。
d0090874_8314729.jpg
d0090874_8322272.jpg
d0090874_8324564.jpg
d0090874_833229.jpg
d0090874_8333212.jpg
d0090874_8341242.jpg
d0090874_835206.jpg

おお、なんか韓流ドラマっぽく撮れました。CDジャケットにいかがですか。
d0090874_8355123.jpg

それにしてもこの二人、芸能人とは思えない野生児っぷりです。
d0090874_8374526.jpg
d0090874_8375914.jpg

崖のような土手を上る上る。
d0090874_8384053.jpg

カエルつかむつかむ。
d0090874_839575.jpg

縄跳びしながら走る走る。
d0090874_8393588.jpg

こんな彼等ならきっとリポDCMばりの設定やアマゾンの奥地ロケとかも大丈夫と思いますが。いかがでしょうか。番組制作者さん。
d0090874_8415541.jpg

いつもなら撮影中のスタミナを誇るYuuでさえ、今日はおばさんもう疲れちゃったよと言いそうになりました(苦笑)まあ楽しかったんですけどね。
桜にモデルに、楽しく沢山撮った一日でした。
d0090874_8421616.jpg

あまりに楽しかったのでああ、明日も、仕事か~(T_T)と夕方頃には巨大なサザエさんに苛まれましたが。
d0090874_842392.jpg

夕景桜が中島みゆき調なのはきっとそのせいです。
[PR]
by weekend_u | 2010-04-24 08:43 | photo diary

週末妻日記 この冬のこと

長らくお休みさせていただきました。Yuuです。
こんなにほったらかしで一体なにしてたんやといいますと。
一言で言わせていただきますと。

ご結婚 と お引越し と アスペルガー

なんじゃそりゃ、ですよね。
でもすいません。説明が思い浮かびませんので。
一つ一つお話していきたいと思います。

始まりは昨年末のことでした。
年末も押し迫ったある日Kさんがその年2度目の退職をすることになりました。
会社の給料未払いが我慢の限界を超えたとのことでの自主的なものだったのですが。
その夜知らせを受け、最初は冷静にフォローしようと思っていたのですが。
Yuu自身も今の仕事と精神的体調がいよいよやばくなってきた頃で自分もプータローになる可能性がたかい今、フォローしていく自信は数時間でじわじわと低下していきました。
おりしも時は夜中。考えがやたら盛り上がってしまうことで小説家が重宝するという魔法の時間帯です。そもそも付き合い続けて5年ちかく、前の年には親にも紹介をしているというのに今後どうするのかという疑惑にいきついてしまったわけです。
そして。
ぶっちゃけこの状況が続くなら いっそ別れてくれないか というニュアンスのメールを送ってしまったのでした。
そして次の日、この日は休日でしたがKさんがギター教室OBの忘年会だったため、フリーだったので一人でふらっと奈良へ。
d0090874_22564155.jpg

d0090874_2257889.jpg
d0090874_22573281.jpg
d0090874_22542199.jpg

若草山にこの冬初めての雪が降ったこの日、この風景をとりながらKさんのギター仲間に忘年会でさらにカマかけるようメールで頼んだことを思い出します。結局ギター仲間のカマかけも頼んだ人が忘年会に出ないことがわかり不発となったのですが。
その直後Kさんのメールに気付きました。

Kさんからの返事は、新しい職が見つかり次第結婚しようというものでした。
d0090874_230794.jpg

物語ならここでめでたしめでたしなのですが、人生という旅は死ぬまで終わりはないわけで。
だからこれがめでたい状況とは断定できません。
ゆえにこの件については今後もリアルでお伝えしていくかと。
[PR]
by weekend_u | 2010-04-06 22:58 | 週末妻日記

週末妻日記 情熱の向けどころ~燈花会ロマンチック

Kさんと出会ってから毎年のように訪れているなら燈花会。数少ないロマンチック系デート撮影の機会なのですが今年はドラゴンボート等の撮影行事が8月に集中したため、行くのをあきらめかけていました。
しかし某日、何とか時間を作り、この日行かなきゃ今年は夏の行事はもうない!というわけで、いってきたとです。
d0090874_14353592.jpg

