タグ:沖縄 ( 51 ) タグの人気記事

オキナワ補完計画 最終回 瀬長島へ、そして空港へ

本日よりYuu,少し遅めの夏休みに突入しております。
今日は仕事でなかなかいけない銀行の通帳記入と美容院、今年の夏の一人旅で処分するであろう衣料の補給等の買い物、そして部屋の大掃除などなど雑用を済ませておりました。
特に大掃除、フォトコンでやはり作品は銀塩でとったほうがいいのではと思ったりもしていたのですが、幸か不幸か思いとどまることになりました。これ以上部屋にモノ(ネガやらスリーブやらマウントやら)が増えたら寝る場所がなくなることを痛感したので(TT)。
まあ、結局思い出なんて最後の最後は数KBの走馬灯しかもっていけないんだから、いいんだ。
明日からは恒例の夏休み一人旅に行ってきます

さて、その前に、やるべきことは去年の沖縄の決算です;
沖縄旅行最終日、首里城へ乗り込み、金城町で彷徨い、沖縄のすごい定食を食べた後は国際通りのわしたショップで職場へのおみやげを物色。この日も合流してくれたサザナミさん、一緒に選んでくれただけでなくこんなプレゼントまで戴きましたv

d0090874_22581310.jpg

ありがとうサザナミさん。また近畿に来たときは必ずやお返しにご案内しますね!!IKEAもすでに下見済みですよ~♪
d0090874_22593985.jpg

奇しくも、車を停めていた駐車場も『ありがとうパーク』。ありがとうって、沖縄の心なのでしょうか。

その後まだ少し空港へ行くまで時間があるからということで少しドライブをしてくれました。
d0090874_2312054.jpg
d0090874_232297.jpg

目的地は那覇から一番近い離島、瀬長島です。
途中未完成のビーチに迷い込みつつも、到着しました。
d0090874_23365.jpg

瀬長島は徒歩でも一周20分程度で回れる小さな無人島で本島からは細い橋でつながっています。ちょうどその橋に交差するように那覇空港への飛行機の離着陸ルートがあり、大阪で言うところの千里川土手のように迫力ある飛行機が見られるところ。
d0090874_2335613.jpg

空港は自衛隊も使っているので自衛隊専用の機体も見られ、昼間はマニアの聖地、トワイライトタイムはデートスポット、夜はやんちゃくれどものたまり場、とさまざまな顔を持っています。
この時間帯はまったりと、冷やしものの屋台がのんびり出ていました。
d0090874_2344221.jpg

最後に本格的な冷やしぜんざいが食べたいねということになって空港にていただきました。
これが本格的な冷やしぜんざいです。
d0090874_2353213.jpg

今回も結局スタンダードに白玉で。
付け合せの丸いのは塩せんべい。沖縄唯一の辛いお菓子かも知れません。
本土のせんべいはもちで出来てますが沖縄のせんべいは小麦粉製、しょっぱいラスクみたいな味です。ぜんざいと食べると頭のキーンが予防できるスグレモノ。
d0090874_2361120.jpg

そしていよいよ沖縄を出発。たまごっちたちはどこに行くのだろう。

さて、撮影総量700MB超(をう;)の画像でお送りした沖縄旅行記もこれで終了です。
そして明日からの夏休み恒例の一人旅ですが。
広島東部・呉と大久野島で、海軍さんとウサギに出会う旅に行ってきます。
後日また旅行記にまとめて発表することになると思いますが、実は今回の旅はオールカスタマイズ、青春18切符とネット予約の貧乏旅行です。泊まるところ意外は大まかなプランしか立ててません。
心配です(--;)。

無事を祈っててください。
[PR]
by weekend_u | 2008-09-04 23:07 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 金城町の迷い方

さて、首里城から金城町石畳を見てひとまず駅前に戻りたい、、、というわけで。
橋のたもとに石畳道バス停があるのですが、本数が少ないので歩いて駅まで戻ることにしました。
d0090874_1515215.jpg

このとき、橋から見える西側の方が妙に都会だったのが気になったのですが、、、
最寄り駅は首里だろうと東への道を選択しました。
今思うと、これが間違いだったのかもしれません。
後日、ガイドブックに書いてあったのを発見したのですが石畳道からだと那覇市街地は西(つまりにぎやかに見えた方)、ほかの観光地に移動するには一旦首里城に戻る方が交通の便もよく、得策だったとのこと。
早く気付けよ、自分;

