タグ:桜 ( 10 ) タグの人気記事

photo diary ロングバケーション終了

ほんとは3月くらいには状況も落ち着いてきて、生きてます、とかいう記事をだそうとしたりもしていたのですがその矢先の地震と津波でへたなことを書くと洒落にならない状況になってしまった,というか。
その後情報のライフラインとなるだろうネットの混乱の片棒をかつぎたくなかったこともあった、というか。

まあ、何をいっても長期サボってたのは事実なんで言い訳なんですけどね。

1月から新しい環境でパート勤めを始め、その後正式な仕事も決まって4月からは、なんとOLをしています。
今は忙しいながらもアスぺルガー的な混乱もなく、順調な日々をおくっております。
私をアスペルガーだといって排除したみなさま、ざまあみろ。
いやいや。ありがとうございましたと言うべきでしょうか。前を向かせてくれたのだから。

時々順調すぎて不安になります。
いやいやそんなことを考えるのはやめておきましょう。
実はアスペルガー的要素も出ているのかもしれません。しかし今回の職場はそういうところは寛容な人も多くうまくフォローしてもらえてる気がします。
その環境に、感謝しましょう。
d0090874_21424253.jpg


初めてのオフィス勤務で、日本人って、実は桜を見る機会が意外と少ないことを知りました。
まあ、新人状態だったので周りを見ている余裕がなかったせいもありますし、今までは職場が花の名所に近かったのと花の時期は一週間ぶっ続けで花見をするような職場(福祉系の現場勤務)だったので、余計にそう思ったのだと思いますが。
と言うわけで、夏なのに桜です。

今年は、満開を撮れませんでした。
[PR]
by weekend_u | 2011-06-02 21:53 | photo diary

Photodiary 2010年4月11日 今年の桜(シメ)背割

去年の花吹雪に味をしめて今年も三川合流地点・背割堤へ。
d0090874_23294426.jpg

駐車場が閉鎖される夕方ごろは人も減ってフラットな光が好条件。
ところが今年は開花が早かったのと雨で落花もほぼ終わってました。なんとか桜吹雪ゲットをねらいましたが湿度の高い重たい空気に無風状態では残りが舞散るのも期待薄。今回はこれくらいが限界でした。
d0090874_23303238.jpg
d0090874_23304417.jpg

というわけで。視点をかえることにします。
たとえば、去年は時期がずれてた菜の花がさいていたので合わせて撮ってみたり。
d0090874_23312582.jpg

一つの時代の終わりのイメージで地面におちた花びらを主体に撮影したこれが今日のベストショットです。
d0090874_23314946.jpg

どんな状況でも見れる写真を作るのが真のフォトグラファーというものですよということで。
[PR]
by weekend_u | 2010-04-26 23:32 | photo diary

Photodiary 2010年4月3日~4日 今年の桜

遅くなってしまいましたが今年の桜撮影のまとめです。
引越しで早朝の平野神社は撮れなくなってしまったので土曜日出勤の仕事明けに職場の花見行事で患者さん達を連れていく某お寺二軒をはしご。特に二軒目はめちゃめちゃマイナースポットなのに桜ボリュームはメジャー級のナイススポットなんです。いつもは花見客さえいないのですがさすがに満開近い土日は地元の花見客もちらほら。
d0090874_22433031.jpg
d0090874_2244112.jpg
d0090874_22441341.jpg
d0090874_22442777.jpg
d0090874_22444670.jpg
d0090874_22445893.jpg

こちらは明日香村で撮影。
d0090874_2246970.jpg
d0090874_22452950.jpg

d0090874_22464016.jpg

桜はどうしてもカメラを持ってると撮ってしまうものですがすぐ飽きがきますし背景にはどうしても人が入ります。ただ、幸いにもこの時期カメラを構えるとみんな桜を撮ってるのねと思って怪しまれることがありません。
なのでいっそ人を入れて日本の春ならではの花見風景を撮るのが桜撮影の醍醐味だったりします。盗撮一歩手前なので自慢はできませんが(-_-)。
[PR]
by weekend_u | 2010-04-22 22:48 | photo diary

photo diary 背割堤

今年の桜の締めは背割堤でした。
d0090874_7105237.jpg

背割堤とは、桂川・宇治川・木津川という3つの川が合流し、淀川となる三川合流地点で京都市の南隣・八幡市にあります。約1.5キロの土手の上を200本近い桜が並ぶという場所で遠景はさすがに壮観。
d0090874_7373083.jpg

d0090874_712378.jpg

200本でこれなら吉野の千本桜なんてどうなるんだ。でもきっと一生見に行けないと思うけど。混むから。

しかし、桜はそろそろ見頃過ぎ。しかしそれならばそれで撮りようがあります。今回は機材別に撮り方をYuu的背割のちょっといっちゃった桜の撮り方をご紹介です。
d0090874_7133548.jpg