ただし、翌日も早朝から撮影が入っていたのであまり長居は出来ない、、、ということで一番奥地の浮雲園地はパス。浅茅が原から浮御堂・猿沢の池経由で駅前へ戻るルートにしました。
d0090874_14365371.jpg

浅茅が原到着時はちょうど夕方でした。この日はすごい夕焼けでもうこれだけで満足気分。
そして薄暮の頃、点火。
d0090874_14385014.jpg

d0090874_14572037.jpg

今年の浅茅が原はハート型に並べられた灯火が多かったです。今年のテーマなのかしら。
d0090874_14393654.jpg

えー、ちなみに。
この日張り切って一眼レフをもってきたのにバッテリーを入れるのを忘れてしまい、今回全部の写真をフジファインピックスF11で撮影しました。ISO400前後がコンパクトデジカメの最高感度だった数世代前、ISO1600の高感度が最高感度なのに実用レベルで使えることで有名になったコンパクトデジカメです。しかもYuuのファーストデジカメなので相性抜群なこともありノープロブレムで撮影できました。
d0090874_14414416.jpg
d0090874_14504415.jpg

むしろ大掛かりな装備が必要なくて、フットワーク軽く気分よく撮影できます。三脚に占領されているベストアングルも三脚とオヤジの頭の隙間からちょちょいのちょい♪です。
d0090874_1438227.jpg

d0090874_1453383.jpg

d0090874_14592750.jpg

恐るべし、F11。
多少ピントの甘さは否めませんが、(マニュアルフォーカスがついてくれたら完璧なのになあ、、、)そこはレタッチでソフトフォーカスにしてロマンチックさ際立たせ大作戦で返り討ちです(笑)。
どうよ。
d0090874_1445494.jpg
d0090874_14455130.jpg
d0090874_14464740.jpg
d0090874_14473321.jpg
d0090874_14481975.jpg

装備といえば、今年から燈花会は公式HPで三脚禁止が明文化されたそうですが、あまりYuuには関係ないかも(てか、三脚持ってないし)。
こんなかんじできっと来年も撮影してることでしょう。

てか、三脚族がいるからってやつらに嫌がらせしてるKさんよ。
気持ちはわからないでもないが。

そんな暇があるならさっさとYuuを嫁にもらってくれないか。

情熱の向けどころ、間違ってますよ。

と、奈良の中心で心の叫びの週末妻なのでした、、、
[PR]
by weekend_u | 2009-08-14 23:42 | 週末妻日記

photo diary 2009年2月15日 北山の辺の道 奈良編

昨日の記事の北山の辺の道の続き。年が明けて今日は奈良市内に突入です。
起点は先回行ったバス停、今日は奈良からバスで突入します。バスの中でも常にシャッターチャンスを狙う見上げた根性のYuuです。
d0090874_20341126.jpg

d0090874_20373825.jpg

車窓から写真を撮ると、景色が流れたりモノがにじんだり、反射したりで結構楽しいです。
奈良市内とはいえ、郊外を歩くので道の多くは畑の中とか山の中とか。
d0090874_2039866.jpg
d0090874_20395631.jpg

久しぶりにちゃんとした道に出るとそこは夜はやんちゃどものたまり場的な雰囲気だったり。見よこのらくがきっぷりを。
d0090874_20404957.jpg

小さな自然を楽しめたり面白い風景にも出会ったりしながら歩きます。
d0090874_2041316.jpg
d0090874_20422367.jpg

d0090874_2044741.jpg
d0090874_20432016.jpg

奈良市街地に近くなると春日地区に住む鹿の影響か鹿避けの金網が増えてきます。
d0090874_20452346.jpg

のどかな風景にそびえる無機質な金網がミスマッチでいい感じ。

そして今日のメインの見どころは白豪寺。
d0090874_204785.jpg

花の寺と呼ばれ、特に椿が有名なお寺です。
d0090874_20475161.jpg

d0090874_20485290.jpg

その後、高畑からささやきの小道を通っていつもの奈良界隈へ。
d0090874_2050639.jpg

春日大社の近くにたどり着くと見慣れた奈良の風景に再開、
d0090874_20514946.jpg
ほっとします。

今日もよく歩いた。帰りは静香で釜飯です。ヤッター♪
[PR]
by weekend_u | 2009-04-10 20:54 | photo diary

photo diary 2008年12月28日 北山の辺の道 天理編

君は北山の辺の道を知っているか!?