どんどん道は谷底へ、、、
このあたりは谷がせき止められており、那覇市の水がめになっています。
d0090874_154195.jpg

緑がきれいなのですが、、、
d0090874_1545561.jpg

道沿いには家がなくなってあるのは川向こうに市民霊園のみ。
d0090874_1561819.jpg

ちょっと、さびしいかも~

しかし沖縄のお墓、以前から言っているように小さな家の形をしています。それがたくさん集まっている様子はさながら山沿いの分譲地。
d0090874_1565978.jpg
d0090874_1573284.jpg

実はYuuは実家が神戸郊外のニュータウンなのでコンクリートの風景に奇妙に親近感が沸きます。

さらに歩くと那覇インターチェンジに出てしまいました。
人、歩けないやん;
不安になりつつ歩道にそって歩いているとたどり着いたコンビニの支店名が南風原町に。
那覇市、出てるやん;
あせって店員さんにバス停の場所を聞き(幸い歩いて15分ほどで首里方面の本数が多く通るバス停にたどり着きましたが)事なきを得ましたが、沖縄が島とはいえ、なれない土地で道に迷うことほど不安なものはないことを実感したのでした;
d0090874_1584531.jpg

思わぬ時間のロスでしたが、首里駅に無事到着。ゆいレールがこれほど懐かしく感じたことはないでした。
d0090874_1593284.jpg

那覇市内というだけで、見知らぬ地区名表示でも安心感を感じます。それにしても、沖縄の電柱表示はどこも達筆です。

この近辺でサザナミさんに勧められた定食屋さんに入って遅めの昼ごはんとなりました。
この定食屋さん。メニューの表記が沖縄スタイル。
有名な”おかず”や”味噌汁”もメニューに入っています(笑)
d0090874_203038.jpg

味噌汁が高すぎなんて思っちゃいけません。
こちらの味噌汁は具沢山、さらにお惣菜とご飯もついてくるのです。単品だと思ってご飯を頼むと怪訝な顔をされ、さらに出てきたときあまりの量に後悔するのでご注意を、、、
d0090874_214997.jpg

ちなみにYuuが頼んだのはゆし豆腐定食でした。ゆし豆腐は塩味のきいた暖かいよせ豆腐でジーマーミ豆腐、ポーク卵に続くYuuの沖縄料理大好きトリオです。

さて、腹ごしらえの後は今日もサザナミさんが合流してくれました。といっても今日は夕方には機上の人となる予定なのであまりゆっくり出来ず、おみやげ物色メインとなる予定です。

旅もいよいよ終わりが見えてきました。
[PR]
by weekend_u | 2008-07-19 02:02 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 裏道を行く---真珠道・金城町石畳道

首里城観光、帰りもあくまで裏道を行くYuuです。
d0090874_23483934.jpg


しかし今回は裏道といえど由緒正しい琉球王朝時代の国道、金城町石畳道。通称真珠道(まだまみち)です。
d0090874_2349237.jpg
d0090874_2350331.jpg

こういった石畳の道は首里城を基点として島中を巡っていたそうですが戦災で那覇市内で残っているのはこの一帯のみとか。
それでも、高射砲基地となっていたせいでで徹底的に破壊されたという首里城近辺でこの道が残ったのは奇跡といえるでしょう。

城が近いこともあり、今も道沿いは高級住宅街っぽい雰囲気。庭も手入れが行き届いているのか色とりどりの花が咲き乱れています。
d0090874_23465522.jpg
d0090874_23473425.jpg

道の中間地点には一里塚!?一本の街路樹が。
d0090874_23511727.jpg

道端にはこんな大きな石敢当もあります。
d0090874_2352687.jpg

ここで寄り道。
d0090874_23533232.jpg

d0090874_23525170.jpg

d0090874_2354497.jpg

ブロックの目印と看板に誘われて横道に入っていくとうっそうとした森の中にひときわ大きなアカギがあります。
d0090874_23543750.jpg

伝説の大アカギとして紹介されている木は願い事をかなえてくれるご利益があるとか。
ただし、お参りには蚊に刺されまくる覚悟が必要です;
d0090874_23552289.jpg

あっ、ここにも神様の巣発見。
d0090874_23555418.jpg

坂の終わりにはシーサーがいっぱいいる橋が。橋の向こうにも真珠道は続いていくのですが今回は徒歩の旅、このまま駅から離れて道に迷ってしまうと怖いのでここで首里に引きかえすことに。

