photo works 遅かりしですが・和歌浦ドラゴンボート選手権(後編)

去る10月14日に行われた和歌浦ドラゴンボート選手権記事の後編です。
和歌浦大会最大の見どころは地元チーム実力派・いすにすわったneccoと島根からの遠征部隊・金竜隊のオープンの部対決。
d0090874_0543499.jpg

d0090874_0564811.jpg

いすにすわったneccoは地元チームの実力派。逆三角な体型がたまりません。
d0090874_0555351.jpg

d0090874_1285373.jpg

d0090874_1302741.jpg
d0090874_1312690.jpg
d0090874_132524.jpg
d0090874_1324960.jpg
d0090874_1333080.jpg
d0090874_1344017.jpg
d0090874_1353755.jpg
d0090874_1363315.jpg

地元ジュニアチームにも大人気。
d0090874_0575165.jpg

ジュニアチームといえば、ここ、和歌浦大会ではジュニアチームといすにすわったneccoやもっこりドラゴンボート部をはじめとした地元の大人チームとの交流が密なことも一つの特長だったりします。
d0090874_0584598.jpg

ジュニアが応援している地元チームは出場する際には大人チームがウェーブの指導をする場面も。
d0090874_113619.jpg

一方アウェーの金竜隊は若手主体のやんちゃチーム。
d0090874_14227.jpg

今でも入賞景品に缶チューハイを渡しても大丈夫なのか、。ちょっと心配になる顔ぶれなのですが、昔の写真と比べてみるとこれでも大人っぽくなってきた感じかも。
d0090874_153340.jpg
d0090874_191189.jpg

d0090874_16433.jpg
d0090874_163867.jpg

勿論、働き盛りも。
d0090874_1191465.jpg

d0090874_12039.jpg
d0090874_1204016.jpg

きれいどころも健在です。
d0090874_1373766.jpg

双方共通して写真好き。結構遠くから撮ってるのにすぐ気付いてピースサインするのはさすがです(苦笑)。
d0090874_1112141.jpg

d0090874_110946.jpg

d0090874_1123287.jpg

d0090874_1134412.jpg

大会の結果はといいますと、今年もいすにすわったneccoが決勝を制しました。
d0090874_1163363.jpg

しかも2位の金竜隊を大きく引き離してのぶっちぎり優勝。当分スポンサー離れの心配はなさそうです。
今年も惜しくも勝利ならずとなった金竜隊は今年も水掛けパフォーマンスで悔しさを発散するのでした、、、。
d0090874_1173410.jpg

ちなみにこのパフォーマンス、ここ最近は他のチームにも伝播中だったりします。なかなかフォトジェニックなパフォーマンスなのでカメラマンとしては結構楽しみだったりするのです。
d0090874_1391553.jpg

d0090874_1415343.jpg

さて、いすにすわったneccoには兄弟分チームまであったりします。
その名もこねこ三頭筋。
d0090874_1484234.jpg


、、、なんか、Yuuの好み(ねこ好き・筋肉フェチ)のツボのようなネーミングで、何かねらいましたか?とまで思えてくるのですが。
d0090874_1493881.jpg

d0090874_1505271.jpg

どうやら医療関係者チームだったようです。まあ、そんな人でもなきゃ三頭筋なんてマイナー筋肉名前に使ったりしませんよね;(説明しよう!三頭筋とはひじを伸ばすときに使われる上腕3頭筋と呼ばれる筋肉のことである。ちなみにひじを曲げる役割の上腕二頭筋と対を成してるが上腕二頭筋が力こぶなど外見的にも目立つ特徴を持っていて有名なのに対し、一般的認知度的にはいまいちマイナーな筋である)。

ちなみに、ドラゴンボートは病院や看護学校など、医療関係者チームが出場していることが結構あります。
d0090874_1531826.jpg
d0090874_1535464.jpg

Yuuの勤める京都の病院でも確かに野球やフットサルのようなスポーツが盛んですが、和歌山は海が近いのでドラゴンボートのような水上競技が馴染むのかもしれませんね。
d0090874_1542519.jpg

近畿の各大会にこまめに出場している維新会も八尾の病院チーム。
d0090874_155748.jpg

ここの女性選手たちは背中空きのトップスやショートパンツ、となかなかセクシーダイナマイツないでたちだったのですが今回は実力が振るわず、早めの撤収となってしまい、残念な限りでした。また参加の折には期待しています。

そして、ここもまた和歌浦大会の常連チーム、和歌山海上保安庁チーム。
d0090874_156334.jpg

2年前はさすが海猿、ストイックなチームというイメージだったのですがアットホームが売りの和歌浦大会への毎年出場でちょっと丸くなったような!?なかなかのいい笑顔が見られました。
d0090874_1571460.jpg
d0090874_1574425.jpg
d0090874_1582299.jpg
d0090874_1592670.jpg

プリキュア帽子は子供さんのでしょうか!
d0090874_205710.jpg


各チームの特色を尊重する意識が高い和歌浦大会。閉会式も各入賞チームのパフォーマンスが光ります。
d0090874_243592.jpg
d0090874_252965.jpg
d0090874_261923.jpg
d0090874_27617.jpg
d0090874_275256.jpg
d0090874_285035.jpg

d0090874_292915.jpg

d0090874_2102122.jpg

そして終了後には地元チームが教会本部に挨拶に。
d0090874_2115785.jpg

こういう風に地元チームが積極的に協会に関わっていったり後進のジュニアチームと交流していこうとしているところがまさに地元主体・手作りの大会という感じで、和歌浦大会の人気はこういうところから来てるのではないかなとくるたびいつも思います。
年末も押し迫った今、来年に向けてこんな和歌浦大会の今後のさらなる発展を祈りたいと思います。
そして、来年もドラゴンボート撮影、また呼んでいただければいいなと。
よろしくお願いします。
[PR]
by weekend_u | 2008-12-27 01:24 | photo works
<< photo works 遅か... photo works 遅か... >>