まず本日の機材、メインはα7デジタルとシグマ24ミリf1・8。
どんなにおんぼろな桜でも見事なボケでごまかしてくれる優れものです。
本当は桜と菜の花というシチュエーションを撮りたかったのですが、今年菜の花はほとんど土手になく(年によっては菜の花の土手に桜が降り注ぐという絶景が拝めますTT)土手から少し離れた平地に咲く黄色い花で代用。
このレンズ、最短焦点距離も異様に短いマクロ広角。最短距離に被写体をおくとほらもう満開なんだかおんぼろなんだかわかりません。
d0090874_715177.jpg

さらにこのレンズ、絞り込んで強い光源を正面に入れると見事な光条とゴーストを出します。
但し、ファインダーの見た目ではその具合があまりわからないのがつらいところ。明るさを変えて、何枚かとっておきます。
結構アンダーなヤツがベストショットだったのですが画像処理で出来るだけ引っ張りあげて、こんな感じ。

ちなみに、他に持ってきていたコンパクトデジタルでも同じような光入り写真を撮っています。
それを見ながらYuuの機材と撮り方を紹介していきましょう。

ちなみに、光入り写真ではYuuの一番お気に入り機材は今回紹介していないのですがフジフィルムのファインピクスシリーズだったりします。あの機種は光条の出方(きれいな*型になります)といいゴーストの色、形といい、完璧です。光に向ければ簡単に出ますし(逆に言えば逆光にえら弱いカメラ、ということで玄人好みではないかもしれません)。まあ、その写真はこのブログでも数多く載せてるのでまた機会があれば見てやってください。

まずこちらはリコーGRDⅡで撮ったもの。
d0090874_7163973.jpg
GRDは高級デジタルコンパクトに入る機種のはずなのに個体差が激しく、Yuuの使ってるやつは強い光でかなり派手なゴーストが入ります。(ちなみにKさんのGRDはも少し地味だとのことです)。
ただし、光条は絞り込んでもあまり期待できません(実はゴーストもよほど強い光でなければ出ません。まあそこが高級デジタルコンパクトたるところでしょう)。しかもYuuのGRDⅡ、こないだCCDに埃がついてしまい、f7.2くらいまで絞り込むと青空にしみが出る状況に(TT)あまりにも小さい埃なのでそれだけで修理出すのもあほらしく、現在他に不具合が出るまで待ち状態です。そのうち取れるやも知れませんが。
ちなみにGRDⅡの場合、ゴーストは絞りを開いている方が派手に出るのでそれほど不便は感じていません。
逆に絞り込むと光の点が小さく、並びが規則正しくなりますのでYuu的には多少ランダムさが残る程度に絞りを調整後、出来るときは構図の角度も変えて規則正しさを崩して撮ります。明るさは露出補正で行いますがあまり暗くするとまたゴーストが規則正しくなってくるのでハイキー基本です。今回はややアンダーめですが。
d0090874_7185954.jpg

また、GRDⅡの最大のいいところは寄れるマクロといい具合にぼける背景です。散りかけた桜の場合、どうしてもいっちゃった花が画面に入ってしまうのですがそれをごまかすにはマクロで形のいい花を狙うのがまあ基本ですよね。
d0090874_722241.jpg
d0090874_723312.jpg
d0090874_7233850.jpg