ところが、この金城町石畳道、交通の便が悪く、最寄バス停からのバスは1時間に1本程度しかありません。仕方がないので歩いて首里駅まで戻ることにしました。
元の道を登るのも手間なので首里城の丘をぐるっと回れば駅ににつけるかな~、と気楽に考えて出発。しかししばらく後、実はこの選択肢は大失敗だったと痛感したのでした、、、。

事の顛末はまた次回ということで。
[PR]
by weekend_u | 2008-07-17 23:57 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 首里城の歩き方

閑話休題(こっちのほうが閑話っぽいですが)。今年の夏休みもカウントダウンが迫ってきてるため沖縄の写真に戻ります。

首里城は沖縄観光スポットの代表の割にはがっかりスポットの代表でもあるようで地元沖縄の人や沖縄によくいく人たちに「首里城に行きたい」と言うと、大抵え~、、、って顔をされます。
Yuuも今回実際行ってみてなんとなくそれに納得できたわけでして。
d0090874_3293989.jpg

Yuu的にに思ったこと。首里城というところは写真目的では有料エリアに入ってはいけません。
建物は実際異国情緒があってきれいなのですが観光客でごった返していてゆっくり見る暇がないし、撮影場所も限られています。しかも観光客を入れないよう撮るとどうしてもどっかで見たようなアングルに、、、
d0090874_329445.jpg

これなんかまんま去年のcanonのカタログ写真です;
d0090874_3301625.jpg

そんな首里城でもこれは見る価値あり!?しかもリーズナブル!?という名物がいくつかあります。
たとえばこのシーサー蛇口。
奉神門前広場の公衆トイレの手洗い場の蛇口です。
d0090874_3305388.jpg

しかもセンサー式。
d0090874_3312410.jpg

有料エリアの入り口である奉神門。ここへは是非、朝に来てください。
毎日開門時に古式にのっとった開門の儀が行われます。
d0090874_3321913.jpg

お役人役の職員さんが出てきますが、、、なんか水戸黄門チック!?
特にこっちの人、いかにも格さん!という感じ。
d0090874_3324732.jpg

この家来で一番偉い人、みたいな人の太鼓で開門します。
d0090874_333255.jpg

ちなみに首里城の職員さんはみんな琉装をアレンジしたユニフォームを着ています。お願いすれば一緒に写真に入ってもらうことも出来ますがYuuは頼めず。シャイなんで(ウソつけ;)。自分の写真って、あまり好きじゃないんですよね;

この開門の儀、無料で見られます。そう思うとちょっと満足v
開門の九時前だけの行事なので早起きして現地に到着していなければ見られませんが沖縄は日中暑いので朝から朝早く行動して真昼は休憩しているほうがしんどくないのでがんばって行ってみてください。
ちなみに定期観光バスの午前便でもこの時間に合わせて首里城に到着するよう設定されているようです。

実は首里城、宮殿内以外は無料エリアです。
あの雄大な石垣エリアや今回紹介したイベントが全てが無料で楽しめると思うとちょっとお得感があり、見ようによってはがっかりスポットから脱却させてもいいんじゃないかなと。
きっと今まで首里城にいくと聞いて「え~、、、」な顔をした人たちはただ有料区域をさらーっと通り過ぎただけの人なのではないかと思います。

すべて無料エリアでの紹介で首里城関係者には申し訳ありませんが。
一応Yuuは有料エリアも入りましたって事でお許しを~。
[PR]
by weekend_u | 2008-07-15 03:39 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 風雲!首里城(ごろ悪っ;) 首里城への道 編

あくまで観光写真で申し訳ないですが。
まず正々堂々正面から攻めてみましょう。
d0090874_040273.jpg

正面の竜譚池から首里城を臨む定番スポット。テレビ番組とかで首里城が紹介される時は大抵このアングルで撮られています。ここにいくには首里駅からよりも儀保駅からのほうが近い気がする。登り道がきついですが。
d0090874_0411338.jpg

カミツキガメが住んでいるなんて恐るべし、沖縄、なんて思っていたら最近大阪の鶴見緑地でも生息が確認されているとか、いずれにしても近づかないに越したことはないかと。大学時代普通の亀を飼育してたときの経験が正しければ、亀の噛付きは案外容赦ないです。

竜譚池と小学校の間の道をさらに登っていくと首里城の正面玄関、守礼門があります。
とっても有名な門のはずなのですが、、、
沖縄の皆様すいません。でもぶっちゃけます。