説明しよう。北山の辺の道とは奈良の代表的な古道で桜井から奈良をつなぐ山の辺の道の北半分、天理-奈良間を指すマイナーウォーキングルートなのだ!
というわけで、比較的有名な南側の山の辺の道を今回あえて無視し、北山の辺の道を行くことにしました。
山の辺の道全体の距離は10数キロ程度、ウォーキング常連者では桜井からでも一日で歩ききれる距離です。が、当方どじでのろまなカメ、ではなくて、カメラを抱えての写真散歩、数日に分けて天理~奈良を撮ることにしました。今日は年末に訪れた天理エリアです。

基点となるのは天理市の石上神宮。七支刀と神社の守護とされている鶏が有名です。
d0090874_2123092.jpg

石上神宮までは駅から歩いて数十分。商店街を抜けてほぼ天理市を横断することになります。商店街は日用品のほかに天理教グッズも多数販売。
d0090874_2124740.jpg

d0090874_21244340.jpg

こちらは天理教の神職の服らしいです。制服フェチとしては写真は即ゲットせねば。きっと信者にはあこがれの服なんだろうな。

行く道々では天理教の特徴的な建物が見られます。
d0090874_21253711.jpg

d0090874_21254839.jpg

土地の有効活用!?川の上に建物をつくるなんてすごいですね。
d0090874_2126715.jpg

ちょうど年末年始で教団本部も祭礼の飾りつけをしていました。
d0090874_21264692.jpg

d0090874_21272722.jpg

石上神宮をでて街のはずれを北へ向かいます。歴史街道というより、寂れた町外れという感じが強いです。
d0090874_21291097.jpg
d0090874_21311534.jpg
d0090874_2132852.jpg
d0090874_2225971.jpg
d0090874_21341942.jpg
d0090874_222264.jpg

d0090874_21333471.jpg

寺社仏閣や古墳が点在する南の山の辺の道に比べると人気がないのはこのせいかもしれません。
d0090874_21352462.jpg

一応古墳とかもあるんですけどね。この一面のビニールに覆われた畑、実は前方後円墳だとのこと。
d0090874_21394653.jpg

d0090874_2155047.jpg

小さなお寺も通り抜けます。お年寄りの極楽往生祈願のお寺なのか、お地蔵さんの横にはお年寄りの人形がずらっと並んでいました。
d0090874_2156913.jpg

畑の真ん中に、突如バスの終点停留所が現れます。どうやら天理を抜けて奈良市の端っこにたどり着いたらしい。冬枯れの畑に傘をかけられた菊が残されていました。先祖を祭るための仏花として大切に育てられているようです。
d0090874_2157327.jpg

この辺りで日も暮れてきたのでこの日はここで終了。バス停からは若草山が夕日に照らされるのが見えました。
d0090874_215754100.jpg

実は晩秋から冬にかけての夕暮れ時は若草山はきれいな黄金色に染まるのですが今日は微妙にタイミングが合わず残念。ちなみに一月を過ぎると山焼きで黒ずんでしまうのでその前の晴れた日に行くのがベストです。

後日、奈良までの道も歩きましたのでまた紹介しようと思います。
[PR]
by weekend_u | 2009-04-09 21:29 | photo diary