でもこの時期、散った花びらに焦点を当てるのもまた一興。こういう寄る撮影はホントGRDⅡは操作も簡単で重宝です。

そしてこちらはエクシリムV7。絞りのひし形がゴーストに出てきます。
d0090874_7272688.jpg

この形のゴーストは使いようによってはコミック的なキラーン感を出せて重宝したりもするのですが、ネイチャー的被写体にはちょっと違和感ですね。光条も地味に×型なので手持ちにいいゴーストカメラがないときはしぶしぶ使うという感じ。
そしてV7の一番の特徴は基本8倍、800万画素を落として使えば画素補完してさらに伸びるズームでしょう。Yuuは通常500万画素に落として約10倍ズームにして使っています。
桜で望遠は案外重宝です。何に使うのか?、、、花吹雪の撮影です。
まずは土手の下、桜を見上げる位置を陣取りましょう。土手は桜と地面の間に高低差をつくってくれる上、濃い緑色なので桜吹雪の背景(なるべく濃い色で花びらを目立たせます)にはぴったりです。
並木に向かって、やや斜めにカメラを構えます。そうすることによって正面よりも数多い本数の木が入るため、桜の花びらの密度も濃くなります。さらに望遠レンズの圧縮効果が花びらの密度を高めてくれるって寸法です。後は風が吹くのを待ちます。
d0090874_7285643.jpg

これだけではさびしいので人物を入れてみましょう。
d0090874_7294797.jpg

桜吹雪を見上げる乙女、、、のつもりですが実はお○ちゃんです。写メをしようとケータイをかざして顔が隠れたところをパチリ、これで夢見る乙女の完成です(スーパーの袋持ってるのは大目に見てください)。肖像権も怖くありません。
それにしてもこの人、Yuuたちが堤を横切るまでのゆうに1時間近く、写メを取り巻くっていました。どんだけメモリーがあるんだ、彼女の携帯は;
d0090874_7304795.jpg

そして王道、桜吹雪にカップル。
このとき若い二人ではシチュエーション的にあまりにもドラマチックになりすぎます。
韓流ドラマか、と突っ込みたくなるような二人の運命の荒波が想像されてしまい、メインの桜吹雪がかすんでしまいます。ここは程よくこなれた、もしくはこのご時勢、熟年離婚もすでに覚悟の上であろうどっしり構えた熟年カップルでこの場を冷静に演出してもらいます。

しかし、色の派手さは今回手持ちの機材ではピカイチなのです。夕焼けの色もまったく色補正せずともこの通り(コントラストだけ少し調整しています)。色がにごるのを覚悟でもっとどアンダーにすればなつかしの特捜最前線(Yuuが小学校ぐらいのとき、学校から帰ってくるとおばあちゃんが見てたなあ、、、年がばれるなあ、、、)のエンディングのような丸い夕日が拝めます。
d0090874_7315775.jpg

夕焼け小焼けで日が暮れて、今日もたくさん撮りました。
[PR]
by weekend_u | 2009-04-18 07:24 | photo diary

photo diary 桜日記2009

4月8日(水)
いつの間にか桜も満開、撮影がしたいのに日没までに仕事が終わらないやばい状態。しょうがないので近場の平野神社近辺で日没後今日も撮影です。
ソメイヨシノはそろそろ散り始めですが遅咲きのしだれや八重、黄色系の桜は今が見ごろ。
d0090874_7363370.jpg

欝金という黄緑色の桜もさいてました。
d0090874_7371819.jpg

庭桜と呼ばれる品種。樹形も花も山吹のようであまり桜っぽくありません。
d0090874_7381187.jpg

平野の桜だけが桜じゃないぜ、という感じで町中の玄関先にもひょろっとした桜がぽつぽつ花をつけています。
d0090874_7385781.jpg


4月9日(木)
今日も日没後の撮影。
d0090874_7395138.jpg

明日は平野神社の桜花祭。境内では祭りの準備が行われていました。
d0090874_7402976.jpg

隣の桜苑は花見の屋台でいっぱいです。早咲きの桜がそろそろ桜吹雪。
d0090874_7412618.jpg

d0090874_7422079.jpg

きれいな形をした桜が少なくなって花のアップが難しくなってきています。木の幹から出ている脇芽の花は開花時期が枝よりも遅いため比較的きれい。
d0090874_7425513.jpg

夜も更けると屋台の明かりがいい雰囲気。
d0090874_7432675.jpg

寮に帰ってきました。寮の隣の空き地には古いソメイヨシノの木が一本あります。古い木なので枝によっては花がまばらであまりきれいではないのですが落ちた花びらに焦点を合わせて遠景でとればけっこういけるかも。

d0090874_744339.jpg
とはいえ、暗いしなかなか満足なアングルが得られず。明日に持越しです。
d0090874_7451212.jpg

ちなみに、向かいの家(ちなみに赤の他人様宅なのですが;)の壁に映る影もなかなかいい感じなんです。

4月10日(金)
朝の出勤前に寮の窓から撮った桜。昨日の最後の2枚の桜と同じ木です。
d0090874_746510.jpg

ちなみにこの窓はトイレの窓だったりします(笑)。
d0090874_7464176.jpg

元々普通の部屋だったところをトイレに改装したので窓が大きいんです。明るいのですがうっかり開けたままだと見えてしまうのが玉に瑕(ゆえに開けられることは滅多にありません。絶景なのに)。
d0090874_7493223.jpg