しょぼくてびっくり。

後になって知りましたが地元民のサザナミさんを持ってしても沖縄観光地の三大がっかりスポットの一つなのだそうです。
d0090874_0425197.jpg

一応記念写真。実物はもっとしょぼかった気がする、、、写真って、案外真実を写さないものです。
正面玄関だけにおみやげとか琉装試着体験の屋台とかが出てて観光客が多く、ゆっくり見られなかったためほめどころが見つからないままに通り過ぎたのも原因かと。
近くで見ると装飾がカラフルでかなりかわいらしかったりもしたのですがね。
d0090874_0443950.jpg

さて、実はYuuが通った裏口の道からは竜譚池や守礼門は通らず(↑は守礼門を探してわざわざ回り道して撮ったものです)第二の門である歓会門から入ります。この門は城の警備もかねていて結構頑丈そうですね。
d0090874_0454117.jpg

歓会門の隣にはもう一つ久慶門という立派な門があり、こちらが本来の正門で王家の人たち専用の門だったようですが現在は使用禁止。アーチのところまで上がって覗き込んでいるとガードマンさんに歓会門のほうへ行くよう追い払われてしまいました。
さて、これら2つのの門を見てわかるかと思いますが、沖縄の門って、石垣アーチの上に平屋の建物を載せて作られているんですね。以前紹介した読谷の座喜味城跡の石垣のアーチも建物があるときはこのような造りになっていたんだと納得納得。でも平屋が木造なのでなんとなくちゃちい感じもしたりして、、、よくこれで沖縄の台風に耐えられたなあと思います;
d0090874_0471494.jpg

次に瑞泉門、漏刻門と続きます。門の名前は門の横に生活用水を汲んでいた泉や水時計が設置されていたことから名づけられています。
じつはここはまだ城へ続く道への入り口みたいなもので門の向こうもなだらかな坂道が続きます。一体建物にはいつ行き着くのかとおもいますが、この次の広福門からが城の庭の部分、その次の奉神門が城の建物の玄関となります。他にも大小、公開非公開、さまざまに10近い門が首里城には設置されています;

さすが一国の城だけあるというべきか。

d0090874_0503952.jpg

しかしこの、目的地までの一本道にに複数の門、さらに門の前に立ちはだかっているのが敵キャラ(!?シーサーですが;)というシチュエーション。

立派にジャンプのバトル漫画が再現出来ます(笑)。

三十分に一歩しか進めませんよ、どうする!?
旅行中の撮影で脚色にこだわりたい方、ぜひシーサーと対峙するの図をおためしあれ~。
[PR]
by weekend_u | 2008-07-09 01:05 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 風雲!首里城(ごろ悪っ;)石垣編

首里城へは首里駅から城のある丘のふもとを大回りして正面玄関の守礼門前にたどりつくのが正規ルートなのですが、せっかちな性格がたたり、最短距離をとってまっすぐお城に向かったところまだ発掘中の裏手から入ってしまいました;つくづく正規ルートに縁のないYuuです;
こんなところに出てしまいました。
d0090874_2052758.jpg

人がいなくなった城には自然が帰ってきています。
d0090874_2074646.jpg

珊瑚の作った石はでこぼこしていて通気性がよいためさまざまな植物が着生します。
d0090874_206320.jpg

草むらにはヤツらもいるらしい。
d0090874_2064730.jpg

那覇ではめったにいないそうですが、一応注意!!ちなみに蚊にはイヤってほど刺されました;
d0090874_2014213.jpg

最初は人気があまりにないので一瞬立ち入り禁止地域なのかとどきどきしましたが時々地元の人が犬の散歩したりしてるのにすれちがったりもしてほっとします。
d0090874_20122717.jpg

d0090874_2013856.jpg

石垣と草むらと。ここはラピュタ!?みたいな遺跡感をたっぷり味わいながら歩いているとやがて建物が見えてきます。
d0090874_20152390.jpg

このルート、結構穴場かも。

実はYuu、山間の斜面に作られたニュータウン育ちのため、石垣という存在は結構なじみのある建造物だったりするのですが、首里城をはじめ沖縄のグスクの曲線的な石垣は結構新感覚でした。
石の質感もなんとなく珊瑚がつくった石っぽくって、ああ、、、沖縄の石垣だなあ、、、ってしみじみ思い、気がつくと首里城の写真の大半がこのルートの石垣写真だったり;