猫P倶楽部 大和郡山の猫

1月12日、大和郡山で激写した猫たちです。
近鉄駅前の飲み屋さんが飼っているのか店の前に多く分布していました。血筋がつながっているのかいずれもキジトラとチャトラ。そしていずれも内弁慶でカメラを避けて動き回るのでもうどれがどれだか;
d0090874_0395798.jpg
d0090874_0403540.jpg
d0090874_0411476.jpg
d0090874_042727.jpg
d0090874_0424727.jpg

d0090874_043332.jpg

2枚目と4枚目は毛色は似ているが時系列が同じなのできっと別猫。5枚目の奥のチャトラと6枚目のチャトラはたぶん同一のはずだけど、チャトラは3匹いた気もするし、そして6枚目の右側と2枚目のは同じ毛色だし時系列も違うので同一猫かも;わから~ん;

というわけで、
この日の猫P、たぶん6猫P
累計猫P、たぶん88猫P
キリがいいので採用!!(おい)ということで。
[PR]
by weekend_u | 2009-01-22 00:43 | 猫P倶楽部

photo diary 1月12日・大和郡山Ⅱ 水のある光景

大和郡山は水辺のきれいな街でした。
d0090874_23434963.jpg

写真は外堀緑地。堀沿いに公園になっているなかなか水辺が楽しめるスポットです。ここの他にも紺屋川や金魚の池、大和郡山城のお堀など水辺スポットはたくさん。
そして各地で見られる水自体の七変化も面白い。
d0090874_23443782.jpg

きらきらだったり。一見きれいな水辺ですが金魚池の水なので透明度はいまいち。プランクトン多めって感じですね。
d0090874_23453775.jpg

よどんだり(、、、バクテリア多め!?)。
d0090874_23462339.jpg

、、、何かいる?いえ、お堀の水を機械的に循環させているのです。ぼこっとなる様が怪物登場のようで面白い。
d0090874_23471963.jpg

勿論金魚は必須ですって。
d0090874_061536.jpg

各家庭の軒先の水鉢にも必ず金魚がいたりして。

私は金魚
早く掬ってくれないかしら
あなたが掬ってくれるなら
あなたの世界で生きてくけれど
あなたが掬ってくれないのなら
ただの魚に戻りましょう

取り合えず、出没注意です。
最近しょうもない詩や俳句が記事に付いてきたりしてますが、
ふっと浮かんでくる言葉をほっておくとあまりにもすっきり忘れてしまうのでとりあえず載せとく事にしてますよろしく。
[PR]
by weekend_u | 2009-01-21 00:13 | photo diary

photo diary 1月12日 大和郡山

大和郡山へ行って来た。
この街にはなぜか寒いときばかりいく。きっとKさんのベストシーズンには人が多すぎていきたくない病のせいだ。
おかげであまりぱっとした思い出がないのだが行って見ると案外楽しい街だ。

郡山といえば金魚
d0090874_19394497.jpg

そして藍染
d0090874_19404848.jpg

この溝は紺屋川という、立派な河川。幅は4車線あるのに長さは一メートルに満たない橋なんかもかかっていたりする。
d0090874_19412629.jpg

昔はここで藍染の糸や布を洗っていたらしい。
d0090874_19421052.jpg

本当はその川を挟んでこんな情緒的な町並みがあったりするのだけど、こんなのはみんな撮るからね、、、

紺屋町を南へ下がると今度は元・色町だったという街に出た。
d0090874_1943320.jpg

ハート型は、万国共通の愛のしるしなんでしょうか。
d0090874_19433410.jpg

身の置き所のない遊女の安らぎの場だったのか、寺社が多い。
d0090874_1944730.jpg
d0090874_19444979.jpg


さらに南へ、下町を経て、
d0090874_1947177.jpg

d0090874_19454031.jpg

d0090874_19475226.jpg

路地をぬけるとまさに地の果て。
d0090874_19483683.jpg

そんなところにも、無機質なニュータウンが生まれてきています。
d0090874_19491458.jpg

このあたりはは金魚の養殖場の集合地なのでした。
d0090874_1949589.jpg

寒いけど、冬の日差しは強くて美しい。撮らずにいられない光とはこのことだと思う。
d0090874_19505841.jpg

目的地だった金魚博物館は残念ながらお休みでした。
だから、暖かくなったらまた来ます。
[PR]
by weekend_u | 2009-01-20 19:51 | photo diary