平野神社の桜花祭は無事終了。患者さん送迎の仕事中に時代行列も見ることが出来ました。マイナーな地域の神社の割には鎧兜の戦国武将を乗せた馬が2頭出たり神主さん一族がオープンカーに乗って一緒に練り歩くなどなかなか豪華な行列だったりします。仕事中で撮影できなかったのが残念なところ。
ちなみに、時代祭や葵祭の行列は花街の舞妓さんや斎宮代といった選ばれた人たちが装って行われますが平野神社の行列は希望者を募って参加してもらってるとのこと。衣装も江戸時代から上代(奈良時代辺り)のものもあります。
Yuuも出来れば参加してみたいもんです(隠れコスプレ好き!?)

一方桜は連日の暑さで一気に花吹雪に。夕方には半分以上が落花していました。
d0090874_7473832.jpg

これは今週末行く予定だった背割堤は期待できないかも(--;)。
まあ、いい時期は人だらけできっと楽しめないし、散るもんなら散りやがれ、と開き直りつつ今日も平野神社を通り抜けました。

寮の桜は今日は反対のアングルから撮影。花びらもいい具合にたくさん落ちていてラッキー(まめな京都人の管理人さんと向かいのおじさんがこまめに掃除してるのでこれだけ花びらが落ちてることは滅多にないんです)。
d0090874_7483579.jpg

マクロ撮影なのでかなりピンボケですがこのくらいで許してやらあ。

ちなみに、この近辺の桜はこの週末にはすっかり散ってしまいました。
次の桜はまた来年、です。
[PR]
by weekend_u | 2009-04-15 07:48 | photo diary

photo diary 今年の桜・平野神社

今年もすでに桜の時期となっていますが。うちの職場、現在介護保険の改正と昨年末行われた監査の後始末と人手不足でてんやわんやで桜をを見る暇もありゃしません。
でもせっかく京都の、しかも有名桜スポット・平野神社に徒歩圏で住んでいるんだし、というわけで気が向けば立寄って撮ったりしてているのですが、忙しい後の魂が半分出てるような状態で撮ってるせいか、いまいちです。
d0090874_215563.jpg
d0090874_2182715.jpg
d0090874_219587.jpg
d0090874_21111997.jpg
d0090874_2112456.jpg

まあ、毎年毎年「来年は仕事とか干されて桜なんか見れる状況にないかもしれない、、、TT」と最後の一葉かな思いを思っているYuuですから今年の桜が見れただけ、よしとしましょう。
それにこの時期桜の画像の何枚かは載せとかんとかっこつきませんしね、、、。

まあ、ここのところの休日は連続で桜を見に行っているので随時更新予定です。
[PR]
by weekend_u | 2009-04-06 21:12 | photo diary

photo diary  concrete hometown―最近気になる桜風景

今年もあちこちで桜の写真を撮ったのですが、毎日のように撮った気になる桜がこれでした。
d0090874_2311322.jpg

通勤時に渡る川の橋の上から臨む誰かさん家の桜なのですが。
護岸のされた川の狭さといい、周囲の建物に囲まれ具合といい、手の届かない離れ具合といい、Yuuのツボ的風景だったりします。

最もこんな写真を写真雑誌のフォトコンテストの風景写真部門なんかに出したら即ボツをくらいますが。
しかし鉄筋コンクリートや護岸のされた川に囲まれたベッドタウンで育ったYuuの世代にとって、ふるさとというのはというのはウサギの追える山里ではなくまさしくこんな感じなのです。
鮭がどんなに汚れていても生まれた川に戻るようにどんなに雑多なところでもふるさとなら惹かれずにはいられないのだと思います。