もしかして自分、石垣マニア!?
[PR]
by weekend_u | 2008-07-03 20:17 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 有閑中学生

以前沖縄ではおっさんでも日傘をさしているという記事を書きましたが、今度は中学生です。
首里駅前にて。
d0090874_2116599.jpg

ほんま恐るべし、沖縄の紫外線。
[PR]
by weekend_u | 2008-07-01 21:18 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 まずは空港へ

最終日ですが、めいっぱい旅程を楽しむため、帰りの飛行機はぎりぎりの夕方の便で予約したので時間にはかなり余裕が。
とりあえず空港のコインロッカーに大きな荷物を預けにいきます。ゆいレール空港駅ではきれいなステンドグラスが迎えてくれます。
沖縄の玄関口ですが、朝一番なので人っ子一人いません;
d0090874_1832713.jpg

これから向かうのは反対の終点、首里。

今日のメインは首里城です。
[PR]
by weekend_u | 2008-06-28 00:00 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 再びの虹

さて、オキナワ旅行記もいよいよ4日目、旅程最終日突入。
この日は朝雨が降ったようで再び虹が出現。
d0090874_21354537.jpg

ゆいレール美栄橋駅到着後もまだ残っていました。
d0090874_21363186.jpg

沖縄滞在中にこう何回も虹が見れたなんて結構ラッキーだったかも、自分。
[PR]
by weekend_u | 2008-06-27 00:00 | オキナワ補完計画

オキナワ補完計画 沖縄スーパー メリケン編

沖縄スーパーシリーズ、次に行ってみたのは米軍さん対象の輸入食スーパー。基地の外にあるので一般市民も入れます。

関西にも明治屋とか、成城石井とかジュピターとか、輸入食スーパーは数あれどさすがミリタリーな人々の胃袋を満たす使命を負っている場所だけに量がハンパじゃありません。
d0090874_21172197.jpg

SPAMを代表としたポークランチョンミート類も各種そろっています。ちなみにその大半が中国製だったり。
d0090874_2118277.jpg

九月ですが、七面鳥も丸々一匹分で売られています。
d0090874_22373956.jpg

どこにでもあるカキ氷の蜜ですが写真ではわかりにくいのですがこれも大瓶でした。
「ん」と「ご」をしょってる三匹めのペンギンがツボで撮影。
d0090874_21194028.jpg

パッケージ的にかわいいのは缶詰・瓶詰め関係とお酒関係。
d0090874_21202996.jpg

お酒用のレモン果汁とライム果汁です。瓶のデザインも秀逸ですがこれも大きさがハンパなく2個ペアで子供の顔くらいあります。こんなにどうすんだ;

お菓子もいかにもアメリカン。
d0090874_2121580.jpg

このピザ型グミ。一見すると普通に見えますが実は、、、
d0090874_2125477.jpg

こんな大きさだったりします。かわいらしさに思わず購入(^^)但し味は二の次っぽい色合いなので怖くて食べれません;

他にも青や緑といったクリームの範疇を超えた色をしたケーキがホールで売られていたり。色もびっくりですがこちらも量がすごいです。デコレーションのホールケーキが山積みで売られてるんだもん。
写真に撮りたかったのですがレジの目の前で店員さんの視線が痛くて撮影できませんでした、、、。

スーパーを出た後のYuuの感想。
そりゃ~メタボるわ、アメリカ軍(と沖縄人)。

さて、そんな輸入食スーパーでお土産になりそうなものを物色。
おおっ、これはKさんも大好き!のルートビアではありませんか!!
d0090874_21264995.jpg

しかもダース単位で売っています。
誰が買うんや(このコメントで味が知れようものです;)。
キワモノ土産に、お勧めです。てゆーか、重いし。ヴィレッジヴァンガードにも売ってるし。ほんま恐るべし、ヴィレヴァン。

こんなのもありました。
d0090874_21274433.jpg

ミキは結構有名。沖縄だけでなく奄美方面でものまれているらしく時々寮のゴミ箱に転がっています(Yuuの住んでいる寮は奄美出身の人が多いんです)。
問題は隣の紅芋ヘルシードリンク。
自分でヘルシーとか言ってますよ!?ほんま大丈夫なんか!?
買ったはいいもののこれも怖くてまだ部屋に置いたままです。

はよ飲めってですか?
でも、心の準備が;
[PR]
by weekend_u | 2008-06-24 21:39 | オキナワ補完計画