その感性の変化を嘆くのか、受け入れるのか。
受け入れて欲しんだよなあ。そういった所をふるさとに持つものとしては。

というわけで、新興住宅地や護岸された川のある街をなつかしいノスタルジックな光景として撮っていきたいと思った今日この頃。

最近まわりの人、特に写真教室の同期たちが写真展や写真賞に応募したりと積極的に活動しているんです。
Yuuは依頼を受けての撮影やブライダルフォトといった商業写真家の道を(本業と二足のわらじでしかもかなり道草気味ではありますが)進もうとしてはいるのですが、その時撮る写真はもちろん相手の需要に合った写真でなければならず、自然、自分の思いというものは殺して写すことが多いわけで。
だから写真で自由に自分の思いの表現が許される人たちが時々うらやましく感じることがあります。

逆に彼ら彼女らが商業写真の道に進もうとしないのはおそらくその自分の思いを写真に入れられなくなるからなのかもしれません。

で、うらやましくなって自分がそういうのに参加することになったとしたらどんなテーマで写真を撮るだろうと考えた次第。


ライフワークとしてやっていこうかな。
[PR]
by weekend_u | 2008-04-09 23:12 | photo diary

寺社を愛でる会 平野神社

京都では知らぬ人はいない桜の名所・平野神社。
d0090874_21423646.jpg

夜桜を見ながらの飲み会スポットとして有名ですが一方で神社の中でも比較的お堅い皇大神宮と呼ばれる神社に属します。
まさに聖俗ない交ぜの世界です。



さて、先日人でごった返す日暮れ時の撮影で朝の武力介入を画策したYuuですが。

はい、武力介入してきました。

某出勤日(ここ注目!)。日ごろより三十分早く寮を出発(さらに注目!!)。
Yuuが出勤日に余裕を持って出るなんて、、、
雨が降ります(笑)
もしや昨日の大雨はこのせい!?

さすが朝、人数は少ないですが、それでも数十名の見物客が訪れていました。
d0090874_21433880.jpg


出店や飲み会ゾーンはさすがに静かです。
d0090874_21441460.jpg

d0090874_2203642.jpg

d0090874_2146392.jpg


あ、飛行機雲。さわやかな朝だ~。
d0090874_2147264.jpg


桜の色も鮮やかに出ます。
d0090874_21482039.jpg


前回の画像と同じ場所で撮った画像を用意しました。比べてみてください。
d0090874_21491499.jpg


菜の花って、やはり太陽の下撮る花だなと思いました。たとえ木陰で太陽が当たらないので夕方撮った画像と色合いが同じだとしても(T▽T)
d0090874_215096.jpg


魁桜は桜吹雪が始まり、葉も出てきていました。皮一枚になった幹とともに。これも太陽の下でこそ取れる記録です。
d0090874_21504710.jpg


勿論お参りもしていきましょう。
d0090874_21513392.jpg


最近になって発売された桜おみくじ。おみくじコレクターYuuも勿論買いましたvゆえにこの大吉は人様のものです;
d0090874_21521310.jpg


午後、再び訪れたのですがそのときはすでにごった返していました。
d0090874_21532615.jpg




実は平野神社も昨日の雨でだいぶ花が落ちてしまったのですが、毎年四月十日は例大祭の桜花祭が行われます。今年は平日ですが華やかな稚児行列も出ますので見に行ける方はぜひどうぞ。Yuuは以前土曜出勤の帰り道に行列に行きあったことがありますが何がすごかったって神主さんが直衣束帯姿でオープンカーに乗っていたことでした;
ミスマッチです(--;)
[PR]
by weekend_u | 2008-04-08 22:04 | 寺社を愛でる会

魁!○T娘(オトコ)塾 仕事帰りに桜見物

すいません、今回の記事もタイトルに魁!○T塾としときながら○T関係なしの桜ネタです。まあ、○T自体を伏字にしているので絶対同業者が検索で流れてくることはないし、いいか。

はい、相変わらず某病院にてへなちょこに○Tを続けていますYuuです。
日々寮の前の桜の木を見ては「来年はもうここの桜は見れないだろうな、、、(仕事を辞めて出て行くだろうし)」としみじみ思っていたりするのですが(お前何者や;)今年も無事桜の季節を迎えることが出来ました。
仕事辞めたい派としては、その事自体に結構複雑な思いもあったりするのですが、とりあえず平穏無事に時が流れているということでめでたいことにしておきましょう。

無事年もとったことだし。
おめでとう自分。

さて、相変わらず出勤は遅刻と真剣勝負、退勤は日没後という生活で普段は写真を全く撮れず、週末もブライダルの撮影など自分の手元に残らない撮影が増えてきてフラストレーションたまりまくりなYuuだったりします。
この季節、せめて桜の写真なんぞを撮りたいのですがKさんと一緒の休日ではポピュラーな桜名所など行くわけがなく(穴場には行くのですが所詮穴場、いまいち迫力がなかったり。でも名所に行ったらいったで人が多くて疲れたりKさんが不機嫌になったりで絶対楽しめないことは目に見えているのでいいんです)、最近は仕事帰りに夜桜の王道スポットを闊歩しているYuuだったりします。

またね、近所に有名な夜桜スポットがあるんですよ。
京都人なら知る人ぞ知る夜の花見スポット、平野神社です。
d0090874_19471314.jpg

境内にある木の多くは桜です。
d0090874_19493482.jpg

桜をバックに桜を撮るのも乙ですね。
d0090874_19475328.jpg



勿論植わってる桜の種類もさまざまです。
d0090874_19484673.jpg

門前にある枝垂桜は早咲きの魁桜。幹はほとんど腐って樹皮だけになっているのですがそれでも立派に花をつけました。
d0090874_19504321.jpg

これはアーモンドの花。Yuuの誕生日の花です(三百六十六日の誕生花の本によると)。
実は情報源によっては四月一日の誕生花は普通の桜や山桜になっている本もありますが却下です。
四月生まれって、三分の一は誕生花が桜系なんですよね。
誕生石もダイヤモンドだし、どちらも王道すぎて嫌いなんです。もっと個性的にというか、奇をてらって欲しいというか(B型人間の本性が出てます)。
まあアーモンドは桜の仲間にしてはマイナーだし美味しいから許容範囲かな、と。

神社の隣の桜苑は普段立ち入り禁止区域の東半分がこの時期無料で入れます。
d0090874_19571478.jpg

今年は菜の花なんかも植わっていて晴れた日中に行ったらば結構のどかな風景が楽しめるのではないかと。
d0090874_19513473.jpg

一方桜苑の西半分は宴会エリアと化しています。夜もふけると阿鼻叫喚な世界になりそうですし、さすがにここで一人で飲むのはあほらしいので見るだけですが。
d0090874_19555688.jpg


むしろこっちの方が興味深い。出店エリアv
d0090874_19544181.jpg
d0090874_19551092.jpg

それにしてもさすが名所、どうしても宴会スポットでは人が入ってしまうな、、、
d0090874_19535920.jpg

と思ったらナイスなスポット発見。
d0090874_195892.jpg

店の裏手に回ると桜もお祭り気分全開の飲み屋の垂れ幕も構図に入れられ、しかも人通りも少ない、なんとなく寂しげな花見の雰囲気で撮れます。
たまにおっちゃんが立ちションしにきたりするのでしてうっかり撮影しないよう注意です。

それでも、会社帰りのコンデジ撮影では日没後の薄暮の時間帯までが限界です(><)。
お日様を浴びたきらきらの桜が撮りたいなあ、、、。
ここ最近、なんで週末に限って天気悪いのよ、きいっ(>△<)。

、、、いっそ早朝に武力介入する?しちゃう!?
[PR]
by weekend_u | 2008-04-04 20:04 | 魁!○T娘(オトコ)塾

ゴスペル日記 ゴスペルついでに夜桜見物

ゴスペルで検索してきている方、お待たせしました。
久しぶりのゴスペル日記です。

しかしゴスペル全然関係ないです(苦笑)。

ゴスペルで検索してきてる方、
お待たせしました
スミマセンm(_ _)m。


Yuuは四条烏丸のJUGIAミュージックサロン四条のゴスペル教室に(ちなみに仲間募集中。是非!!)通っているのですが、夜八時からの教室なので仕事後直接市街地に向かい四条か河原町あたりで夕食を食べて烏丸の教室へ向かうのがパターンになっています。
この日河原町のココイチでご飯を食べたのですが、その裏手から見えた木屋町通りの桜が見事だったので残りの空き時間いっぱいで歩き回り、撮影しまくりましたというわけで。
d0090874_1934789.jpg

d0090874_19344586.jpg

それにしても今年の京都の桜は早いです。職場の花見がやばいです(とはいっても水入らで楽しい宴会花見ではなくデイケアの患者さんを連れて桜を見に行くだけなのでなんのときめきもありゃしませんが)。
[PR]
by weekend_u | 2008-04-02 19:35 | ゴスペル日記